« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.30

CEATEC JAPAN 2008

本日から開催のCEATEC行ってきました。初日ということで一般は12時からの入場でしたがたっぷり5時まで見てきました。でも全然時間足らない!!5時間かけてHall1~3しか回れないってどういうことでしょう?( ´・ω・`)(ちなみにHall8までありますw)あ~ん明日も見に行きたいよー。゜゜(´□`。)°゜。

今回元気があるなと感じたのはビクターでしょうか。整理券を必要とするデモやシアターが4つもあり、更に整理券を必要としないものが2つ。この中で「8K高コントラストプロジェクター」と「ウッドコーンの講演会」が良かったですね。特にウッドコーンの公演は開発者自らが開発秘話、失敗談などを含めてなんと25分。あっという間でした。あの小さいボディーでなんでこんな音が出せるのか不思議ですw「8K」はハイビジョンの16倍の解像度!?プロジェクターなのにコントラストが1,100,000:1って。ホント投影してないんじゃないかってくらい黒くてビックリしました。
ソニーは参考で27インチの有機EL出展してましたが、是非37まで頑張ってもらいたい!
三菱のレーザーテレビも見てきました。発色は良かったですね。台を含めて奥行きが30cmっていってましたが、今日本では薄型戦争してる中で受け入れられますかね?まぁ薄ければいいってもんでもありませんが。
あとはドルビーデジタルのドルビーハイダイナミックレンジ(HDR)ですかね。音ではなく映像の技術で、バックライトの制御をするものらしいのですが、デモで黒バックに百合の花を映していたのですが、周りが黒すぎて百合の花が発光しているかのようでした。

5時間で3ホールといいましたが、一番興味のあるフロアを一通り回れたので、土曜一日あれば今日見ることが出来なかったシアターと、残りのホールを回ることができるかな~。って感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.27

らき☆すたOVAとマクロスF

秋葉原に売ってなーい(´・ω・`)ショボーン
まぁ秋葉原では良くある現象なので驚きはしませんが、甘く見てましたね。
とりあえず近隣のゲーマーズに電話をかけまくってみましたが全滅。あや~。駄目もとで地元のコジマ電気にも問い合わせ手見ましたがこちらはそもそも入荷する気すらない様子。まぁコジマソフト(ネット)に予約の問い合わせをしたら軽くあしらわれましたからね・・。結局南越谷のアニメイトで沢山余ってるってことでそこで購入。

大変面白い作品でした。ネットゲームのは好きですねw。シンデレラの最後の寝言が分からなかったのですが何だったんでしょう?つかさの反応は面白かったのですが、そっちの方が気になって笑う何どころではなかったのが残念。らき☆すたはこれで終わってしまうのでしょうか?OVAとして続くのでしょうか?個人的には終わってしまうのは寂しい感じですね。

そしてマクロスFが終わりました。素晴らしい最終回でした。昔からアイドルものや歌が作品に深く関わる作品は好きでしたが今回のこの最終回での湧き上がる高揚感は本物でした。正に超時空LIVE!マクロス史上にもアニメ史上にも残る傑作でした。今年の作品の中では現時点では他の追随を許さないダントツトップ!たまに出会えるこんな作品があるから頑張ってあんなに多い番組をチェックしてしまうのですよ。傑作をありがとう!

P.S 尾道で買ったいちじくのワインめちゃうま!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.26

中司雅美LIVE

中司雅美さんのLIVEへ行った来ました。前回行ったのが3月なので久しぶりとなります。今回の会場は大塚の「音楽堂anoano」さんです。いつも行っている北海道料理屋の三平のすぐ近くでした。今後ここでやってくれると帰りに三平で食事が出来ていいなぁと。で、anoanoさんですが、あまり大きい所ではなく、そうですね・・椅子が並べられていましたがその時は20個くらいでしたがそれでいっぱいって感じでした。そしてグランドピアノがあります!こじんまりとしたスペースではありますが音は良いところでした。
そして今回は「たかし」さん、「末永華子」さん、「中司雅美」さんの構成で、久しぶりにソロではないLIVEへ行ってきました。
たかしさんはアコースティックなギターでの弾き語り。郷愁を誘うような素敵な歌声でした。うっとりと聴き入ってしまいました。普通に好きです。末永華子さんはピアノの弾き語りで、東京タワーのオフィシャルキャンペーンソング「LaLa空中散歩」を歌っている方だそうです。今回披露してくれたのは割りとポップな感じの明るめの曲が多かったです。割と好きな曲調ですね。あ、そうそう。アーティストの変わり目に休憩が入るのですが、確かにチケットにドリンク、おかし付きと書いてありましたが、手作りのサンドイッチ、おにぎり、お菓子、ジュース、ワイン、缶ビールなどなど・・・wなんか会社の納会の様な感じですwでもサンドイッチもおにぎりも頂きましたが大変美味しかったです。
そして中司さんですが、今回のセットリストはこんな感じ

・しあわせのかくれんぼ
・愛してたのは嘘じゃない
・かけら
・Share
・幸せの約束
・笑おう

今回もMC面白くて長かったですw特に「リスキー」のお話はwどこかで聞ける機会があるのでしょうか?あと、アニメの曲もひとつ決まったそうです。(一昨日連絡が来たばっかりとか。ってことは1月からの作品か?)まぁこちらはとりあえず曲の提供だけっぽいですが。
さて、曲についてですが、今回の目玉は何といってもShareのピアノバージョンでしょう。Share自体がアカペラのみを何十にも重ねた曲なのでいつもオケの為、手話曲としても定着している曲ですが、まさか弾き語りで聞けるとは!かけらという曲もはじめて聴きましたがいい曲でした。今回は全体的にしっとりとした雰囲気の曲調が多かったですかね。

次回は10月29日。お馴染みの赤坂グラフティにて行われるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

尾道 最終日

目覚めはだるいです。ケガのせいでマッサージが出来なかったのと、無理な筋肉の使い方をしたせいで全身筋肉痛です。
本日は最終日。手が思うように使えないというのは不便ですね。荷物をまとめる作業に難攻しましたwチェックアウトの際に民宿のおばちゃんとの談話。これもすっかりお馴染みとなりましたwお土産にみかんもらっちゃいました。(帰宅して頂きましたが青いみかんとは思えない甘酸っぱさでとても美味しかったです)
さて、今日の予定ですが実は立てていません。まぁ予定といえば昨日チャイサロンドラゴンのマスターにここじゃないか?と教えてもらったDVD一巻のイラストカードの場所です。2箇所ほど候補を教えてもらいまして、ひとつがいつも配達に行っているという土堂小学校の西側で、もうひとつがもしかしたらということで教えてもらった尾道駅から西へいった栗原川を越えたあたりの丘です。まずはその川を越えた丘へ向かいます。確かに丘発見!しかし丘に建った家の人以外は用事があるはずもなく、とても登って行きづらい感じです(^^;まぁ結果的にはロケーションは発見できなかったのですが。次に向かったのは小学校の西あたりの斜面ですが、ここは過去二回来た時も似ているのはココしかないと思いつつもやはり特徴的な階段状になったブロック塀や、家の感じ、家へと続く階段がなかった為、ココではないと結論付けたのですが、それ以外の家の門構え、門の左後方へと続く白いガードレール、左に少し見えている石垣など共通する点も多く、確かにブロックの後もあるのでココなのでしょうね。
この後、山を下りようした時にまたまた猫を発見。出産時期なのか仔猫を良く見かけます。そしてこの辺一帯の猫を世話しているというおばあさんと談話。30分くらい話してたと思います。猫の話はこの辺の街並について。昔の日立造船の観艦式や、大林監督の撮影の時の話などそれはもう尽きることなくwそんな間にも猫が一匹二匹と増えていき、7,8匹は周りをうようよしてましたかねw
丁度お昼頃になり尾道商店街をウィンドウショッピング。「うどんココ→」の看板(っていうか電柱でしたが)もみつけて、あぁ地元民で行列が出来てる。相当美味しいんだろうな・・。と思いつつも、この日はとても暑くて並ぶ気にも暑い汁物を食べる気力もなく長江通りまで出て南下。朱樺園は大変な行列でした。そのまま進むと出雲街道道標の隣にあるうどん屋さんをみつけてそこで食事をとることにしました。さっぱりしたゴマ酢うどんは冷やし中華のうどん版のようで美味しかったです。そういえば映画資料館へ行ってません。というか観光施設は何処へも行っていません!wこれはチャンスと目的を一般観光へシフトw(何だ一般観光ってw)中は映画のパンフレットやポスターでいっぱいで、ほぼ小津安二郎一色って感じでした。昨日チャイサロンドラゴンのマスターに話を聞いてビックリしたのですが、大林監督の作品がひとつも紹介されていないのです。どうやら前?の市長と仲が良くないというのが理由らしいのですが、こういうことに私情を挟むのもなんだかなぁという感じです。まぁしかし、映写室で流れていた「おのみち映画コンテスト」の1回~3回までの大賞作品はどれも面白かったです。特に好きなのは第二回大賞の「ホットチャリング」です。ここhttp://www.city.onomichi.hiroshima.jp/media/media.html)で見ることができますので是非。尾道好きな方であれば爆笑必死ですwこの後は、共通入場券になっている尾道歴史博物館へも行って来ました。ここはもうちょっと展示物の説明があったりすると良かったのですが。一番奥のビデオを流している部屋は時間があれば見るのは面白そうですがちょっと見せ方が地味でした。そのまま旅の最後の締めくくりとして御袖天満宮へ。初日に旅の無事をお祈りしたのですが、学問の神様では効き目は薄かったようですね(^^;でも、そのおかげで下りは細心の注意を払うようになりましたし、もしあそこでケガをしてなければもっと大きなケガをしていた気がしてなりません。最悪崖から転落なんてことも在り得たかもしれません。そう思うとご利益あったのかなぁとwそんな訳でお礼参りです。再び商店街へ舞い戻りお土産の物色をしながら駅方面へ。帆布のお店の向いにある金萬堂さん(お菓子屋さん)で会社用のお菓子を購入その際にもお店のおばちゃんと少しお話wまたもや尾道田楽というお菓子をおまけに貰ってしまいました。(帰宅して頂きましたが、中にナッツのような物が入っていて、くるみゆべしっぽいのですが、やわらかさはわらびもちっぽくてとにかく美味しいお菓子でした。今度来た時はこれをお土産にしようかと思います)そのまま駅前の赤石商店さんで地元のお酒を買い込みましたwはっさくワイン、いちじくワイン、いちじくジュース、おのみち(日本酒)とこちらは宅配で送ってもらうことにしました。重いですから(^^;
で、今回の尾道はここまで!ケガなどしましたが何故か嫌いになれないんですよね。人が街をつくるという言葉がそのまま形になったような暖かい街。またいつか来たいです。
さて、ここからは福山ですが、入ろうと思っていた「香り高い珈琲のお店」は長期休業中で残念ながら入ることは出来ませんでした。DVD5巻のイラストカードの背景にある海沿いのお堂のモデルがもしかしたら阿伏兎観音では?というのも昨日ドラゴンのマスターに教えてもらったりしましたがこちらは時間がなくて断念。見比べてみるともう少しこじんまりしたお堂なので今度機会があれば岩子島でも一周してみたいと思いました。
そんなこんなで今回の旅は終了です。またいつか尾道の地を歩いてみたいと願いつつ・・・。

P.S 膝サポーターは必須アイテムです。階段の上り下りの楽さが全然違います。お試しあれ。

かみちゅ!ロケ地についての詳細は『かみちゅ!展行きたかったぞー!第三回尾道紀行』へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.22

尾道 二日目

めざましを朝食の時間に合わせてあったのですが、目の前の福本渡船の営業開始と共に強制起床。そうでした、そんなところでした。そもそもこの音で起きなければ目覚ましかけてもでも無駄です。w

さて、本日は向島の探索です。自転車を借りに駅前のサイクルセンターへ。そういえば福本渡船にあったレンタサイクル無くなったんですね。まぁ駅前のと距離も近いし選ぶなら選択肢の多い駅前へ行きますからね。そのせいでしょうか?で、過去二回の経験を活かしギアがなるべく多いものを選択しました。そしてタイヤは細めのものを選択しました。キアの選択は大正解で多少の勾配なら平坦な道と変わらない程でこの感覚は初体験でした。ロードレース用の自転車の人がなにくわぬ顔で坂道を上って行くのを見ますが、コレなのだなと!
しかしタイヤの選択は大失敗でした。最初に登った山の下り道のカーブスでピードに乗ったところで腐葉土を踏んでしまい派手に転んでしまいました。頭で地面をこする感触を始めて味わいました。ズボンは破け、肩口も破け、手は血だらけ。頭から出血が無かったのは奇跡でした。きっと腐葉土の盛り土にでもつっこんだのでしょう。転んだ原因となった腐葉土ですが、この時ばかりは感謝です。とりあえず下山し、近くにあった漁業組合で水道を借りて傷口を洗いました。とりあえず消毒はした方がいいということになり病院の場所を聞くと、なんと出発地点の民宿のすぐ近くではないですか。振り出しに戻された気分です。

治療をしてもらったのが向島で一件と言われた得本外科さん。両腕包帯だらけです(^^;膝はジーパンが破れる程でしたがサポーターのおかげで擦り傷ひとつなし!すばらしいです100均のサポーター。そして手当が終わったのが11時。まだ午前中じゃないですか・・・。このまま宿に戻って休養とも考えたのですが、折角来たので予定を決行!この後の行程は驚くほどです。結局目を付けていたぐねぐね道はほぼ完遂。更に向島一周!ケガ人とは思えない行程です。まぁ無理をしたせいか左手首が痛くて何も持てない状態となりましたが。

岩子島を諦めたせいで自転車のレンタル期限2時間前に尾道へ戻ってきてしまったので、昨日の小冊子「尾道おちこち」の発行元である北前亭へ行ってみることに。そこで女性店員さんとしばらく談話し、冊子が役に立ったことを伝えたらほしかったバックナンバーを貰うことができました。尾道の人って皆気さくに話し掛けてくれるし、ついつい話し込んでしまうんですよね。そういや病院で手術台に寝かされて手当してもらってる間もお医者さんと看護士さん2人くらいでずーっと話していた気がしますwそういえば今朝道を聞いた時のおばあちゃんも親切にしてくれました。来る度に尾道が好きになって行きます。
そして北前亭にディスプレイ用に置いてあったチャイダーのミニボトルをみて行くなら今だ!ってことでチャイサロンドラゴンへも行ってきました。
本当にお茶して帰ってくるつもりだったのですが、かみちゅ!巡礼者だということを見抜かれましてw先日行われたかみちゅ展の様子や、未だ見つけられていないシーンの話など1時間ほど話し込んでしまいました。更にもう諦めていたかみちゅ!展の時のポスターまで買うことができ、今回の旅で一番有意義な時間だったかもしれません。(笑)

このあと宿に戻ったのですが、お風呂が一苦労だったのは言うまでもありませんね。明日は最後の一日。無事に帰れるといいのですが。今日はこれにて就寝。

かみちゅ!ロケ地についての詳細は『かみちゅ!展行きたかったぞー!第三回尾道紀行』へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.21

尾道 一日目

目覚めはばっちり!とはいかずやっぱり眠いです。歯磨きしてる最中に膝のサポーター用意していないのと、昨日スキャナで取り込んだDVDジャケットイラストや、DVD封入のイラストカードを出力してないことに気が付きました。サポーターは鞄に入れるだけなのでいいのですが出力が間に合うはずもなくとりあえず電子媒体としてコピーして行くことに。
電車は問題なく?東京駅まで到着。(途中寝そうになり何度か危なく乗り過ごしそうになりましたがなんとか到着。)あとは新幹線の中で爆睡するだけです。
岡山を過ぎ、寝るのにも疲れてきた頃に事件が発生。大雨で新幹線が止まりました!なんか最近天気おかしいですよね・・・。で、結局新倉敷で30分ほど止まり小雨になったとかで運転再開。なんとか福山まで到着するとすっかり晴れてました。しかし、後続の在来線も同じく止まっていた為、更に1時間の遅れで福山を出発。更に何故か20キロの徐行運転で結局2時間くらいの遅れとなりました。災難ではありましたが尾道到着した時点では曇ってこそいますが雨は降ってないのでむしろヨシ!出がけに用意した膝のサポーターを装備して揚々と尾道の街へ繰り出しました。
今回はローラー作戦です。目についた路地は片っ端から入って行きます。しかしそれでも網羅できないのが尾道なのです。誇張なしで三次元迷路ですから。それと、今回はロケ地ってのは基盤にあるのですが、路地を入って尾道の素敵ワールドを堪能しようというのが今回の趣旨です。なのでロケ現場に関係なかろうが素敵な坂道があれば上り、魅惑的な階段があれば突入し、尾道の街(主に斜面)を縦横無尽に散策してまわりました。
そんな甲斐もあり予定していたロケ現場はほぼおさえることができました。途中雨に降られたりもしましたが(千光寺山の頂上に居たため傘を買いに麓のコンビニへ行ったり)目的の一つだった朱華園での昼食も無事達成でき、まずまずといったところでしょうか。朱華園は15時前くらいに行ったのですが雨だというのにそれでも行列ができていました。食べ終わってから外に出ても一向に行列が途絶えることはありませんでした。晴れだと思うと恐ろしいです。お味の方は流石に並ぶだけあって美味しかったです。麺が独特で素晴らしかった!スープは濃いめでスープだけでは飲むのは厳しいですが、麺と合っているのでこういうコンセプトなのでしょう。そして何よりメニューが中華そば、焼きそば、餃子だけなのが素晴らしいです。私は美味しいと言われるお店に行ったらまず素のラーメンを頼みたいのですが、並んだ手前トッピングだとかスペシャルっぽいのを頼んでしまいがちです。が、この朱華園は素ラーメンのみで勝負しているのが実に漢らしい!自信の現われなのでしょうね。
そして、本日最大の収穫は尾道の散策情報誌(フリーペーパー)「尾道おちこち」Vol.6を入手できたことです。今回の特集はお稲荷さん特集で、そこには実在しないと思われていた第二話の八島さま捜索の際にみこちゃんがお祈りをしていた小さな社が写っているではないですか!早速明日にでも探索です。その他地元でしか取り扱わないだろうなと思われる「尾道散策204選」などを本屋で購入したりとなかなか充実した一日目となりました。
日付も変わったことですし、明日に備えてそろそろ寝ることにします。
明日は向島!前回断念したあのくねった道の探索です。

かみちゅ!ロケ地についての詳細は『かみちゅ!展行きたかったぞー!第三回尾道紀行』へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.20

尾道出発前日

18:00だというのに何一つ用意が終えられていません・・・。あぁ・・恒例のかみちゅ!全話一気観は14:00くらいに終わってました。いやね、何もしてない訳ではないのですよ。ただ成果物として完了しているものがないだけで。今回はいつもの電子媒体でのビューワーではなく紙媒体に出力する事にしたのです。バックライトよりも強く照りつける太陽光も気にせず、バッテリーも気にしなくていい。更に仕分けも思いのまま。そんな訳で全てのシーンを名刺サイズに出力しようとしている訳です。そんなこんなで印刷が開始できたのが20:00頃。間に合わない!その他情報収集、地図の作成&出力、宿泊の用意などなど諸々終えたのが27:00。結局出力したもののカッティング作業が間に合わず、今回新たにピックアップしたシーンと、未だ発見できてないシーンのみカッティングしたものを用意し、既存で消化したシーンは電子媒体をそのまま使用することにしました。
忘れ物はないはず・・・。さて2時間半ねるぞーw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.19

小説

多分、「タイムリープ」を読んだ時から始めた「小説を読む」というスタイル。プロジェクトによって仕事場が変わるので通勤時間が長いこともしばしば、そんなこともありすっかり習慣化してしまいました。読むスピードが速いわけではないので週に1冊くらいのペースですがそれでも十数年という歳月はそれなりの冊数になる訳で、そんな訳で今後は読んだ小説をタイトルだけでも書いていこうかなと思います。

そんな訳で本日読み終わったのが「ひな×じん (鎖の少女と罪悪感の天秤)」です。積読「未読小説」の多い状態であまり新しいタイトルは手にしないようにしていたのですが、表紙で思わず買ってしまいました。

あらすじはというと人格を持ちたがっている懐中時計に取り付かれてしまった少女。人格の回収手段とは人の心の欲求を結晶として取り出し取り込むこと。取られた結晶は記憶ごと欠落してしまう。そして少女と親しい人ほど望む望まざるに関係なく取り出してしまう。そのため放浪することになってしまった少女のお話です。

いい作品でした。悩みを空元気とはいえ表に出そうとしない主人公の雛菊ですが、普通に考えたら相当な悩みです。正当化する理由を付けて行ってきた「回収」作業でしたが、この巻の最後に自分の意思で回収し続ける「決意」をすることになります。始まったばかりのお話ですが、話の展開次第ですが面白くなりそうなお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.16

尾道行き決定!

21,22,23で決めました。今度で3回目となる尾道行きですが、こうして自分の意思で何度も行く場所というのはそんなにあるわけでもなく、ましてや往復にそれなりの軍資金を必要とするわけですから、もう魅せられたというしかないでしょうね。また楽しい日々が過ごせるといいのですが。

今回は3回目ということもあり旅費について色々調べてみました。東京から大阪を越えると飛行機の方が安いというのを色んな方から伺っていたので今度は飛行機で~なんて考えていたのですが、調べてみると5割引以上の割引が適用されないとそんなに変わらないことが判明。しかも空港から尾道までの移動と、自宅から空港(搭乗時間まで余裕)を考えるとそんなにお得感が感じられませんでした。しかも電車では岡山を超えると往復割(行き帰りの乗車券が双方で1割引)が適用されることも分かり、出発まで1週間を切った現在となってはむしろ陸路の方がお得という結果に。

宿もとったし、あとは事前準備です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

リリアン祭

行ってきましたリリアン祭。実に2年ぶりのリリアン祭だったのですね。実際にイベント中にその話題がのぼるまで気が付きませんでした。二年も前だというのに不思議と要所要所の重要な部分を思い出せるのですよね。それだけ印象に強く残ったということでしょうか。

さて、今回のイベントですが場所は日本青年館。お昼の回と夜の回とチケットが違う2部構成となっており、一部と二部ではキャストも内容も違うという全く別のイベントとなっていました。私は一部、二部とも参加したのですが、一部は若手というか一年生を含んだ割とコミカルな笑いを多く含んだ内容で、二部は先代の薔薇様方を含めた一部よりは綺麗にマリみての本質の部分を描いた感じの構成になっていました。特に薔薇毎に分かれた朗読劇の内容&歌の構成はジーンとしてしまいちょっぴり涙が出てしまう程でした。二年前のエンディングを飾る朗読劇の最後程のインパクトはありませんでしたが、本質を描いているだけにマリみてファンであれば誰もがストレートにココロに届く、そんな素敵な朗読劇となっていました。

第四期のスタートは2009年1月から。待ちに待った瞳子編です!楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.13

忙しい・・。

1:30です。たった今帰ってきました。何でこんなに忙しいのでしょう?cryingこれでお金になっていない(会社的にも個人的にも)のですからヤル気も失せるというものです。

そんな日々もさようなら。20日から月末まで第二弾の代休消化期間に入ります。(それでもあと半分残ってるのはどういうことだ?)久しぶりに尾道にでも出かけてみようかと計画中です。21、22,23か、26、27、28かな~と漠然と思ってます。そんな計画を立てていたら気分も少し上向きに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.10

HD DVD

買っちゃいました。HD DVDドライブ!

XBOX360が静音化されるという話を聞いて早速購入したのですが、色々とお試し中です。

Blu-ray Disk プレイヤーより先に購入してしまいましたよ。Blu-rayのソフト持ってるのにw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文学少女シリーズ完結

先ほど読み終え余韻にひたっています。

最初手に取ったのはやはりイラストが気になったからでしょうか。タイトルと表紙買いってやっぱり基本ですよね。

初めはなんて心の重くなる作品なんだ、とwでも読み終わってみると何故か暖かい気持ちで満たされている。そんな感じで2冊、3冊と読み進めていくうちにすっかり好きな作品になっていました。やっぱりね私はハッピーエンドが好きなのですよ。confident

本編は終了しましたが外伝は続くそうです。また心葉や遠子先輩に会えるというのは嬉しいですね。楽しみにしています。

P.S ツンデレをかわいいと思えた最初のキャラは琴吹さんです。いやマジで試しに読んでみてくださいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.07

アサミさん12月にも朗読劇!

詳細は「Poiのこべや(本館)」本館へどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »