« デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム | トップページ | 葉桜が来た夏4 ノクターン »

2009.09.09

時載りリンネ!4 とっておきの日々

リンネ初の短編集です。この物語はヒロインであるリンネの友人である久高が書いているというのは前回語った通りで、今回の短編集にしてもその事は変わりありません。今回の物語も、机の整理をしていたら本書にならなかったメモやはしりがきが沢山出てきたという所から始まるのですからこの形式は徹底して貫くようです。で、今回の見所ですが、何と言っても凪でしょう!久高の妹であり、出番も口数も少ない彼女ですが意外と人気が高いというのは3巻目の著者の発言からも伺えます。人気投票したら3位には入るのではないかと予想。外見は無地のワンピースが似合いそうなストレートの黒髪おかっぱの無口な少女。しかしこの子の無口は性格ではなく、矯正されていると言うこと。「言霊」。正にこの能力が備わってしまった少女なのです。口に出したことが例外なく叶ってしまうこの能力を抑えるために言葉を発することを日ごろから禁止されている少し可愛そうな存在なのですが、月に一度「凪の日」というのが設けられ、この日ばかりはこの禁が解かれるというのですが、今までそういう日があると言うだけで詳細についてはふれられた事はありませんでした。が、今回の短編集で唯一リンネが登場しない話としてこの凪の日の話が語られるのです!更に巻頭のカラーイラストの凪のチア姿が超絶可愛いのです。いつも元気いっぱいの似合いすぎているリンネと一緒に描かれているのですがその対比がまたグーなのです。happy02残念ながら本編では実際に凪がチアの姿をすることは無かったわけですが。ちょっと夢を見せてもらいましたw
時載りの言霊使いと、ある意味どんな事でも許容できる作品なので、今後の展開が全く想像できませんwさて本当にどうなるのか?楽しみです。

脳内キャスト
リンネ:折笠富美子
凪:花澤香菜

|

« デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム | トップページ | 葉桜が来た夏4 ノクターン »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632165

この記事へのトラックバック一覧です: 時載りリンネ!4 とっておきの日々:

« デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム | トップページ | 葉桜が来た夏4 ノクターン »