« under 異界ノスタルジア | トップページ | 太陽のトマト麺 NEXT »

2009.10.03

CONTINUE

真田アサミさんが客演で出演されると言うことで、UltimateGamesによるラゾーナ川崎プラザソル3周年記念公演「CONTINUE」を観てきました。ひょんな事から招待を受けた8人の参加者。このゲームの優勝者には望んだCONTINUEの権利が与えられると言うのです。プレイヤーは精神をゲーム内にダイブさせ、自分のバトラーを操り戦う対戦格闘ゲームのモニターというのが説明された内容でしたが、完璧すぎるが為に消去されたはずのラスボスとして作られたキャラクターがゲームを乗っ取り、倒さなければ現実世界に戻れないといったストーリーです。まぁ割と最近ありがちなモチーフではあるのですが、見事だったのはプレイヤー8人、バトラー9人それぞれ参加した思いや背景をしっかりと語り、尚且つ全員で悪を倒すなんて単純なものではなく、裏切りであったり、自己の欲求のままに行動するもの、仕組まれた罠、秘めた思い等など8人それぞれ思いによる終わりを予測させない巧なストーリーはなかなか面白かったです。とにかく出演者が多く、最大で20人以上が是舞舞台で大立ち回りをするのですから初めはごちゃごちゃしていて大丈夫なのかなとも思いましたが、そこも上手く二手、三手に分けたりと上手い場面展開で上手く見せていました。また、格闘ゲームをモチーフにしている為、アクションがとにかく凄かったです。あと特筆すべきは舞台効果ですね。舞台がゲーム画面と言うこともあり、端々でゲーム的効果が駆使されていて、本当にゲーム画面を見ている感覚でした。特にオープニングはゲームのデモを見ている様でとても面白かったですね。で、肝心の真田アサミさんですが、ラスボスへの転送路を開いてくれる泉の精ウンディーネの役でした。こちらは完全な客演扱いで、小ネタ満載の小休止ともとれるコーナーで、まぁ転送するのに泉の穢れが~みたいな流れから浄化する為に物真似大会が始まり、アサミさんの主なキャラによるむちゃくちゃな朗読wに、告知宣伝なども交えたショウでした。まぁ個人的には楽しかったのでいいのですが、折角なのでアクションも見せて欲しかったなとwただ、久しぶりにわくわくしてる感じの楽しそうなアサミさんを見れたのは良かったかな。

|

« under 異界ノスタルジア | トップページ | 太陽のトマト麺 NEXT »

イベント」カテゴリの記事

真田アサミさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632177

この記事へのトラックバック一覧です: CONTINUE:

« under 異界ノスタルジア | トップページ | 太陽のトマト麺 NEXT »