« グランディアオンライン リリース | トップページ | センコロール »

2009.08.27

時載りリンネ!3 ささやきのクローゼット

現在5巻まで出ているこのシリーズですが、やっと三巻まで読み終えました。今までも良く書かれていましたが、今回は特に面白い。時砕きとなる式典から帰ってきた後のお話なのですが、時砕きとなるに当たり貸与された荷物の中に「魔法のドアノブ」を発見するところからこの物語が動き出します。このドアノブで開けた先は「塔」へ繋がるのですが、なんと!塔の中では24倍の時間の流れの差があることが分かります。つまり塔で6時間過ごしても、戻ってくると15分しか経過しないのです。(正確にはそうではないことが後でわかるのですが)そしてリンネと久高はその扉の向こうで一人の時載りの女の子に出会います。リンネと久高はその日を境に一日で+6時間の30時間を過ごす毎日を始めるわけですが、時載りとは言え小学生。一日30時間の毎日にたちまち体に影響が出始めます。その事が引き金となりその後塔で出逢った女の子の命の危険にまで事が及びます。一見すると違う世界通しの女の子が互いに魅かれ、仲良くなる話なのですが、その背景では、塔の住人と街の住人の事。時砕きの事。そして今後の時載りの未来に関わる一歩に繋がるそんな事まで感じさせるお話になっています。それこそ説明し出すと大変なことになるので興味のある方は是非手にとって読んでみて下さい。自信を持ってお勧めできる一冊です。

|

« グランディアオンライン リリース | トップページ | センコロール »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632151

この記事へのトラックバック一覧です: 時載りリンネ!3 ささやきのクローゼット:

« グランディアオンライン リリース | トップページ | センコロール »