« マイマイ新子と千年の魔法の興行振るわず? | トップページ | 姫宮さんの中の人② 夏盛りオレンジシャンプー »

2009.12.14

ソードアートオンライン3 フェアリィ・ダンス

来ました3巻目!私が明確に続きを待ち望んでいる作品というのはそんなに多くある訳ではないのですが、この作品は間違いなくその中に入る作品です。さて、今回はとうとうリアルに触れます。これまでナーヴギアによりネット世界で虜囚となり、クリア以外でのリタイヤはナーヴギアにより脳が焼かれると伝えられただけで、これまで本当にリアルで死人が出ていたのかは分かっていませんでしたが、キリトがゲームをクリアし、目覚めた事によりそれがとうとう明らかになりました。やっと取り戻した日常でしたが最愛のパートナーであるアスナの意識が戻らない。そんなこんなで悶々としているとアミュスフィアというゲーム内にアスナそっくりのキャラクターが居るとの知らせが!このゲームはキリト達が囚われている間に開発されたゲームで、後に分かるのですが基礎があの悪夢のシステムソードアートオンラインのコピーであることが判明します。そして何者かの悪意により虜囚となり続けているアスナを助ける為にキリトが再び電脳世界へ赴きます。といった内容なのですが、とにかくオンラインゲームのツボをおさえており、ただの空想ファンタジーよりもシステムで実現しているという設定だけにより身近に感じられるが故のワクワクドキドキ感と、私自身7年半のFFXIの実績と経験に裏打ちされた感覚(オンラインゲームの魅力)と、小説というメディアだからこそのエンターテイメント感が程よく表現されています。そして毎回思うのが不安要素に対する気持ちの誘導が特に上手いということ。想像力のある人程余計に最悪のケースを思い描いてしまい、最小の切り口で最大の効果を引き出していると感じます。今回でいうとオベイロンがアスナに向って心を書き換える事が出来るシステムの実験の事を吐露するシーンですね。そしてその不安を土台にし、それを上回る爽快感とで絶妙なバランスをとっているのです。WEBで人気を誇ったというのも頷けます。しかし!今回はなんと続き物!!次回は来年の夏!!!待てない!!!!crying後半年待つなんて何という拷問・・・。なるべく早めにお願いします。

脳内キャスト
ユイ:豊崎愛生

|

« マイマイ新子と千年の魔法の興行振るわず? | トップページ | 姫宮さんの中の人② 夏盛りオレンジシャンプー »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/47033659

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアートオンライン3 フェアリィ・ダンス:

« マイマイ新子と千年の魔法の興行振るわず? | トップページ | 姫宮さんの中の人② 夏盛りオレンジシャンプー »