« 神様のメモ帳4 | トップページ | サマーウォーズ »

2009.07.31

時載りリンネ!2 時のゆりかご

第11回スニーカー大賞で奨励賞を受賞した作品の二巻目です。2007年の作品なのですが、積読から発掘しました。先日3巻目が出たからってのが最近のパターンですね。

この物語は主役である少女、リンネの幼馴染である久高がリンネのフィクションを描いたもの語りというふうになっています。なので久高が一緒に居る時の物語のみとなっているのですが、読んでいると時折そのことを思い出させます。人間とは違う種族である「時載り」彼らは文字情報を糧とし、人より寿命が遥に長く、得た糧と引き換えに時を操る能力(2万文字読むと1秒だけ時間を止めらる)を持っています。多くの時載りは「バベルの塔」に住んでいるのですが、一部、人と一緒に暮らす「街の住人」と呼ばれる時載りが、この作品の主人公であるリンネの家族になります。前回のお話で世界に7人しか居ない時載りの力を悪用する「逸脱者」を罰する「時砕き」という存在になったリンネですが、今回の物語はその直後のお話で、要約すると「塔」で正式な時砕きとして就任するまでの短い期間、リンネが時砕きとなる事を良しとしない「逸脱者」から妨害を受けるという内容です。今回の見所は名工ジュビュックが作った時を操ることができる懐中時計「時の揺籃」そどんな思いで作ったのかをリンネが代弁するシーン。そして戦いの後無残に朽ちた庭を戻すシーンですね。凪の笑顔が見えるようでした。出番も台詞も少ない久高の妹の凪ですが、実は時載り以上の力を持っているのですwそして今回登場する素敵なおば様の緒方さんに、おちゃめな執事の関さん。魅力的なキャラが増え益々魅力を増していく作品です。少々筆が遅い感がありますが、読むのが遅い私にとっては丁度いい感じですね。長く付き合える作品になりそうです。

|

« 神様のメモ帳4 | トップページ | サマーウォーズ »

小説」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632128

この記事へのトラックバック一覧です: 時載りリンネ!2 時のゆりかご:

« 神様のメモ帳4 | トップページ | サマーウォーズ »