« 中多紗江 ナカヨシエピローグ | トップページ | コミック色々 »

2009.05.21

グランディア オンライン プレスカンファレンス

行って来ました。場所は秋葉原UDX。
まず、訂正しないといけないのは製作はゲームアーツが行うようですね(まぁゲームアーツも大分変わっているようですが・・・・。)
さて、とりあえず私の思ったままを書くことを宣言しときましょう。

まずはカンファレンスで説明のあったゲーム世界やシステムについてですが、世界はグレンディアの1がベースのようです。まぁこの辺はカウントダウンから切り替わったグランディアオンラインの公式ページを観てもらえばわかるのですが、七つに砕けた精霊石から発生した七つの国を舞台に繰り広げられる冒険ファンタジーといううたい文句です。カンファレンスからの情報では分からなかったのですが、時代背景は公式ページのフラッシュを見る限りでは「石化していく・・・」ということを言っているので、ジャスティンやスーが存在していた時期とそう変わらないのではないかと推測します。(ちなみにジャスティンや、スー等のキャラクターは登場しないようです。リエーテだけは出てくるようですが)
プレイヤーについてですが、プレイヤーが選べるのは人間族、コルタ族(タルタルっぽい)、ラスガ族(露出が多い褐色の肌の力が強そうな感じ)の三種族です。ここで気になったのは、始終アピールしていた「初心者に優しい!」という単語です。このコンセプトに基づき、種族によるステータスの差別化は無いそうです。みてくれだけということですね。種族特有のコミュニティー等での差別化は考えているとの事でした。ちなみにLvアップでのパラメーター上昇は、自分で振り分けるタイプっぽいです(試遊台で確認)
パーティについてですが、まず、プレイヤーの他にパートナーというのが居ます。(FFXIで言うところのフェロー)LVアップもしていき、装備などもプレイヤー同様に変更できるようです。このパートナーですが、共に冒険する以外にも、露店として立たせる事もできるようです。ログアウトしても立たせられるかどうかは分かりませんが、もし可能ならなかなか魅力的ですね。そしてプレイヤー同士でのパーティーは最大で8人までとなっており、パートナーを含めると16人のパーティーが可能なのだそうです。
そして最も気にしていた戦闘です。カンファレンスの説明ではIPゲージの説明がされており、「を!」と思わせたのですが、実際プレイをしてみるとIPで行動選択のターンが回ってくるわけではなく、他プレイヤーと連携などのタイミング等を合わせるメーターでしかないというように感じました。まず、雑魚モンスターとの戦闘は、フィールドに居るモンスターをクリックすると開始するのですが、シンボルエンカウントという訳ではなく、フィールドにいるモンスターを直接叩くというイメージになります。そして、クリックで戦闘が始まると、等間隔で武器を使用したオートアタックとなり、IPゲージは一切意味を成しません。これはグランディアのIPを用いたバトルシステムを期待していた私にとってはかなりのダメージです。これはモンスターも同様で、雑魚モンスターに至っては等間隔で攻撃を仕掛けてくるだけでIPのキャンセル等というテクニカルな戦闘では無いようです。但し、ボスモンスターについては複数の攻撃可能な部位が、それぞれIPを持っており、IPのキャンセル等を駆使した戦闘が楽しめるようです。しかし、最も多い雑魚モンスターとの戦闘が、クリックのみで行われる単調な戦闘というのはいささかガッカリと言わざろうえません。システム的に基本なところなので今後のバージョンアップで改善されるというのは望み薄だと思いますが・・・。まぁリリース版を遊んでみてどう感じるか?ですね。
装備についてですが、武器、防具にステータスは存在しないようです。(一部を除く)要するにみてくれのみの装備品ということですね。では、攻撃力や、防御力などはというと、精霊石をはめ込むのだそうで、この精霊石は育てる事でステータスを変化させる事が可能なのだそうです。なので、見た目が気に入った装備品を手に入れた際には精霊石を移し変えれば同じステータスの装備になると。
そして料金体系についてですが、基本プレイは無料で、アイテム課金の方法を取るそうです。とりあえずやってみたいという場合には敷居が低いのかもしれませんが、アイテム課金でどの程度永くサービスが続くのか?お手並み拝見といったところでしょうか。
その他グランディアウェブ等少し気になるものもありますが、この辺はグランディアのゲームとしての本質から外れるので割愛しますが、総合的な感想としては、「ただのガンホーのオンラインRPGゲーム」という印象ですね。それは試遊台でプレイして強く感じました。また、初めがPCでのコンテンツであるというのがちょっと・・・。αテスト段階ということもあるのでしょうが、まず各種ウィンドウが非常にPCくさいです。この辺の細部の拘りというのはファンタジーや、キャラをロールするという意味でのRPGにとっては非常に重要な事であると感じている為、ここは残念に思いました。これがコンシューマ機でのスタートであったなら。その辺の細部にまで拘ったと思うのですがどうですかね。
とりあえずテクニカルテスト用のIDは取得しました。今後の改善も含めて、少なくともリリースまでは見届けたいと思っています。(ちなみに、カウントダウンから切り替わった公式ページのフラッシュは非常に面白そうに見えますw)

|

« 中多紗江 ナカヨシエピローグ | トップページ | コミック色々 »

イベント」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632055

この記事へのトラックバック一覧です: グランディア オンライン プレスカンファレンス:

» プレスカンファレンス レポート記事を一挙にご紹介しちゃいます! [グランディア オンライン 公式ブログ]
こんにちは。グランディア オンライン運営チームです。 今回は運営チームの自称ム... [続きを読む]

受信: 2009.07.13 11:40

« 中多紗江 ナカヨシエピローグ | トップページ | コミック色々 »