« みにくいあひるの恋3 ロボットは待ちくたびれた | トップページ | CEATEC JAPAN 2010 »

2010.10.04

みにくいあひるの恋4 悲しみのない自由な空へ

 恋をすると死んでしまう病。その為に兄妹婚が常識となった時代。それでも病に抗い恋をする少女と、その恋を受け入れてしまった少年の物語がとうとう完結です。都市伝説とも言うべき治療法「ハッピーエンド」のヴェールがはがされ、ついにその姿が・・・。衝撃の結末にどう評価していいのか全くわかりません。これはハッピーエンドなのか?流石にここまでは予想できませんでした。それと、茜子の扱いがひどすぎる。いや、重要すぎる役なのですよ。狂った治療法であるハッピーエンドに対して真っ向から狂っていると言える唯一の配役なのですから。だからといってあそこまで精神に負荷を掛け、負の感情で縛ることも・・・正直そんな茜子を見ているだけなのは辛かった。
 当の本人達の結末は何とも評価し難いが、この二人の一連の騒動が世界を正常な方向へ導いたのは事実で、だからこそ世界の向かう方向とはかけ離れた選択を余儀なくされた二人というのはとても皮肉に思えます。ともあれ、茜子に幸せな未来が訪れることを願って止みません。

|

« みにくいあひるの恋3 ロボットは待ちくたびれた | トップページ | CEATEC JAPAN 2010 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/49652365

この記事へのトラックバック一覧です: みにくいあひるの恋4 悲しみのない自由な空へ:

« みにくいあひるの恋3 ロボットは待ちくたびれた | トップページ | CEATEC JAPAN 2010 »