« いばらの王 | トップページ | ぱよぱよ公開録音 »

2010.05.01

お釈迦さまもみてる 自分応援団

 今回のお話は一年の体育際です。マリアさまとの時間軸でいうとリリアンでの銀杏王子の前くらいですかね。丁度リリアンから柏木さん宛てに演劇の王子さま役の依頼がきたところなので、未だマリアさまの本編がスタートしてない頃のお話です。ですからちょこっと出てくる姉の祐巳は未だ山百合会とは何の関わりも無い普通の一般生徒なんですよねw
 内容としては体育祭とショーネンとユキチの喧嘩?のお話です。内容についてはこれ以上書けないのでここまでにしておきますが。
 本当にこのまま書き続ける気満々ですね「釈迦みて」。個人的には断然マリみての方が好きなので、新刊が釈迦みてだと少しがっかりするわけですが、その分マリみてだと嬉しさも格段に上がる訳で、更にこの前の「マイネスト」のような傑作だと尚更ですね。釈迦みてを否定するつもりはないですが、好みがあるのは仕方ないですよね(^^;さて、次はどちらでしょう?

|

« いばらの王 | トップページ | ぱよぱよ公開録音 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/48274567

この記事へのトラックバック一覧です: お釈迦さまもみてる 自分応援団:

« いばらの王 | トップページ | ぱよぱよ公開録音 »