« 葉桜が来た夏3 白夜のオーバード | トップページ | キャラソン »

2009.09.03

〝文学少女〟と恋する挿話集2

くぅ~~~~~。可愛すぎるhappy02もぅ何もかもが可愛い!特に今回は森ちゃんと反町くんにスポットが当たるのですが、それこそ本編の初めから通してALL森ちゃんと反町くんの視点からみた文学少女のレギュラー陣の動向が面白い!特に森ちゃん視点の琴吹さんですね。本編を知っているので残念なことになるのは分かっているのですが、それでも可愛いくてたまりません。あの時は心葉なりに本気で琴吹さんの事を好きだったのは分かるのでこうなってしまったのが本当に辛いですね。でも遠子先輩の事を思うともうどっちを応援していいのか分からなくなるのです。どっちも頑張れ!っていうのは無責任なのですが、本当にそんな感じです。しかも今回は琴吹さん視点の話もあり、より一層琴吹さんが好きになるのです。本当に琴吹さんには幸せになってほしいです。してください。お願いします。o(_ _)oペコッ 今回のお話を読んでしまうと尚の事琴吹さんLOVEな私としては新入部員菜乃は本当に鼻持ちなら無い存在なのです!でも外伝を読んでいるときは菜乃ちゃん可愛いんですよねcoldsweats01それにしても今回は本当に困りました。何処を読んでも可愛すぎて顔がニヤニヤしてしまうのです。電車で読むときは気おつけているのですが知らず知らずに・・・あはは。coldsweats01でもこんな作品に出会えたことは幸せですね。本編が割りと苦しい話が多いので、こうしてほわほわなお話が挿話集という形とはいえ読めるのですから。今回思ったのは、一巻から読み直したら絶対の面白い!ってことですね。その上でもう一度挿話集を読みたいですね。でも積読の山がそれを許してくれそうにありません(苦笑)いつかw

|

« 葉桜が来た夏3 白夜のオーバード | トップページ | キャラソン »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632159

この記事へのトラックバック一覧です: 〝文学少女〟と恋する挿話集2:

« 葉桜が来た夏3 白夜のオーバード | トップページ | キャラソン »