« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.30

みにくいあひるの恋3 ロボットは待ちくたびれた

 今回のお話は吟と風太のお話なのかな?もう一人の恋の病に侵されている映画研究部部長の雷門黄梨花を中心として巻き起こる事件。今まで恋の病は死に至る。その事だけが語られてきましたが、今回作中で実際に恋の病による死者がでます。何と言うか、正直残されたほうが堪らない・・・。個人的な感想としては、恋をしてる方は正に命がけの恋と酔えるが、好かれて、実際に死なれるのは勘弁して欲しい。死者は最強ですから。
 そして今回は兄妹に対して兄弟愛を否定する者に、否定され、足を引っ張ぱられ、かき回され、深く傷つけられます。そうと思いきや、あひるが本人の承諾なく「テーマパーク」の被験者に。恋の病でなくてもココロがすり減るわと思わせる激しい恋の行方は・・・そしてあひるの運命は。

 二巻目で茜子の株が急上昇した為にどうしても茜子視点で物語を見てしまいます。その為あひるの言動が酷く鼻につくのです。恐らくあひる側で見れば茜子の我侭に苛立つことでしょう。特に今回、茜子視点で物語を見ていた為、茜子が椅子に縛られている間に陀衣とあひるが二人きりにされるシーンなどは雷門黄梨花の悪意を感じますし、その後に陀衣とあひるのキスシーンを見てしまった茜子のあひるを殺してもいいよね?と自問する真っ黒な茜子。そしてその後失踪してしまうのですが、それでも陀衣は茜子を信じて結果的に放置してしまう当たりが痛くてたまらない。この物語は誰視点で見るかで本当に印象が変わってしまう作品だなと今回改めて思いました。

 続けて4巻へ突入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.29

2010年3期新番(予)

とりあえず気になる番組をピックアップしてみました。う~ん、減らせない。いや!減らさないと観れないし。とりあえず一話だけ録って見てみる?半分には減らしたい!

10月1日 そらのおとしもの f ≪フォルテ≫ テレ玉 25:00
10月2日 バクマン。 NHK教育 18:00
10月2日 テガミバチ REVERSE テレビ東京 23:55
10月3日 STAR DRIVER 輝きのタクト TBS 17:00
10月3日 荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ テレビ東京 25:35
10月4日 ヨスガノソラ AT-X 23:30
10月4日 おとめ妖怪 ざくろ テレビ東京 25:30
10月4日 侵略!イカ娘 テレビ東京 26:00
10月7日 農業ムスメ!第0話スペシャル アニマックス 22:45
10月7日 それでも町は廻っている TBS 25:55
10月8日 パンティ&ストッキングwithガーターベルト AT-X 23:00
10月8日 とある魔術の禁書目録II AT-X 23:30
10月11日 百花繚乱 サムライガールズ AT-X 09:00
10月14日 俺の妹がこんなに可愛いわけがない AT-X 09:30
10月14日 海月姫 フジテレビ 24:45

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.28

図書館迷宮と断章の姫君3

 まさかの最終巻です。イクミの断章が揃うまで王国軍といざこざを繰り返しLLLの黒幕を小出しにすると思っていたのですが、一気に方が着いてしまいました。しかも王国軍の復讐心すら根本から昇華させてしまった上に、諸悪の根源は武力によってではなく悪事を白日の下に晒され、法によって裁かれるという大団円。潔さすら感じさせます。
 ウィザードリー感が感じ取れるダンジョン探索シーンが好きだったこのシリーズですが、話が進む毎にダンジョン探索よりも王国軍の企みの阻止等のストーリーや、キャラクターが増える毎に強くなるハーレム色に作品のイメージを奪われた感はありますが、それでも最後まで楽しく読めたのはイクミの信念の元に断章を収集するという軸がぶれなかったからでしょう。特に書物であり、生み出された目的以外の生き方が出来ないと思い悩むイクミが抜けているページの変わりにある白紙を使ってたどたどしいながらも自ら書を記し、人生を切り開く為の一歩を踏み出すシーンはぐっと熱くなります。このシーンがあったからこそ最終巻として満足できたのだと思います。
 近年読んだ中では短いシリーズでしたが、満足度は高かった一作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.25

彼岸花

 例年であればこの季節は鎌倉へ彼岸花を撮りに行っている頃ですが、今年の猛暑の所為で開花が遅れているようです。折角の休みなので咲いているところはないかと検索してみると「彼岸花の里」と言われている場所があると知り、伊勢原の日向薬師へ行ってきました。日向薬師は完全に山の中にあり、伊勢原駅からはバスが出ていますのでこちらをお勧めします。  彼岸花の群生地帯はバスの駐車場から降りて直ぐ、日向薬師の反対側なのですが、なだらかな斜面に段々に田園が開かれており、そのあぜ道に沿うように彼岸花が咲いています。幸手の権現堂や鎌倉の英勝寺の様に管理されたのとは少し違った田園と共にある彼岸花を楽しめました。山の中の為、昆虫等も豊富なのも魅力の一つ?今回は念願のアゲハと彼岸花も撮れましたし。


Rimg0031 Rimg0041
Rimg0058 Rimg0071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.23

末代まで!LAP3 心霊温泉トレイニングキャンプ

 今回は夏合宿で島へ!島へ行く途中の船で三号が弱った人魚を釣ってしまうところから物語は始まるのですが、島へ着くとお岩さんが北海道に居た頃のパートナーであるミヨちゃんがエンジンをスカウトするべく同じ旅館に宿泊中!この弱った人魚の治療と、ミヨちゃんのエンジン勧誘のお話が今回の主な流れとなるのですが、その中で明かされるヨーコさんとリサの過去!そしてリサ(無いよ連)の本質!正直今回はヤラれました。まさかリサにヤラれる日が来ようとは。無表情なキャラの隠された真実っていうのは割とありがちなのですが、無表情でいなければならない理由や、ある種異常なまでに霊的存在を助けようとするリサの根幹を見せられかなりぐっと来ました。3巻目に来て更に深みを増し、どんどん面白くなっていく「末代まで!」。次巻はとうとうレースなのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.17

384,403km あなたを月にさらったら

 初ティアラ文庫ですwこの文庫は中古市場で2500円前後で取引されていて(現在は一気に下がってそれでも1500円前後)、何でそんな値段なの?と考えてみると著者の向坂氷緒をググッてみてもそれ程ぱっとぜず、やっぱり思い至るのは玄鉄絢の表紙と挿絵、そして数ページのカラーコミックが収録されていることでしょうか?それに加えて出版された部数が少なかったというのが最大の理由でしょうね。私はというとネットで散々探しまわって見つからないので本屋を回ったわけですが、池袋のとある本屋で新品を見つけて定価で購入出来ました。(ちなみに未だ数冊ありました)いや、しかし乙女ロードのK-BOOKSにも行きましたがあそこはキッツいですね。しかもこの本ジャンル的には乙女系ノベルなので恐らくしっかりとBLエリアに置かれること間違いなし。BLコーナーで棚を凝視する勇気は流石にありませんでしたね(^^;

 内容はというと一言で言ってしまえば百合なのですが、これがまた実に玄鉄絢の挿絵にぴったりで、少女セクトがノベライズ化されたらこんな感じかなという。二人の少女が実に個性的で魅力的に描かれているのがいいですね。素養のない人には何でもない作品ですが、素養のある方にはそこそこ好評なのではないかと思われる内容でした。私は好きかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.16

夏海紗音と不思議な世界2

 まさかの二巻目。今回も紗音がやってきました。そして再びあの海洋世界へ。今回の冒険は呪いを受けた紗音が期限までに泉を見つけて呪いを解くというもの。まぁ一言でいうとわがままドタバタ海洋冒険ラブコメ?そして死んだと思われていた前回の黒幕である桜波が不死となって現れます。

 まぁ個人的には可もなく不可もなくといった所でしょうか。時々見せる紗音の可愛さが上手く描けているので読めていますが、これが失敗した途端にただの我侭娘になってしまう心配とでも言いましょうか。しかも今回は続き前提で書かれており、瀬戸さんが前半にあれだけ絡んできたにもかかわらず、後半はもう完全放置と言ってもいいでしょう。少し次巻に惹きつけるような関わりを見せて終わった欲しかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.13

サクラダリセット MEMORY in CHILDREN

 3巻目。とうとうサクラダリセットが来ました!正直1巻は期待が大きかっただけに多少拍子抜けな感じも。2巻もまぁ1巻と大して違いを感じませんでした。で、今回の3巻。化けました!むしろ1巻と2巻は3巻の為の布石でしか無いと言っても過言ではないと思う程です。

 とうとう一巻から絶大な存在感を誇ってきた相麻菫が登場します。といっても話の中心はケイと春埼と相麻が出会った頃のお話です。そしてこれまでぼかし続けてきた相麻の死もしっかりと語られています。また、その期間に出てくるクラカワマリの話が絶品で、この娘を中心に相麻とケイと春埼が現在の関係に到るまでの基礎を築く話です。当然1巻で伝説のように語られているあの事件も。

 一応ヒロインの春埼美空ですが、正直な話、1巻ではただ感情が薄いだけの変な娘くらいにしか思っていなかったのですが、この3巻を読んだ今、恐らく1巻を読むと可愛すぎて悶える自信があります!(爆)。そういう意味では主人公級のキャラ達の深層の部分までをも描いているのが3巻なのです。1巻の感想の時に”綺麗過ぎる”という表現を使ったと思うのですが、その意味も3巻を読んでストンと落ちました。1巻で感じていたのは間違いではなかったのだと。特に今回印象的だったのは”感情によって歪んだ顔が表情”という言葉。悲しみも、喜びも、怒りも、絶望も、そうだなと。台詞としてではないけれどこれを心の中で言ったのは春埼その人なのですから実に興味深いのです。

 興味を持たれた方は是非この機会に読んでみては如何でしょうか?多分3巻まで読んだときに1巻がまた読みたくなりますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.12

大人の授業 千秋楽

 木曜に引き続きsmokersさん公演の「大人の授業」の千秋楽を観てきました。既に一回観ており、面白いのも分かっていたので今回はかなりリラックスして楽しんできました。特に結末や流れを知っていることで分かる細かい台詞の小ネタなど、一回目に比べると色々拾えた気がします。

 内容は問題児の親たちが呼び出され、親に対して学校側が授業を行うというもの。というのは前回説明した通りなのですが、特に面白かったのが親どうしの関係や、隠されているけれどにじみ出てしまう職業です。特に呼び出された親同士の関係は、最初こそ初対面だと思われていたのに会話が進むに連れて同級生だと分かっていくところや、そもそも今回の一番問題のある先生wが実は担任だったとか、そういうのが実に上手く仕組まれていて何度見ても面白いと感じさせます。そして最後のシーンですね。子供ながらに先生が放課後に誰もいなくなった教室でコーヒー片手にタバコを吸っている姿に憧れを抱いて大きくなった現在の親が最後に先生と共にそれをを再現するシーンはカッコいいの一言に尽きます。そう。この劇団は最後のシーンで本当にタバコを蒸すのですw

 真田アサミさんの客演を点々と観ているうちに随分と多くの劇団による芝居を見てきましたが、その中でもこのsmokersさんは面白いと感じています。今度は真田さんが客演じゃなくても見てみたい。そう思わせる今回の芝居でした。

 今回も終演後に真田さんとお話をさせて頂きました。smokersさんとの出会いなんかを聞いてみたところどうやら以前やった女子%さんの芝居の脚本をやったのがsmokersさんの脚本の方だそうで、これまで観た芝居の中で実は女子%さんと、smokersさんが好きだなと思っていただけに、なんだか素直に納得してしまいました。その事実を知らなかったとはいえ、しっかり感じられていたのだなとちょっと嬉しく思いました。そんな事もあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.11

こわれかけのオルゴール

 観てきました。場所は池袋テアトルダイヤ。以前、DVD付き同人誌なる絵本のような装丁のモノを買ったのですが、基本的に今回の映画はこのDVDと同じものでした。と、いう訳で内容は知っていたのですが、一回目がDVDで、二回目となる今回、もとより過去を振り返る作りになっていて結末を予感させやすい作品ではありますが、やっぱり二回目の方が結末を知っているだけに一つ一つのイベントに対して切なさが積もります。個人的にはフラワーの部品がオルゴールとなっている結末はあまり好みではないですね。また起動するかもしれない事を願ってそのまま残したいのですが、でも肌身離ざず一緒に居るというのも分からなくはないです。やはり一回目と同様にちょっとすっきりしない感はぬぐえなかったのですが、その代わりにエンディングの後にアシストロイドだけのショートストーリーが追加されており、上向きな気持ちで見終われたのは良かったと思います。DVDのまま終わってたら色んな意味でやりきれなかったかもしれません。あとは、映画開始前に出てくるあのカメラのパントマイマーがオリジナルでフラワーバージョンになってたのは良かったですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.09

大人の授業

 smokers第七回公演「大人の授業」観てきました。場所は中野テアトルBONBONです。今回の公演は第一回の再演という事だそうで、内容は問題児の親が学校に呼ばれて授業を受けさせるというものなのですが、現代の子供と学校と親の問題を風刺する内容になっており、殆どは面白おかしく描かれているのですが、その実とても深いテーマというか自分が子供だった時代があるのに何故子供との接し方が分からないのだろう?いつから子供の世界でモノが見れなくなったんだろう?そんな事も感じさせる作品で、笑いの中にも凄く考えさせられる部分があり、とても満足度の高いお芝居でした。そしてsmokersさん特有の最後にタバコを吹かすシーンは圧巻でした。私はタバコは嫌いなのですが、このシーンはカッコイイと思ってしまいますね。物凄く気分の良いお芝居でした。また、コレが第一回の講演内容だったと言う事はsmokersはこの芝居がやりたくて立ち上げた劇団なのだなと感じてしまい、前回の「BUS STOP」と今回の二回しか観ていないのですが、感慨深い思いに駆られました。この劇団はアサミさん無しでも観てみたいなと思えた今回の公演でした。

 おっと、アサミさんの事を書いてないww渡辺千鶴子役で、二人居る母親役の一人なのですが、これまた新しい一面を見せてもらいましたw特に登場が印象的で、引っ込み思案という言葉では足らないくらいのまるで怯える子犬のような性格で、気の短い人なら苛々が募りそうなそんな人ですwしかし意外と芯は強く、言うべきところはおどおどしつつも表現し、そして一番子供の目線でものを見れる人物だったように思えます。とても新鮮でしたw
 お芝居が終わった後には感想なども伝えさせて頂きました。勿論お誕生日のお祝いも一日遅れではありますが、直接伝えられたのは今回が初めてかもしれません。(近年では一番まともに会話ができたかもo(*^▽^*)o)10月以降の新番組の出演については未だ公表できない事もあるようなのですが、しばらくはゆっくりされるようです「けいおん!!」が終わってしまうと毎週TVからアサミさんの声が聞けなくなるのは寂しいですね・・・。(^^;こればかりは待つしか無いので期待して待ってます。

 今回は初日なので内容については触れませんが、千秋楽の感想ではちょっと触れてみようと思います。本日が初日で日曜日まで公演があります。機会があれば是非観てもらいたいお芝居です。お勧めです。
http://smokerscafe.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.07

空色パンデミック③

 正直2巻を読んだときは、このパターンで何回もヤラれたら簡便だな・・・。と思いました。さて、三巻はどうなったかというと、色んな意味で予想外。もぅ訳が分からなくなるくらいに。途中で考えるのを放棄しました。書かれている現状が全て信じられなくなったのです。既に起点である現実とは何を指しているのかも分からなくなり、果たして一巻の出だしは現実だったのか?それとも既に空想の中だったのか?しまいにはこの「青空パンデミック」の文庫本までもを作中に引っ張り出してきます。(作中に著者の名前がこんなに記述されている作品も他に無いのではないだろうか?)ある意味新しい試みだなと感心するやら呆れるやら(^^;散々ひっかき回されはしましたが、終わりはなかなかでした。一巻の段階でここ迄考えて書いていたのならなかなかやるなと言ったところでしょうか。久しぶりに完全に活字を追うだけの読み手に回された(いい意味で?)作品となりました。コレで世界編完ということで一段落ついたようですし、一度別の作品を書いてもいいし、別の章で書き始めてもいいしといったところでしょう。ちょっとパンデミック以外の作品も読んでみたい気はしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.03

“文学少女”見習いの、卒業。

 とうとう終わってしまいました。本編が終了した時と同等、もしくはそれ以上の喪失感です。毎回、狂気といってもおかしくない程の重く苦しい程の切なさを描き、でも最後には心の隅がぽっと暖かくなる、でも決して切なさは消え去らなくて、暖かさと共に同居するような感覚を残してくれるこのシリーズ。こうして二回目の終わりに立会い、改めて好きだったのだなと実感。というよりはいつの間にこのシリーズの事をこんなにも愛おしく思うようになっていたのだろうか?と気づかされた感じでしょうか。
 今回のシリーズの主役である菜乃ちゃんの成長は目覚しいですね。この娘の存在に救われた人物の多いこと。琴吹さんなんかは最たるものですが、でも菜乃の存在に一番救われたのはきっと心葉なのでしょうね。この巻でも心葉が「空に似ている」と真正面から対峙し、受け入れるシーンがあり、ドキリとさせられました。遠子先輩にも出来なかった事で、これは菜乃ちゃんだからこそ成し得たのだなとストンと心に落ちてきました。正直で、まっすぐで、嘘をつけなくて、困っている人を放っておけなくて、だからこそ傷つきもするし、打ちのめされる事もあるけれど、誰もが菜乃を嫌いにはなれない。今回の話の中でもとても大切な親友を送り出すシーンで"行っちゃ嫌だ"と何度も何度も何度も繰り返した後に"でもそれで幸せになるなら行ってもいいよ"というところは真っ直ぐで嘘のない菜乃らしいと感じます。そして最後に心葉先輩の前で木にリボンを結ぶシーンでは本来の真っ正直な菜乃と、一年間心葉と過ごしたからこそあった成長がそのまま花開くかのような清々しくも切なく、けれど未来へ踏み出す一歩を見せてくれる終わりにこれまでにない満足感を満たしてくれました。物語は終わってしまいましたが、菜乃や心葉など、この作品の全ての人物の未来を感じられました。同時に新しいシリーズへ向ける作者の気持ちとも受け取りました。しばらくは挿話集などでこの文学少女シリーズは続くそうですが、今後始まるであろう異なる作品にも期待が膨らみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.01

笑わない科学者と神解きの魔法使い

 シリーズ二巻目です。こちらも設定は多少複雑なので今回は割愛します。よろしければ一巻目の感想を見て頂けると幸いです。

 さて、今回も木花咲耶姫の末裔のお嬢ちゃんの命が狙われる訳ですが、ついに隔界の磐長姫の登場です。しかも耕介と対決!?かみ合わせの悪かった歯車の謎が少しづつ解き明かされるそんな巻でした。進展があったようでそうでもない感じ?まだまだ謎はいっぱいです。謎が明かされる一方で今後の展開が少し不透明になった気もします。今後の展開に期待といった所でしょうか。

 咲耶は可愛いのですが、個人的には耕介を咲耶に譲ろうとしているあすみにエールを贈りたいですね。もっと素直になってもいいのではないかと。(でも咲にゃんはOK!)
 今回も耕介の科学的考察からの助言で咲耶の魔法もパワーアップしました。今後もこうやってパワーアップを重ねていくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »