« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.31

続・夏目友人帳 最終回

終わりましたね~。終わってしまいましたね~。見終わって、ほんの少しだけ最終回の香りが漂っただけで、「終」とも「ありがとうございました」も無く、X6の録画タイトルを見て、あぁ終わったんだ。と気がつきました。w1クールだったんですね。お気に入りの作品が終わってしまい少し寂しい気持ちもありますが、なんだかまた逢える気がしているので、まぁこれはこれでといった感じでしょうか。とりあえずアニメが終わるまで封印していたコミックを読んでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.30

ソウルイーター最終回

終わりました。ひねりも何にもない言い方ですが素直に良かったです。小見川 千明さん、本当に良い役者になりましたね。まさか彼女の芝居に魂がギュッとさせられるとは思いませんでした。こういう清々しい最終回は気分がいいですね。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.29

あまがまれた!

1STプレイは中多紗江ちゃんのスキエンド BESTで終わりました~。happy02 なんというかヤヴァイですこれwプレイ中は他人に見せられませんねホント。まさか今野宏美さんの役にヤられる日がこようとはw次は梨穂子にアタックしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.25

桜のスィーツ

わーい。桜のチーズケーキ。cherryblossom

この時期になると桜をイメージした薄桃色のスィーツがいっぱいでいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.24

あまがんでみた

久しぶりの美少女系アドベンチャーゲームです。近年のアドベンチャーは難しいですね。マニュアル見ずに始めたらもうさっぱりですよwでも面白い!現在ふかふかボディの純情少女にもうれつアタック中です。これははまりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.23

零と羊飼い

2008年6月発行の小説です。先日ふと平積みになっているのを見て買って来ました。しろ氏の可愛らしいイラストに目をひかれたのは言うまでもありませんが、実は裏表紙のあらすじが決め手でした。要約すると、地球に巨大な隕石が接近している為、受けた力を同じだけ跳ね返すという力を持った人間をシャトルに乗せて隕石に向って撃ちだすという内容です。じつはこれ、私が幼い頃、高熱を出すと必ず見ていた夢に似ているのです。なのでこの結末が知りたくて買って見ました。

この世界には少ないながらも能力者が居て、今回の危機を打開する為に集められた6人の子供達が中心のお話なのですが、シャトルに乗る人員を話し合いで決めなさい。というなんとも残酷な展開になります。必要とする能力を持つものは4名で、内シャトルに乗るのは2名。生きて帰れる確率は勿論0%。地球の運命と引き換えにされる少年少女達の運命は・・・。

お話としては割りと好きな方向に収束しましたね。コレばかりは説明してしまうとネタバレrになってしまうので何も語りませんが、興味のある方は読んでみては如何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月からの新番組視聴リスト

とりあえずこんな感じ?

4月2日 クイーンズブレイド 流浪の戦士 AT-X 木 / 08:00
4月2日 涼宮ハルヒの憂鬱 テレ玉 木 / 25:00
4月2日 けいおん! TBS 木 / 25:59
4月2日 Phantom ~Requiem for the Phantom~ テレビ東京 木 / 26:15
4月5日 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST TBS 日 / 17:00
4月5日 シャングリ・ラ テレ玉 日 / 25:30
4月8日 リストランテ・パラディーゾ フジテレビ 水 / 26:08
4月9日 東のエデン フジテレビ 木 / 24:45
5月1日 ファイト一発!充電ちゃん!! AT-X

京都アニメーションの作品が増えてきましたが大丈夫なのでしょうか?少数精鋭、仕事を限定してのハイクオリティを維持しているスタジオと認識していたのですが、近年の人気で人員増員でもしたのでしょうか?質が維持できればいいのですが。

来期一番楽しみなのは「東のエデン」でしょうか。
「Phantom ~Requiem for the Phantom~」も何をしてくれるのか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.22

最終回ラッシュ

今日は、年度末の番組改編に向けて、溜まりに溜まった番組の消化

「ミチコとハッチン」
フジTVの贈るNOISE第一弾作品。まぁ普通というか、途中見なくてもいいかな・・・とか思ったこともありましたが、ラストは好きですね。第二弾の「リストランテ パラディーゾ」はちょっと面白そうかも。

「とある魔術の禁書目録」
原作はまだまだあるようなので、終わり方としては妥当ではないでしょうか。二期シリーズが始まるならまた見たいと思わせる作品でした。「とある科学の超電磁砲」もアニメ化決定したそうで、こちらはこちらで楽しみです。当麻にほの字な美琴が好きだったので、「超電磁砲」どうでしょう?

「地獄少女」
先日、AT-Xで見てしまった話で、最も追いつきたいと思った作品ですが、内容が厳しすぎて連続して見るだけの気持ちが保てませんでした。

「黒神」
追いつきました。これも終わる?茜さんいいですね。敵側に茜さんのルートが居るのが気掛かりです。(え?茜さんがルート!?)エクセルもいいですね。今期の田村さんの役は明日のよいちのちはや同様にいい役ですね。

「明日のよいち」
こちらは1クール?いぶきが薬で4歳児の精神になり佳境な感じです。倉田さんの脚本作品もすっかり板に付いた感じですが、私はそれよりR.O.Dの続きを書いて欲しいものです。あ、でも舛成監督との仕事は進めてくださいw

「空を見上げる少女の瞳に映る世界」
観切れませんでした。はじめはムントって偉そうで嫌なやつだなぁくらいに思っていたのですが、ユメミがムントの世界へ来てからはムントもユメミもいいですね。ユメミ可愛いですねー。

まだまだいっぱい・・・。あと一週間じゃ絶対無理っぽいのですがw
来期の新番チェックも始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

アマガミ

買ってしまいました。ソフマップのポイントで購入しようと思ったのですが、秋葉原のソフマップは何処も売り切れで、売り切れていると分かるとなんか欲しくなってむきになって探してしまいました。(^^;結局アニメイトのポイントを使用して購入。さて、いつ始めようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

37Z7000セットアップ

先日購入した37Z7000を設置しました。
37Z2000に比べると流石に綺麗ですね。今まで気になっていた残像も気にならなくなりました。
さて、昨年のシーテックで私自身での目玉だった超解像技術ですが、視聴に使用したのは勿論「ココロ図書館」です。うん。綺麗!でも分からん!w機能をon/off出来れば分かり易いのですが、とりあえず相撲放送はめっさ綺麗でしたが、ハイビジョン放送なのでこれは比較になりませんね。「かみちゅ!」でも視聴してみましたが、綺麗というのは分かるのですがやっぱり明確に何処がというのは分かりませんね。wまぁシーテックの時も、比べてやっと分かるくらいですからねw綺麗と実感できるだけでも十分ですね

とりあえず、懸念していたLAN経由でのTeraStationに保存してある動画ファイル再生も問題なく出来、37Z2000を使用していた時の機能は一通りテストを完了し、37Z2000を父親の部屋に移行。正直こっちの作業の方が疲れましたwインターネットのお気に入りの消し方が分からなくて苦戦したり、PLC設置してLNA繋いだりと色々。結局一日使ってしまいました。明日は筋肉痛かもw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

37Z7000

TVを買ってしまいました。欲しかった東芝の超解像度対応機種です。セットアップは週末かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

ジャンクガール・ジグ ①あたしの飼い主

先日、最終回を迎えた「アンダカの怪造学」の過去のお話です。伊依の父親である滅作や、校長先生の宇宙木が未だ怪造学会執行部だった頃、とある事件で救い出したジグという少女が主役のお話です。ジグという少女はアンダカの怪造学の本編でキーとなるヴェクサシオンのプロトタイプとして、人とモンスターを融合するという忌まわしい実験で造られた存在なのですが、誰かに飼われる事でしか存在を保てなかった彼女に滅作が自分の飼い主は自分だけだと諭します。その一言で人生が拓け、滅作や、宇宙木を家族のように慕い、様々な事件に巻き込まれながらも成長していく!そんな感じのお話?まぁ早い話が、怪造学を悪用する悪い奴らを取り締るアクション・コメディーですな。登場人物は皆「アンダカの怪造学」を知っているとニヤリと出来る人物ばかり!9歳の伊依ちゃんは明るい伊依ちゃんを知っていると信じられないくらい冷酷でちょっとサワサワします。catface恐らくイツキ派の事件がこれからも中心となるのでしょう。本編では過去の資料からしか得られなかったあの事件の真相が分かるかも!?そしてジグちゃんの正体は!?(ってあの刺青見ればねぇ・・・ねぇ^^;)今後も楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.16

ソウルイーター

死神様と鬼神の一騎打ちで決着すると思われた物語ですが、死神様の敗退により死武専生の手に世界の運命が委ねられる事に。更に鬼神はアラクネの魂を喰らい、死神様を倒した時とは比較にならない程にパワーアップを果し、絶体絶命!そしてソウルが・・・・。弥が上にも盛り上がってます!どうなるソウル!?どうする鬼神!!??想定以上の盛り上がりにどう決着を付けるのか?来週が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.15

だっ好き。

~だって“アニソン”が好きなんだもん。~へ行ってきました。
出演:伊藤静 菅沼久義 佐久間紅美 仙台エリ 野島健児 三浦祥朗 佐藤利奈 真田アサミ 高橋美佳子
会場:新木場STUDIO COAST

何だコレ?たのしーupshine正直なところ、そんなに期待しないで行ったのですが、始まってみるとものすごく楽しいーshineスポンサーやら、会社のしがらみに左右されない出演者が大好きなアニソンを歌うだけのイベントがこんなに楽しいとは予想だにしませんでした。時間にして2時間チョット(アンコール等諸々含んで2時間半)とは思えない濃縮された歌の数々。いったい何曲だったんでしょうね?一人でソロもしくはデュエット曲を3曲以上、更に皆で歌う曲もありましたから、相当な曲数ですね。そんな中でお目当ての真田アサミちゃんはというと出だしが仮面ライダー555。如何にもアサミちゃんだーといった選曲です。wでも次に歌った曲には心底驚かされました。「ライオン」しかも中島愛パートですよ!振り付けもバッチシ!そして「ETERNAL BLAZE」!っていうかなんなんでしょうこの統制のとれたサイリュームは!?w奈々ファン人口侮れませんwそして「燃えてヒーロー」のバックダンサーや、女性全員で歌った「ムーンライト伝説」では間奏で敵兵が乱入し、華麗なアクションも披露!

と、アサミちゃんばかりではなんですので他の方の話題もwというか実は皆さんまったく差が無いくらいに楽しませてもらいました。最初にテンションが急上昇したのは4曲目の仙台エリさんの「デリケートに好きして」でしたし、最もテンションが爆発したのが5曲目の美佳子さんの「テレポーテーション」ですからww美佳子さんと誰だったのでしょう?「ハレハレゆかい」のフル振り付けカッコ良かったー。「それでも明日はやってくる」は佐藤利奈さんかな?「星間飛行」は仙台さん?真紅のドレスに身を包んで披露してくれた美佳子さんの「ゆずれない願い」も素敵でしたね。第一回から参加という伊藤静さんは王道を柱に元気な曲からバラードまで幅広く披露。男性陣も最高でした。ホスト役の佐久間紅美さんは歌上手いですね。しかも選曲が素晴らしいツボ突かれまくりでしたねー。とにかく皆さん楽しそうだったのが印象的でした。笑顔は伝染するといいますが、正にそんなLIVEでした。なんかこんなにココロから楽しめたイベントはいつ以来なんだろうって感じでしょうか。これはゲスト次第では第三回があったら行ってしまうかも。

P.S 入り口でもらったチラシの中に「○の陣」のポストカードがぁ!和な感じでとても可愛らしいデザイン。とてもいいですね。気に入りました。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.14

クラナドアフターストーリー 最終回

なんか、キーワードランキングに急上昇してきたのを見てなんだ?と思っていたのですが、とりあえずみてみる事に。
とても難解な内容でした。ハッピーエンドは嫌いじゃないというかむしろ好きなのですが、これはあまりにも都合が良すぎというか・・・。奇跡の一言で片付けてしまうのはちょっと納得が・・・。その都合も説得力のある内容であれば(そもそもこの場合は納得している時点で都合がいいとは多分思わないですね。)、又は「コレならしょうがないしょうがない」と笑い飛ばせるものだったりと、自分の感情において納得できるものならばいいのですが。あの逆境からの道を切り開き進んでいく事を期待していたのですが、あんなにファンタジックな方に逃げてしまうとは。クラナドの原作ををプレイした事がないので、原作とどうこうということは言えませんが、アニメーションのみで評価するならば、最終回は少々残念と言はざろう得ないですね。
しかし、先に言ったようにハッピーエンドは嫌いじゃありません。今まで感じてきた感動をどう昇華してくれるのか、楽しみではありましたが(お涙頂戴を目的としたシナリオをあまり好きではないという人も居ますが、私はどんな目的で書かれたシナリオであっても、私が見て感じた結果が流した涙であれば、それは私にとっての涙なり感動であるので、そういうことは気にしません。)、それで今までの気持ちが0になるわけではないので、総じていい作品であったと思います。また良いものを作って欲しいです。

と、まぁちょっぴり複雑な気分でその直後に見た「マリみて」でそんな気分も吹き飛びました。優の運転する車のスピード感が表す怒りの表現も、演劇部の部長の演技も(もはや驚かないと思っていましたが、沢城みゆき、彼女はすごいですな。彼女とのエピソードが大幅にカットされてしまったことは残念ですが、それを補うだけの力を秘めた数分でした。)、瞳子が絶望と孤独に打ち震えながら100を数えるシーンなど、非の打ち所が無い佳境っぷり。いいですね~ワクワクしますね。こちらは落とし処に心当たりがあるだけに実際のところどう表現してくれるのが楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.13

リニューアル

春らしくちょっぴりデザインを変えてみました。(期間限定?)
決してココロちゃんに飽きたわけではないですよ。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

レンタルマギカ 旧き都の魔法使い

今回の舞台は京都。現在のアストラルでの最古参である猫屋敷蓮のお話ですね。毎回、とても大変な目にあって、そのスケールがどんどん大きく困難になっていくアストラルの面々ですが、今回は史上最悪の展開に!更に続き物!ウガー!というところで終わります。早く続きを~・・・。

P.S やっぱりアディリシアさんは可愛いhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

アンダカの怪造学Ⅹ 空井伊依の伝説

帯に「ここに完結!」の文字を見たときには心が躍りました。日日日の作品の中で最も好きなこの作品が完結を迎えたのです。もう4年になるのですね。当時、何処からとも無く現われ各出版社の賞を総なめにした日日日というふざけた名前の現役高校生には衝撃を受けました。「日日日、おまえは何者だ!?」のキャッチは今でも覚えています。この時真っ先に思い描いたのはR.O,Dの菫川ねねねでしたが、まさかそんな人物がリアルで現れるとは。現実も侮れません。

で、流石にリアルタイムで10冊付き合っただけあって、一行一行がとても感慨深いです。決戦前夜の伊依の、舞弓の過ごし方などジーンとしますね。特に宇宙木の可愛らしい部分などは新鮮でよかったです。この編はジャンクガール・ジグの影響なのでしょうか?(っていうか姉妹シリーズ出てるなんて知らなかったわ!タイトルにもう少し雰囲気残してくれないと分かりませんよ?)友樹の参戦、憤怒大公の再登場!どれもサワサワさせてくれました。そして200年の怨恨も、伊依によって根幹まで噛み砕けば何のことはないただのすれ違い。いや、分かりやすくていいですね。伊依はどんなに巨大な問題も、難しそうな問題も、そうやって誰でも理解できるレベルにまで噛み砕くき分かろうとする。そんな姿勢が魅力的です。夢を諦めないというのもね。まぁ結構説教くさい話ではあるのですが、嫌いじゃないんですよね、こういうのはw面白い作品でした。

(アニメ化するならコレが最初だと思ったんですがね。まさか狂乱とは・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.07

ソウルイーター

佳境です!最終局面です!巨大ロボも登場し、全部かっさらっていった感もありますがそれはそれでよし!w最終的には死神様と鬼神の一騎打ちでけじめをつけて終わりなのかな~という感じですかね。広げた風呂敷はしっかりたたんでいます。が、若干尺が足らない感じも。というよりは死武専の子供達が壁を乗越え、目標に辿り着いた、そこまではいいでしょう。私はその先が見たい!子供達だけではなく先生たちのその先も!開始当初はマカのキャストに不安を感じていたものですが、すっかり気にならないどころか「ん?いいんではないか」と感じるほどに。あと一話ですか?二話ですか?納得できる終わり方を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.04

魔法少女リリカルなのはStrikerSサウンドステージ ボーカルベストコレクション

買ってきました。前回のサウンドステージX(CDドラマ)がHDCDでしたね。で、今回のボーカルベストコレクションがHDCDではなかったらどうしようかと思いましたが、しっかりHDCDでした。(今日のコメントが文句だらけにならずに済みました。ほっ・・・。) で、帯には「全曲フルアレンジ&リミックスで完全収録!」えっと・・・。え?正直アレンジだとかリミックスで良い思い出が無いので複雑な気分ですね。で、原曲がどうだったのかと思いCDを引っ張り出して聞いてみると驚くことに歌のトラックだけがHDCDだったんですねこのCDは。こんな収録方法があるとは驚きです。で、全部は聞き比べていませんが、やっぱり原曲のほうが好きなのが多いです。(^^;

HDCDの技術がマイクロソフトのものとなって、(個人的にはあんまり嬉しくはありませんが)とりあえず再生できる環境が増えている訳ですから、もう少しHDCD収録のメディアが増えてもいいかなと思う今日この頃。前回のサウンドステージXの様にドラマでってのはどうかとも思いますが、それくらい気安く使っているというのはいい傾向ではないかと思います。但し、マスタリングにはそれなりの気は使って欲しいですけど。今後増える傾向になるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIDE BACK 6話

気が付くとドキドキしながら前のめりになっていました。琳がGGPに拘束され、これからどうなってしまうのでしょうか?

DVDでもBDでもいいので観終わってからバラではなくトータルパッケージとしてBOXで出して欲しい作品です。

P.S エンディングの最後のカットはぐっと来ますね。あの一カットだけでRIDE BACKを表している気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.03

ほうかご百物語4

季節はバレンタインです。相変わらずですねイタチさんのピュアぶりは。そしてまたまた新キャラ登場!化け猫の血筋の半妖兄妹。まぁ兄は話し聞かないのでウザイので妹に期待ですw次巻は進級ですかね?一年生も入ってきますし、さてどうなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.02

晴れの日が憂鬱

なんて、花粉症なんて大嫌いだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

万座温泉 2日目

朝起きると、雲の中でした。真っ白です。視界は20mくらい?(なにかある!?と認識できる程度)スキーはコースが全く見えず大変でした。寒いのなんのって霧の粒が凍って極細の雪状に舞っていて、滑るほどに髪の毛が樹氷の様にwでもその後に入った温泉は最高でしたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »