« フラジール 3日目 | トップページ | フラジール 4日目 »

2009.04.09

葉桜が来た夏2 星祭のロンド

第14回電撃小説大賞奨励賞受賞作の2巻目です。2008年9月に出ていたものをやっと発掘した次第です。ちなみに現在3巻まで発売中です。

さて、受賞作品というのは、1巻目は賞を受賞しているので良いとして、続きありきで書いている、書いていないに関わらず出さなければならないケースが多く、(なんで受賞作はそれとして、2冊目に違う作品を書かないんですかね?特に最近は。まぁ世界観が出来ているので書き易いのは分かりますが。)2巻目で今後どうなるのかが決まるというか、生きるも死ぬも2巻次第なところがありますよね。で、想定外の面白さでしたw1巻目であれだけ政治的なことを嫌っていた学ですが血は争えないといったところでしょうか。激しく絡み合った今回の騒動を学ぶの交渉で治めてしまうあたりがなかなかに見所でした。安心して3巻目も読めそうです。

|

« フラジール 3日目 | トップページ | フラジール 4日目 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632017

この記事へのトラックバック一覧です: 葉桜が来た夏2 星祭のロンド:

« フラジール 3日目 | トップページ | フラジール 4日目 »