« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010.08.28

ルー=ガルー

 観てきました。場所は新宿バルト9。以前バルト9で宇宙ショーへようこそを観に行ったときに予告を観て気になった作品なのですが、正直直前まで見に行くか迷っていた作品でもあります。

 世界観としては近未来。食事は全てひまわりを原材料にした合成食料で、その技術に成功した人物が世界中の飢餓を救い、そして全てを管理した街を創り上げた。住民登録と同時に端末を持ち、街中でも家の中ですらカメラに監視され、管理されるのが当たり前になっている世界。そんな中で始まる少女達の物語です。

 結論から言うと、物凄く面白かったです!かなり好物です。友情と、生命をテーマにした作品で、先日観たカラフルとテーマこそかぶっているのですが、こちらの作品の方が前向きで凄く好みでした。(コレを観たときに、カラフルが好きになれない理由が分かったような気がしました。リアルすぎて気持ち悪いのです。まるで現実のニュースを見ているような感覚です。まぁこの話は置いておいて)
 まず拐われてた矢部祐子を救出し、同じ班の4人+1人が集まり始めて落ち着くシーン。集まろうとする切っ掛けも、班での発表会の出し物を決めようというどうでもいい理由から、祐美の救出にまで及ぶのですが、コミュニケーション生涯である牧野葉月が皆を友達であると認識するこのシーン。恐らく14歳にして人生始めての友達と言える存在です。文字通り踊ってしまう程の嬉しさが伝わってきて凄くワクワクします。今まで管理され、規則通りに過ごしてきた葉月が、システムをちょろまかし外出禁止令の出ている夜中に毎晩4人+1人で集まる24:00までの一時の楽しい感じが物凄く伝わってくるいいシーンです。そしてそれぞれの価値観も次第に変わっていくのが伝わってきます。
 しかし、匿っていた祐子が家へ帰りたいと言い出し、命を狙われていて、その犯人が逃走中である現在、家へ帰るのは危険だと主張。しかし祐子のたっての希望でもあり一芝居を打ってセキュリティーサービスに祐子を引き渡すことに成功するのですが祐子は翌日死体で発見されます。一連の連続殺人と同様に臓器の一分を抜かれて。そして次々と襲われる面々。何かとてつもなく大きな権力が暗躍しているのに気が付き、それに立ち向かう為にライフラインでもある端末を投げ捨て敵の本拠地へ向かうシーンは、いままで何の疑問も持たずに生きてきた葉月が世の中に疑問を感じ、その理不尽に立ち向かおうと一歩踏み出すシーンであり、色々な思いがぐるぐると回りました。凄く好きなシーンです。

 この友達感もそうですし、自分に力が無いと分かっていても友達という大事な存在と、何よりも自分の為に、自分よりも大きな存在へ立ち向かおうとするこの姿勢にアキハバラ電脳組を思い出しました。その他「ともだち」というサブタイトルの話を持っている様々な作品が思い浮かびました。個人的にはかなり好きな部類の作品でした。観に行くか迷っている方は是非観に行かれては如何でしょうか?上映館数が少ないのが難点ですが、お勧めの作品です。夏の思い出に映画館に足を運んでみては如何でしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.25

隙間女

 短編5本のオムニバス。妖怪、都市伝説、怪奇現象といったオカルト系の題材を、可愛らしくアレンジしたハートフル(ラブ)コメディです。タイトルになっている“隙間女”は1編目と、最終の5編目に収録されており、実に可愛らしい隙間女が描かれています。少し内容をご紹介しますと、人間の食べ物をつまみ食いしているうちに人間台にまで太って隙間に入れなくなってしまった隙間女「針美」のお話です(笑)更に針美が隙間女として侵入した家の家主はぽっちゃりした体系が好みで針美に毎日食事をさせて肥えさせる日々。果たして針美は隙間女としての存在意義を全うできるのか?する気はあるのか!?(笑)といった内容。他にも深夜、鏡から現れた魔女が包丁で切りつけてくる話や、おでこに出来た口だけの人面疽の話。苗字が花粉(はなこ)なだけで死後、誤ってトイレの花子さんにされてしまった男の話などなど。怖い話は苦手だけど、可愛い話は好きという方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.22

魔法の材料ございます4 ドーク魔法材料店三代目仕入れ苦労譚

 とうとう王宮がシャルトに刺客を差し向けます。娼婦を使って、子供を使って・・・。子供までもを使う非道な行いにシャルトが切れて組織の壊滅!更には王宮へ宣戦布告!今まで孤独な戦いを行ってきたシャルトですが、とうとう組織の長に祭り上げられます。更に裏で進められる策謀の数々。次回からは組織力を使った戦いに発展する予感です。刊行が密かに楽しみな一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.21

Colorful

 観てきました。場所はお馴染みMOVIXさいたま。初日という事もありそこそこお客は入っていた様です。

 さて、何かの罪を犯して死んだ何者かが自殺した少年に入らされ、その人物として過ごし、期限内に自分の犯した罪を思い出すという内容のお話です。森絵都さんの原作「カラフル」の映画化ではあるのですが、正直何も得るところがなかったのは残念としか言いようがありません。メッセージ性としては当たり前のことであり、映画中で感じられたことの全てが既に自分の中にあったというか。カラフルが出版された1999年、世紀末、または21世紀を目前にしたこの年であればセンセーショナルな内容ではあるのでしょうが、2010ともなった今では当たり前の事になり過ぎていて驚きが感じられませんでした。何故今映画化だったのか?否、自殺の原因となったあの出来事が当たり前のように横行している現在だからなのか・・・・・・?

 食事のシーンが多くあり、それが物語の大切な部分を描いているのに、その食事が全く美味しそうではないのは残念でした。自殺の原因でもある母の汚らわしい手で作られた料理である事の表現方法としてそう見せているのであれば成功なのかもしれませんが。確かにそれを思わせるシーンはあるのですが、食べ物自体が美味しそうに見えない事についてはそうは思えないですね・・・。

 実在のロケ地を使用するのが当たり前となった昨今。最近ではアニメでしか表現できないものとして時代により失われたものの表現というのが増えてきている気がします。(マイマイ新子、かみちゅ!等)今回で言えば廃線となった道筋を思い浮かべながら辿るシーンですが、表現としては悪くないのですが、何故電車がCGだったのか?ちょっと違和感を感じたシーンでもありました。

 あと、TVCM!公開直前になって最後に1カット挿入されたシーン。あれで話の結末に予想が付いてしまったのは残念でした。劇場へ足を運ばせる為のインパクトは必要ですが、それが作品の足を引っ張ってはいけないと思うのです。先日観に行ったアリエッティでも「君たちは滅びる運命だ」云々は好きではありません。CMでは余計な一言に思えてしまいました。かと言って、マイマイ新子の様に全くCMを目にしなかったというのも問題です。いくら良質な作品を作っても、宣伝プロデュースが失敗すれば興行は失敗に終わります。映画の予告という意味でのプロデュースの難しさを再認識した一件でした。

 決してつまらないという訳ではなかったのですが、私的には大手を振って面白いと言える作品ではなかった。というのが正直な感想でしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.18

ソードアート・オンライン5 ファントム・バレット

 前回の4巻でアスナの救出により一連のソードアートオンライン事件は終わりを迎えました。1stシリーズではデスゲームの終わりを求めて、2ndシリーズでは開放されなかったアスナの救出と、常に大事なモノを守ってきたキリトですが、それが守られた今、何を理由に戦うのか?と不思議に思っていたのですが、この5巻目が発売されてそれが明らかになりました。建前的には国のエージェントである菊岡さんの頼みを受けた形ではあるのですが、その真の理由はシードシステムを世に放った者としての責任といった所でしょうか。そんな訳で今回は一味違ったシリーズとなりそうです。まずジャンルがFPSであること。私自身がFPSをあまり好んでやらない為に現在のシステムがどの程度なのかは分からないのですが、これまた魅力的に描かれています。サイトの照準の大きさが心臓の鼓動にリンクしてその大きさを変えるというのはなかなか面白そうだなと、メタルギアソリッドの心臓の鼓動で照準がブレるあのシステムを思い出しましたwそして今回はキリト以上に今回のシリーズのヒロインとなるシノンの紹介と、その舞台となるガンゲイル・オンライン<GGO>の紹介が半分以上を占めていたという感じですね。新シリーズなので仕方ないのですが、キリトが出てくるまではしばらく読み進めなければいけなかった為、まだかなまだかな?的な欲求は強めに出ました。しかしながら登場するやキリトの「男の娘」や、ガンシューティングなのにサーベルを主武器にしてしまう等一気にテンションが跳ね上がりましたwそして予想通り弾を切る切るwww今回は予選のみでページが無くなってしまいましたが、次回の本線と、今回の目的である死銃<デスガン>の正体と決着は如何に!?といった感じでしょうか。そしてその6巻は冬頃発売予定!発売が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.14

悪魔が来りて笛を吹く

劇団ヘロヘロQカムパニー第二十四回公演 横溝正史原作の「悪魔が来りて笛を吹く」を観てきました。場所は以前「八つ墓村」の公演を行った吉祥寺の前進座劇場です。最近小劇団を点々と観ていたこともあり、改めてヘロヘロQの規模の大きさを目の当たりにしたと言いましょうか。贈られた花の数や、クレジットされている裏方の数を見るだけでもその大きさが伺えます。

 今回見に行こうと決めたのは客演で沢城みゆきさんがまた出演するという事を聞いたからなのですが、今回も規模の大きさと完成度の高さに驚かされました。まずセット。今回は背景であるセットを回転扉式で3面。館のリビングと、リビングの階段上から繋がる椿英輔の部屋兼温室に変わる多目的セットと、石ブロック調の壁となっている多目的セット。これが代わる代わる展開していき、表に来る度に異なる場面を表現します。気にしてみていないと「えっ?こんな巨大なセット、一体幾つあるの?」と思わせる変貌。それに加えてスクリーンを使った投影による視界での場面説明。とても面白いものを見せてもらいました。

 芝居内容に関しては皆さん素晴らしく、特に今回犯人であるところの三島東太郎役の小西克幸さんのクライマックスにおける迫真の演技に心を揺さぶられ、一挙手一投足台詞の一言一言から目が離せませんでした。本当に良い芝居を見せてもらいました。そして今回の沢城さんの役どころは依頼人でありヒロインである椿美禰子、これも凄かった。前回観た八つ墓村とは比べるべくもない程の上達ぶりに心底驚かされました。ヒロインとしての長台詞も当然凄いなと思うのですが、とにかく感情が自然に表現されており、ヒロインの貫禄すら感じるほどでした。その他の出演者も当然の如く素晴らしく舞台全体の完成度は相当高いものでした。また、今回2回目となる金田一シリーズ。警部や、先生等シリーズ通して同じ人物に対しては同じキャストを配する等、今後のシリーズ化を予感させる舞台でもありました。毎回とは言いませんが、今後も客演次第ではまた観に行きたいなと思う良い舞台でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.12

“菜々子さん”の戯曲(シナリオ) Nの悲劇と縛られた僕

第13回学園小説大賞「優秀賞」受賞作品。
正直読み辛いです。なのでものすごく時間がかかりました。まず冒頭で菜々子さんを説明するページが永遠と続きます。コレは外面での菜々子さんでしかなく、結局のところ一冊使って菜々子さんを表現した作品とでも言いましょうか。言い回しやら何やらとにかく面倒くさいのですが、読み進めるうちに菜々子さんの魅力がじわりじわりとにじみ出てくるそんな感じなので、読み終わってみると不思議と不快さは無く、むしろちょっぴりゾクゾクするというか、ちょっといいな菜々子さんみたいな。そんな感覚を味あわせてくれる不思議な作品です。タイトルにシナリオと付いているだけあって、読み手も菜々子さんに知らずに誘導されそうになります。ただ受けるだけではなく、考えながら、そして自分のシナリオを構築しつつ読んでみると面白いかもしれません。作品の内容には触れませんので気になる方は読んでみては如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.09

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~

 劇場公開中に存在は知っていたのですが、メインビジュアルに魅力を感じなかったことと、物語の内容を匂わせるキャッチが目に届かなかった事、フルCG作品が苦手な事もありスルーしてしまった作品。その後、観に行った友人から面白かったとの情報は得つつもなかなか手が伸ばせなかったのですが、先日モントリオールファンタジア映画祭2010で審査員特別賞を受賞したこと。更に他の受賞作の中に『マイマイ新子と千年の魔法』、『サマーウォーズ』と私の感性に合った作品が名前を連ねていたこともあり、観てみることにしました。

 無くした物があったときにお稲荷様に卵を供えると出てくるという埼玉県入間市の民話をモチーフにした作品で、実は狐が人間がほったらかしにした物を拾い集めて、人知れず世界(ホッタラケの島)を構築している。というのがベースになっており、その主軸になるのが主人公の遥で、子供の頃に大事にしていたお母さんの形見である手鏡を探す為にお稲荷様に卵を供えにやってくるのですが、そこでホッタラケの島に迷い込み、大冒険の末に手鏡を探し出すというお話です。

 遥の幼少の母親の思い出から物語が始まるのですが、冒頭の10分で物語に引き込まれました。特に2段階の時間軸を経ての現在に至るシーンだけで色々な思いが駆け抜けます。高校生になって、父親に突慳貪な態度をとる事すらもいとおしい感覚というのでしょうか。遥というキャラクターを構成する情報がふんだんに詰まった冒頭です。(ここ迄でもう既に一回泣いていますw)友達が来ているのに突然「おばあちゃん家に行く!」とか言い出したのには吹き出しましたがwまた、フルCGとうたわれていたので、さて自分は受け入れられるのかな?と心配だったのですが、絵本調の絵から始まり、こういう表現もする作品なのねと思った瞬間に受け入れられた気がします。その後の背景とキャラの融合がコレなら有りだなと思ったのも大きいですね。その後はCG云々というのはあまり気にならなくなってました。

 その後異世界に迷い込む訳ですが、暗いトンネルを抜けた後に光と共に広がるホッタラケの島はワクワク感を刺激させられましたし、異世界でありながら人間界の物(知っている物)で構築された世界というのは、最近観た借りぐらしのアリエッティーを思い出しました。埼玉国体のキャラクターから県のキャラクターに昇格したコバトンのイラストが壁になっていたのは笑いましたがw

 コットンとの出会い。男爵という明確な悪役の存在。最終局面において色々な人々の協力も世界観だけでなく物語そのものを盛り上げてくれたのも良かったですし、鏡に宿った思い出という魔法がギクシャクとしていた父と娘の関係を修復してくれる件も物語の最後に温かみを添えてくれます。笑いあり、涙あり、ドキドキや、ワクワクなど様々な思いが詰まった良作。そんな大相に面白かった。絶対お薦め等と言う気はありませんが、観終わった後に心の片隅にポッと温かさが生まれるようなそんな作品です。ノイタミナ以降のフジテレビのアニメーション作りの姿勢を再認識出来た素敵な作品でした。

 但し、貸してもらったブルーレイのパッケージからは作品への思いが全く感じられないのは残念でした。まず「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」の一文字もパッケージには記されていません。英名が書かれているだけで、あとは白地に遥とテオが描かれているだけです。コレでは店舗の棚に置かれていても本作品を見つけ出すことすら出来ないでしょう。フジテレビの開局50周年の作品ということもありBD化はされたのかもしれませんがこれはあんまりですね。

 あとは宣伝プロデュースの難しさでしょうか。記念作品という事もありTVCMも沢山の種類が作成されてようですが、本作品を観てからの感想になりますが、アクションシーンのみで構成されたCMは興味が持てませんでしたね。興味を覚えるだろうなと思えるCMは1割位でしたね。私の場合、キャラがあまりにもCGくさい作品だった為にそこで線を引いてしまった感は否めないのですが、もう少し鏡の存在をアピールした構成、特にメインビジュアルのポスターはもう一種類くらいあっても良かったかなと思いました。ここ一年程で、好きだけど世間にあまり認められていない作品を立て続けに出会っているだけに宣伝プロデュースという仕事の大切さを実感したそんな作品でもありました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010.08.07

マイマイグラス

届きましたヽ(´▽`)/
まさか両方当選するとは思いもよりませんでした。台本に引き続きなんかレアなモノが集まってきました(^^;当選者の責務として大事にしたいと思います。

個人的には「麦」の方が好きかな。いつかコレで何か飲みたいですw

Maimai0001 Maimai0005
Maimai0006 Maimai0013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.05

サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ

 劇場公開から1年。今年の夏もやってきましたサマーウォーズ!何と今度は小説で。内容は映画のあの事件の3ヶ月前のゴールデンウィークでのお話です。主人公は佳主馬。4度目の防衛戦と時を同じくした時の出来事です。細かいことは書かないので興味のある人は読んで欲しいですね。勿論栄おばあちゃんは出てきます!やっぱりこのおばあちゃん好きです。おばあちゃん出てくるだけでテンション跳ね上がりますからね。最高です。作中にミリオンダイスのゲームをするシーンが出てくるのですが、著者である土屋つかさ氏の他の出版物を読んだことがある人ならばニヤリとするシーンですw実に土屋つかささんらしいなと思いました。全体的にサマーウォーズのテイストなので面白いのですが、個人的にはKKの正体はちょっと出来すぎ、無いなと思いました。責めて佐久間くん位にしておいた方が私的には好みですね。この作品はとにかく佳主馬!佳主馬が可愛く思えたそんな作品でした。栄おばあちゃんが生きているうちに真記がちゃんが陣内家のテーブルを囲むことが出来ないと思うと残念でなりませんが、いつの日かの夏にあの輪の中に真記が入っているのを想像するとホクホクしてきますwサマーウォーズファンであればとりあえず読んでみて損はないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.02

ほうかご百物語8

 7巻でとり憑かれた新井さんで意味深な終わり方をしてこの8巻。数多の妖怪を無に返す大祓がついに始まります。もう次から次へと今までのキャラが登場し、総出で大祓を食い止めるために尽力します。もぅクライマックス極まれり!といった展開にほうかご百物語史上最大のテンション。そして大団円!!今回のヒロインとヒーローはやはり新井さんと奈良山でしょうw気持ちのいい終わり方でした。

 で、あとがきを読んで。終わりじゃないのかよー!wと思わずツッコミを入れてしまったほどです。これで終わりじゃないって終わりはどうするのだ?wちなみにあとがきの劇場版予告風の解説は滅茶苦茶面白そう!wビジュアルと音楽が浮かぶ浮かぶwまぁ何にしてもこれからも楽しめる訳ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.01

2.1流 旗揚げ公演 「裁かれ刃」

 行ってきました。場所はラゾーナ川崎プラザソル。ここはほんと分かりにく場所で、遭難しかかった人は何人居るのだろう?と心配になるくらい。各いう私も3回目ですが迷いかけましたw時間前に辿りつきましたけどね。

 内容はというと、裁くために作られた刀にとり憑かれた青年と、その刃を壊そうとする者達と、その刃を私欲の為に使おうとする者達。ようするにその刃を巡っての物語なのです。

 感想としては「面白かった!」いやもぅそれ以外の言葉がなかなか思いつかないくらいに楽しめました。実際、芝居中は真田アサミさんを殆ど意識せずに気がついたらお芝居に集中していたくらいですから。殺陣も普通の刃と刃を想定したものではなく、お互い力を持った刃同士の殺陣なので、鍔迫り合いでも刃が触れ合わないのです。まるで磁石の同局が反発しあうように。さらにピストルの弾を弾き返す動きも新鮮でした。時代劇とはひと味も二味も違う殺陣には興味をそそられました。また、舞台設定も上段と下段に分けてシーンジェンジが非常にスムーズに行われ、そこも気持ちよかったです。シナリオも分かりやすく、悩むことなく芝居に集中できたのもいいですね。何よりもエンディングが三段構成になっていて、登場人物全員に対してとても丁寧に結末が描かれていたのが印象的でした。そして最後にホッと暖かくなるような終わり方だったのが好印象でした。

 観に行ったのが千秋楽だった為、この面白さを未見の方におすすめできないのが残念といった所でしょうか(未だ公演が残っていれば・・・)。強いて難点を挙げつとするならば、冒頭の殺人シーン。ここで子供を襲った浮浪者を真田さん演じる美空が正当防衛で殺してしまう訳ですが、どうやらこの浮浪者は今回の黒幕に差し向けられた様なのですが、理由がわからなかったことでしょうか。(裁きの刃は黒幕側に有った訳だし、事件を起こす必要が感じられない)あとはエンディングシーンの美空の懺悔で助けてくれたストーカーの男に彼が心配だったと心を寄せ始めていたのを吐露するのですが、その感情は芝居の中からは読み取れなかったのはちょっと残念でした。(ストーカーかもしれない彼に対しての警戒のような物は感じられましたが)最後のアクションシーンで美空を守っているシーンも見受けられたのですが、何しろ全員登場して入り乱れてのアクションだった為、端の方には目が届いていなかったのもあるでしょう。もし、もう一度観れていたらそこら辺もじっくり見たかったですね。あとは会場が寒かったこと。いやもうほんと寒かった。終了後、ロビーでアサミさんと頑張ってくださいと握手をして頂いた時の手が暖かかったこと暖かかったこと。それくらい寒かったです。ちなみに折角お話する機会があったというのにノープランで臨んでしまい、「面白かったです」しか言えなかったのは失態でした。ボロボロでしたが楽しめたことが伝わってくれたのなら嬉しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »