« 大人しく療養 | トップページ | 〝文学少女〟と恋する挿話集① »

2009.01.13

かんなぎ TV最終話

終わりました。アニマックスを観てるので多少遅いのかな?とにかく終わりました。この話が例の問題の前に出来ていたのか、その後のものなのかは分かりませんが、結果としては「可」ですね。原作を見てないのですが、恐らく原作とは違う方向で物語を終わらせたのではないかと思います。どうでしょう?コメディ色が強かった(原作はどうなのでしょう?)作品だったからこそという感じはしますが、結構無理やりではありますがコメディタッチでまとめたのでは?と。ただ、幼馴染の「つぐみ」だけはもう笑えないレベルでかわいそうなので、最後笑うべきところであろう箇所で眉根を寄せてしまったのはちょっと・・・。(つぐみ贔屓な目線なので仕方がありませんが)ここはガイナックスの「この醜くも美しい世界」を観た時とかなり近い印象です。(このみにはアサミさん、かんなぎはみゆきさんですね)ちなみにこの最終話で私的に最も盛り上がったのは、幼馴染のつぐみが仁の背中を押し出すシーンですね。自分だって仁の事が好きなのに笑顔で送り出してしまうのですよね・・・。ちなみにこのシーン、絵が演技に負けています。このシーンがあるからこそ最後のカットでのつぐみの涙は痛すぎで、むしろコメディーで終わらせるなら最後の涙は無い方が良かったのではないかと思う程ですね。まぁつぐみ寄り視聴者の一意見って事で。

P.S 島本須美さんの幽霊役。らき☆すたに続いて2回目ですが、とても上品でいいです!

|

« 大人しく療養 | トップページ | 〝文学少女〟と恋する挿話集① »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46631942

この記事へのトラックバック一覧です: かんなぎ TV最終話:

« 大人しく療養 | トップページ | 〝文学少女〟と恋する挿話集① »