« 笑わない科学者と時詠みの魔法使い | トップページ | 日本の注目若手作家たち »

2010.05.24

親知らず

 本日、親知らずを抜いてきました。しっかり歯茎の中で真横に生えたこの親知らず、以前全く同じ状態で反対側を抜いた時、2,3時間掛かったうえに神経を切ったらしく、舌の右側が麻痺するというとんでもない治療をされて以来(14年経過した今でもしびれた感じが治らない)、痛くなっても騙し騙し来たのですが、放って置いても歳を取るほどに厳しい状態になっていくと思い思い切って抜くことにしたのですが、切開し、しばらくするとやっぱり取れないらしく削って砕き始めます。10分が経過し、20分、30分、だんだんと14年前の事が脳裏を過ぎります。結局方法は14年前同様にバラバラに砕いて取り出すことになったのですが、とりあえず麻酔は1本で済んだし、時間も1時間くらいですかね?とりあえず神経も大丈夫そう。しかし長いのは辛い。それだけが辛かった。(ーー;とりあえずレントゲンを見る限りはこれが最後の親知らずっぽいのでこの治療が終われば一安心といったところでしょうか。

|

« 笑わない科学者と時詠みの魔法使い | トップページ | 日本の注目若手作家たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/48449829

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らず:

« 笑わない科学者と時詠みの魔法使い | トップページ | 日本の注目若手作家たち »