« 高橋美佳子 Live Princess | トップページ | アニスと不機嫌な魔法使い »

2008.12.26

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~2

買ったまま読むのを忘れていました。コミックの2巻です。このコミック、1巻が出て、衝撃的な「続く」のままアニメーションが始まり、そのアニメーションがとうに終わり、今やっとコミックの最終話を読む事が出来ました。

まずは折角なのでアニメーションを語らせてもらいます。コミックの1巻で核となる衝撃的な事実が明かされ、TVアニメーションではどうなるのか?どうしても比べてしまいますね。好きだったひまわりの演出も無ければ、コミックで見せた核となる話が一切出ないまま終盤に差し掛かります。違うところに着陸点を持っていくのかと思われた時に突然、本当に突然、そうなると予想して構えていたにもかかわらず「え?」と思ってしまう。少し違和感すら感じてしまう程に・・・。あまりにも良い子過ぎる(良くない意味で)のですよねソラは。そしてあまりに完璧すぎるんです。なんか色々と綺麗に作りすぎた感じがして、少し感情移入し辛い感がありました。決してアニメーションが嫌いとかそういうことを行っている訳ではありません。豪太とソラの関係はアニメの方が好きですし、人間関係においては良く描けていたと思います。そうですね、お母さんかな。一見出来た母親なのですが、こちらも完璧過ぎるのです。ソラ以上に。時折含みを帯びた陰り等が垣間見えるともっと違った印象を持ったのではないかと残念でなりません。

コミックはやっぱりひまわりがチャームポイントですね。しかもその理由まで最後に明らかにしてくれました。そして物語の核となる事柄に全身全霊を注ぎ込んで、悩んで、足掻いて、立ち向かってくれました。最後の魔法を遣う時の母親に言う「行ってきます」はもぅ涙無しには読めません。普通であればどんなに出来た母親であってもこの反応ですよね。アニメ版はこの部分だけは残念です。そして最後は豪太と一緒なのもいいです。そして一面のひまわり!

~太陽と風の坂道~に並ぶ素晴らしい作品でした。今後もよしづき先生には色々な作品を書いて欲しいです。次回作を楽しみにしています。

|

« 高橋美佳子 Live Princess | トップページ | アニスと不機嫌な魔法使い »

アニメ」カテゴリの記事

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46631926

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~2:

« 高橋美佳子 Live Princess | トップページ | アニスと不機嫌な魔法使い »