« ルー=ガルー | トップページ | “文学少女”見習いの、卒業。 »

2010.09.01

笑わない科学者と神解きの魔法使い

 シリーズ二巻目です。こちらも設定は多少複雑なので今回は割愛します。よろしければ一巻目の感想を見て頂けると幸いです。

 さて、今回も木花咲耶姫の末裔のお嬢ちゃんの命が狙われる訳ですが、ついに隔界の磐長姫の登場です。しかも耕介と対決!?かみ合わせの悪かった歯車の謎が少しづつ解き明かされるそんな巻でした。進展があったようでそうでもない感じ?まだまだ謎はいっぱいです。謎が明かされる一方で今後の展開が少し不透明になった気もします。今後の展開に期待といった所でしょうか。

 咲耶は可愛いのですが、個人的には耕介を咲耶に譲ろうとしているあすみにエールを贈りたいですね。もっと素直になってもいいのではないかと。(でも咲にゃんはOK!)
 今回も耕介の科学的考察からの助言で咲耶の魔法もパワーアップしました。今後もこうやってパワーアップを重ねていくのでしょうか?

|

« ルー=ガルー | トップページ | “文学少女”見習いの、卒業。 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/49317690

この記事へのトラックバック一覧です: 笑わない科学者と神解きの魔法使い:

« ルー=ガルー | トップページ | “文学少女”見習いの、卒業。 »