« くじびき勇者さま 11番札 誰が真くじびき聖女よ!? | トップページ | マジカルパンプキン44キロ »

2009.10.07

CEATEC JAPAN 2009

今年も行ってきました。今年目だったのは3D映像、4K2K、ECO、ですかね。そんな中でも人目を引いたのはYAMAHAの未夢ちゃんでしょうか。ぱっと見人間と見紛うリアルさです。最新のボーカロイドに合わせて歌う姿は人間そのものでした。YAMAHAといえばもう一つ。CEATECの10年の歩みを展示してあるコーナーで、布素材そのものがスピーカーなのでしょうか?十年分のタペストリーのようになった紹介パネルから音が出てるのですが、物凄く指向性が強く、正面では聞こえるのに隣に異動するともう正面の音しか聞こえないのです。これだけ指向性が強いと、パネル展示なんかには凄くいいですね。あと個人的にはCELL REGZAですねー。これは欲しい。今回は3Dも多かったですね。ただ、なんか飛び出すほどに薄っぺらく見えてしまうんですよね。一番自然だったのはソニーかな。迫力があったのは三菱かな?三菱といえばポスターの代わりになる有機ELディスプレイ出してましたね。どっかで見たことあると思ったら、秋葉原の電気街口出たところにあるポスター型のディスプレイってもしかしてこれじゃないんですかね。兼ねてより有機ELのこういった使い方に関心があったのでいよいよ来たなという感じでした。有機ELの応用といえば、ソニーでも折れることを前提にしたノートブック型の試作品や、湾曲したブレスレットぶうのモニタなど、未来を感じさせる展示物がいくつかあったのも今後の期待に繋がります。そういえばPanasonicでISPαパネルの試作機が展示されていましたが、横スクロールのデモンストレーションにうっとり。SEDの復活は待ち望みたいのですが、これならちょっと考えてもいいかも。と、まぁそこそこ楽しめたのですが、今回は不景気だけあって出展社数も減ったかな?前回では幕張メッセ全体を使用しての大規模なスケールだただけに、ちょっぴり寂しいですね。特に音響関係のメーカーの出展が無かったのは残念でしたが、それでも丸一日使って全て見切れない程のボリューム感です。でも、来年はもっと活気に溢れたショーを期待したいですね。

|

« くじびき勇者さま 11番札 誰が真くじびき聖女よ!? | トップページ | マジカルパンプキン44キロ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46632182

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC JAPAN 2009:

« くじびき勇者さま 11番札 誰が真くじびき聖女よ!? | トップページ | マジカルパンプキン44キロ »