« トラックの違法無線 | トップページ | 「○の陣」感想メールへのお返し »

2009.05.11

交響詩篇 エウレカセブン ~ポケットが虹でいっぱい~

場所はテアトル新宿。朝一の回を観てきました。平日の朝一にもかかわらず、割と見所の座席はほぼ埋まっている状態で、人気の高さが伺えました。

良かった!というか私は好き!驚いたのは全く新しいエウレカセブンだったこと。焼き直しでも、過去でも、続きでもなく、登場人物の立ち位置から、関わり方、設定に至るまで全てが新しい物語でした。
そして更にスピードと迫力を増した空中戦闘シーン。宇宙空間ではない大気圏内だからこその大気を感じさせる圧倒的な迫力!ここで板野サーカスという言葉を使うのは適切ではありませんが、あの技術と演出がここまで進化したのかと思わせる映像演出でした。
そして幼少のレントンとエウレカが超絶可愛い!!happy02あと、ニルバーシュを幼生の頃から育てるというのも新鮮でしたね。

但し、もともと4クールの物語を2時間に濃縮している為(話は全く違いますが)、基礎知識としてのTVシリーズは必須だと感じました。正直言って優しいお話ではありません。基礎知識ありで初めて0から観れる物語だと思いました。まず、登場するキャラクター達は同じなのですが、設定が異なっています。ならTVシリーズしらなくてもいいんじゃね?と思うかもしれませんが、主要キャラ以外の解説は殆どありません。TVシリーズでの立ち位置を知っていて察するみたいな所も多いです。逆にこうなったのかという楽しみのあるでしょう。世界設定に関しても同様で、やはり前作から察する部分も多いと思います。

<この先ネタバレ注意>
また、ラストの方は神話を意識していると思われるつくりになっていて、ちょっと難解なカットも多いです。特に最後のシーンで枝らしきものを咥えた鳥型の船がなんだったのかよく分かりませんでした。勿論、ノアの大洪水で陸地があることを知らせる枝を加えた鳥をモチーフにしていることは分かるのですが、何を意味しての登場?そして、今回の冒頭でキーとなると思われた「雪月花」が最後まで出ないな・・・と思っていたらエンディングクレジットの最後に1カットだけ出てくるのですが、その花の根元に置かれたペンダント。恐らくエウレカのもの?の意味が分かりませんでした。最後のシーンではエウレカは身に着けていたはずです。あの後外して置いた?置く意味が理解できませんね。

と、まぁ、難解な部分もありますが、私は好きな物語でした。始終レントンとエウレカのスキスキな思いが交差し合うので甘い感じの物語ではあるのですが、立ち位置を変えたキャラクター達が二時間の中でとても生きていて良かったです。特にドミニクとアネモネですかね。前作ではレントンとエウレカの生き方に共感して変わっていった二人ですが、今回は師として、先輩として二人を優しく導き、背中を押す役目であったのがとても感慨深いですね。エウレカを好きな人には是非、劇場で見てほしい作品です。

|

« トラックの違法無線 | トップページ | 「○の陣」感想メールへのお返し »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632043

この記事へのトラックバック一覧です: 交響詩篇 エウレカセブン ~ポケットが虹でいっぱい~:

« トラックの違法無線 | トップページ | 「○の陣」感想メールへのお返し »