« シュガーダーク 埋められた闇と少女 | トップページ | あずけて!時間銀行 ご利用は計画的に »

2009.12.06

マイマイ新子と千年の魔法

二日前の金曜日に友人から「片渕須直監督の映画は観に行かないんですか?」の一言に「えっ!?そんなのやってるんですか!!?」と聞き返したのが私です。すいません知りませんでした(汗)しかも「アリーテ姫」が好きな人には割りと好評なのだという事を聞いては「アリーテ姫」好きを自負する私が観に行かない訳には行きません。と、いう訳で早速観てきました。

これはヤヴァイ・・・・。好き過ぎる!何だこれ?説明できないwwとにかく何にも無いお話です。空も飛ばなければ変身もしません。時は昭和30年。昔、周防の国と呼ばれた土地(今で言うと山口県ですね)の人々を描いているだけの、ただそれだけの作品です。だけどエンディングテロップを見ながら涙が止まらない自分がいました。別に大泣きするとかではないのです、でも目の端に涙が溜まるとかでもなく、とにかく泉の如く湧き出してくるのです。自分でも「え?何で?」という状態なのですからどうにもなりません。(汗)劇中の印象的な台詞で「もっといっぱい遊ぼう。子供に遊びを教えられるように」といったニュアンスの台詞があるのですが(もっとカッコイイ台詞だったw)、この一言が本編中にちりばめられていたパーツを一瞬で網を広げたかのように繋がって見えました。母の思い。父の思い。その父や母のその前も。そして新子や貴伊子達の未来にまで想像が繋がるようなそんな感覚です。そして今の子供達の事を思いました・・・・。恐らく人によっては何でもない何も無い映像だと思います。でも今のお父さんお母さんと呼ばれる人には是非とも観てほしい映画ですね。是非親子三代で観に行く事をお勧めします。^^そして千年の魔法を感じるならTVではなく劇場での視聴を強く薦めたいです。そして一人でも、二人でも、千年の魔法を感じてくれたらいいなと思います。きっと心が穏やかに、そしてちょっぴり優しくなれる魔法ですよ^^

残念ながら各館でも大きな扱いをしていないので、興味のある方はお早めに。
「マイマイ新子と千年の魔法」公式サイト:http://www.mai-mai.jp/index.html

|

« シュガーダーク 埋められた闇と少女 | トップページ | あずけて!時間銀行 ご利用は計画的に »

アニメ」カテゴリの記事

マイマイ新子」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

まよいマイマイだと思ってしまいました。
すみませんcoldsweats01

投稿: ぽよん | 2009.12.06 23:08

意外な話題で意外な人が釣れたと思ったらまさかボケで攻めてくるとはwまよいマイマイも良いですが、マイマイ新子も良い映画ですので是非劇場に足を運んでみてください。^^ちなみにこのマイマイとは南アフリカマイマイのマイマイではなく、つむじの事です。前髪につむじのある女のこのお話です。
P.S とうとう今月ですよ。なでこw

投稿: Poi | 2009.12.07 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/46950524

この記事へのトラックバック一覧です: マイマイ新子と千年の魔法:

« シュガーダーク 埋められた闇と少女 | トップページ | あずけて!時間銀行 ご利用は計画的に »