« レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い | トップページ | カブトムシ »

2009.07.07

YOKO KANNO SEATBELTS 「超時空七夕ソニック」

行って来ました。場所はさいたまスーパーアリーナです。初めて入りました~。えーと、まず曲名とか良くわからないので詳しくは書けませんが、思ったままを素直に書こうと思います。まず、入って会場の広さにしばし呆けます。この規模は横浜アリーナ以来です。それでもそれの2倍くらい?私が過去参加した中では間違いなく最大です。ステージの配置はというと楕円の短い辺の本来のメインステージから花道が会場中央まで延びており、その先が矢印状のメインステージとなっています。なので、中央のステージはほぼ360°に近い形で席がステージを取り囲む形になります。そしてその中央には真紅のグランドピアノ。(立っても弾ける様に上にも鍵盤付いてますw)
さて、劇伴という言葉がありますが、シーンの為にイメージを伝え作曲してもらいそれをシーンに当てはめる。殆どの曲はこれにあたると思います。しかし今回のステージは真逆!正に楽曲の為のステージ!菅野さんの作った曲のイメージをそのまま菅野さん自らがステージを表現しているのですから、もぅ鳥肌モノのステージでした。あぁこの曲ってカッコイイ中に実はこんなにコミカルさも含んでいたんだ。とか、今まで持っていたイメージを更に上向きにする演出の数々。そして一番驚いたのは菅野よう子さんってこんなにおちゃめな人だったんだなということwショートコントの様なコミカルな小芝居をしたかと思えばしっとりとピアノのソロを聞かせ、踊りw、走り、オーケストラを指揮したかと思えば、歌を唄い、3時間正に息つく暇も無く駆け抜けたステージでした。オーケストラでは数々の名曲をメドレーで繋げての演奏を披露してくれたのですが、作品も違う別の曲達なのに、まるでストーリーを持った一曲の様でした。この時ばかりは我を忘れて聞き入ってしまいました。とにかく流れるような演出で、客の反応すらもステージに組み入れられているのではないかと思うほどで、途中、全員が退場し、アンコールの手拍子が起こる場面もあったのですが、今思えばこれもステージの一部であると確信がもてます。
凄いステージでした。そして菅野よう子さんは凄い人でした。ココロから良かったと楽しかったと思えるそんな3時間でした。次回公演予定は22世紀。それを裏付ける程の本気が伺えるステージでした。ほんと誘ってくれた友人には感謝です。

|

« レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い | トップページ | カブトムシ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632103

この記事へのトラックバック一覧です: YOKO KANNO SEATBELTS 「超時空七夕ソニック」:

« レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い | トップページ | カブトムシ »