« 初音ミク -Project DIVA- もっとおかわり、リン・レン ルカ | トップページ | 水野愛日トーク&ライブ「がる☆ぱ Vol.1」 »

2010.07.03

宇宙ショーへようこそ公開から一週間経過

 木曜あたりでどうやら土日の興行収入の発表があったようですが、まぁ思った通りと申しますか、興行は振るっていませんね。口コミで巻き返せればいいのですが、果たしてそれもどうだろうなという感じもしています。当サイトへの検索キーワードのランキングを見ても一目瞭然で、「宇宙ショーへようこそ」でやってきた人は公開から3,4日といったところで、一週間を過ぎた状態では程んど居ない状態でした。まず映画という媒体は現在の呉楽が過多な時代において、合っているとは言い難いですね。正直、時間を合わせて劇場へ足を運ぶだけでも大変なことだと思います。ましてや「宇宙ショーへようこそ」って何?聞いたこと無い。舛成孝二、誰?かみちゅ!の監督、かみちゅ!って何?とくるのは致し方ないでしょう。オリジナル作品の難しいところではあると思うのですが、とりあえずこれだけは言いたいかな。ジブリ以外のアニメ作品は国民に受け入れられないのか!?と。

 結局公開一週間で土、日、水と3回観に行った訳ですが、この作品は間違いなく1回目よりは2回目の方が楽しめる作品だと思います。裏を返せば、一回では情報量が多すぎて消化不良を起こしてしまうかもという懸念があるからです。しかしそれは一度で隅々まで見ようと構える所為で、そういった方は元より大きなな期待をもって見る人だと思うので、その中の多くはの人は恐らく2回以上劇場に足を運ぼうという方々でしょうwなのでもしかしたらこんなに考える必要はないのかもしれません。内容自体は難しい訳ではなく、とても日常的な話題を宇宙へ出しただけであり、メッセージ性もしっかりと分かりやすいものになっているので、親子で見に行っても楽しめると思いますし、友人や、恋人同士なら尚のこと楽しめるのではないかと思います。物語は王道ですw王道だからこその熱さや、ワクワク感や、そういったものを観た人には楽しんでもらいたいと思います。

 私自身は舛成監督作品はココロ図書館以来のファンなので、正直なところ、冷静には判断できない部分もあると思うのです。とりあえず気心の知れた友人とこの映画に心ゆくまで語り合ってみたいですね。良しについても悪しについても。まずは観てもらうところからかw

|

« 初音ミク -Project DIVA- もっとおかわり、リン・レン ルカ | トップページ | 水野愛日トーク&ライブ「がる☆ぱ Vol.1」 »

アニメ」カテゴリの記事

宇宙ショーへようこそ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/48790701

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙ショーへようこそ公開から一週間経過:

« 初音ミク -Project DIVA- もっとおかわり、リン・レン ルカ | トップページ | 水野愛日トーク&ライブ「がる☆ぱ Vol.1」 »