« かんなぎ TV最終話 | トップページ | AT-Xが値上げ!? »

2009.01.15

〝文学少女〟と恋する挿話集①

文学少女が挿話集となって帰ってきました。本編の時間軸の合間に挿入されるエピソード形式なので「あの裏ではこんな事が」「あの表情の裏側にはあんな事が」といった風に楽しませてもらいました。個人的には美羽の話が一番ホッとしたというか。本編では一話から中心的なキーワードとしてで続けていた美羽なのですが、結局美羽の件がひと段落付いて美羽的にもマイナスの感情をプラスに転じようとする話までは書かれますが、本当の意味で未だ救われていない主役の一人なのではないかなと思っていたのです。でも、この挿話集の中で本当の意味で自分を受け止め、受け入れ、一歩歩き出した気がします。それが何よりも嬉しいお話でしたね。この挿話集、本編のように痛い部分が少なく(殆ど無い)、文学のオブラートに包まれていない素のキャラクター達が見えているようで私はとても好きですね。文学少女としては上澄みのふわふわした部分だけという言い方も出来そうですが、私はそんなところが好きです。次の挿話集では今回はページの関係で入れられなかったという千愛ちゃんと琴吹さんのお話も入るそうで、こちらはこちらでとても楽しみです!。そして外伝では三年生の心葉と文芸部の新入生の女の子が登場!?こちらも目が離せません。本編が終わってから益々盛り上がりを見せる文学少女シリーズ。どうなるのでしょう。

|

« かんなぎ TV最終話 | トップページ | AT-Xが値上げ!? »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46631943

この記事へのトラックバック一覧です: 〝文学少女〟と恋する挿話集①:

« かんなぎ TV最終話 | トップページ | AT-Xが値上げ!? »