« 親知らず | トップページ | 神さまのいない日曜日Ⅱ »

2010.05.25

日本の注目若手作家たち

 10th LAPUTA ANIMATION FESTIVAL 2010行ってきました。とりあえず気になっていた「日本の注目若手作家たち」を観たのですが。・・・・・。これは、難易度高過ぎでしょう。素人意見としての純粋な感想を言わせてもらいます。何か訴えたい主題があるものと思いますが、理解出来る作品があまりにも少なかった。デヴィッド・オライリーや、植草航の「向ケ丘千里はただ見つめていたのだった」はまだ理解の余地があったのですが・・・。理解できない私がレベルが低い?残念ですが私は芸術家気取りの映像作家といういうふうにしか感じられませんでした。やっぱりメッセージは伝わってなんぼだと思うのですよね。

|

« 親知らず | トップページ | 神さまのいない日曜日Ⅱ »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/48465224

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の注目若手作家たち:

« 親知らず | トップページ | 神さまのいない日曜日Ⅱ »