« ほうかごのロケッティア | トップページ | 関口知宏のOnly1 »

2010.01.09

マイマイ新子 追加上映開始

昨年、阿佐ヶ谷のラピュタにて8日間限定でレイトショーを行い、超満員で幕を降ろした「マイマイ新子と千年の魔法」の上映。熱いアンコールに応えて追加の上映が決定したというのは先日ご紹介した通りですが、本日より20日間の上映が開始されました。昨年の8日間の中では行く事が叶わず残念な思いをしましたが、約一ヶ月ぶりに再びスクリーンで観るという願いが叶いました。チケットの方はというとやはり完売だったのですが、どうやら18:00くらいまでチケットは残っていたそうです。初日で土曜日で片渕須直監督の挨拶がある状態で夕方まで残っていたというのはなかなか良い傾向ではないかと思います。これなら平日の仕事帰りにというのも叶うのではないでしょうか。会場ではグッズの販売も行われており、パンフレット、サントラCD、エンディングの入ったコトリンゴさんのアルバム、マイマイ新子の文庫、ほうふ日報と、盛り沢山。中でもサントラCDは取扱店も少ないのでこちらで購入されるのが宜しいかと思います。それと目玉としてはほうふ日報です。こちらはマイマイ新子の舞台である防府の新聞で、今回売っているのは2010年1月1日発行のもので、6頁にわたってマイマイ新子の総特集となっています。その他設定となっている昭和30年から10年間の防府の年表が10頁に渡ってまとめられており、資料的価値の高いものに仕上がっています。一部200円と値段もお手頃でお薦めの逸品です。劇場はというと48席と聞いては居ましたが、補助席に階段に座布団を敷くなどして超満員常態でした。備え付けの椅子は座り心地も良く、割と快適でした。スピーカーは見えるだけで11個壁沿いをぐるっと囲んでおり、狭いながらも空間を活かし、拘りを感じる劇場でした。上映の方は未だ映像の方は十分綺麗ですが、途中ヘロった箇所がありました。上映終了後に片渕須直監督の挨拶があったのですが、手にはマイマイ新子のブルーレイを持って登場!えっ!?と驚いていると背表紙がブラックラグーンwwどうやら表と裏だけ手作りした様ですwちなみに気になるメディア化の情報は今の所一切無いそうです。残念・・・。初めてお会いしましたが、こういった茶目っ気もある方なのですね。始終再び劇場での公開の機会が与えられた事への感謝の気持ちを語ってらっしゃいました。そして、無理せずゆっくり観られるようになって欲しいとも。それこそ会社帰りに映画でも観て帰るか位の気軽さで観れるようにしたいと。最後は関東一本締めで終了となりました。帰り際には劇場公開の祭にそれぞれの劇場で配っていたトートバックを貰いました。関係各所からかき集めて来たらしく、この連休3日間分は確保したそうなので月曜までは貰えると思われます。とりあえず再び観る事が叶いましたので後はなるべく初見の方に見て貰いたいので、今後再び観るとしても仕事帰りに空いていたらというスタンスで行こうと思います。

P.S 新子のお母さんが可愛い!(爆)

|

« ほうかごのロケッティア | トップページ | 関口知宏のOnly1 »

アニメ」カテゴリの記事

マイマイ新子」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/47249819

この記事へのトラックバック一覧です: マイマイ新子 追加上映開始:

« ほうかごのロケッティア | トップページ | 関口知宏のOnly1 »