« あま~いトマトゼリー | トップページ | Blu-specCD »

2009.09.12

青い花 最終回

 今期私が観ている作品の中でいち早く終止符を打った作品です。原作が終っていない中、どのように終らせるのか?とても興味のあった作品です。結論から言いますと、予想以上に綺麗な終り方を見せてくれました。原作にもバトンタッチできる完璧な終り方です。実はこの「終った」と感じることはとても重要な事で、原作に気を使うあまり中途半端になってしまったり、無理に違った道を作ってしまったりと原作ファンが失望する要因がこの辺に含まれて居たりします。そういう点でも見事な作品だったと思います。原作では最新刊で一歩踏み出した感もあるのでアニメは若干綺麗過ぎるかなといった印象も受けますが、その綺麗な部分にこそ焦点を当てたのであればとてもよく表現された映像が出来上がったのではないかと思います。内容こそ言葉で説明してしまうと数行で終ってしまう程のなんでもないものですが、映像から伝わってくる思いは11話を費やしても尚勢いを増し、未来に向って溢れ出す様な最後はとにかく見事でした。少女特有のキラキラした何かを情緒ある鎌倉の切抜きと共に織り交ぜた春の暖かさのような映像。原作ファンも納得の出来だったのではないでしょうか?

|

« あま~いトマトゼリー | トップページ | Blu-specCD »

アニメ」カテゴリの記事

百合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632168

この記事へのトラックバック一覧です: 青い花 最終回:

« あま~いトマトゼリー | トップページ | Blu-specCD »