« デュアン・サークⅡ15 永遠の約束、それぞれの旅立ち<下> | トップページ | 映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花 »

2011.03.19

劇場版 マクロスF<フロンティア>恋離飛翼~サヨナラノツバサ~

 観に行こうと決めた日は3月11日。そう。あの大災害が起こった日です。その為映画どころの騒ぎではなくなり、その後の混乱もあり、なかなか見ることが出来なかったこの映画ですが、一週間経ち生活を平常に戻そうという動きが見られた中、私も疲弊したココロを充電するべく観ることにしました。
 場所は新宿バルト9。いつもなら大宮あたりへ行くのですが、東武野田線の運行が見えない為、新宿での鑑賞となりました。また、この日の前日よりオンライン予約システムのKINEZOが回復していたのにも安心しました。映画館の良くないところは、実際に映画館へ足を運んでも見れないかもしれないということ。それを解消してくれたのがここ数年で広まりつつあるネットによる事前予約システムですね。但し、上客であるはずの前売り券を購入している人には使えないシステムである事がかなりの問題。今後どうにかクリアしてもらいたい問題ではありますね。
 さて、肝心の映画ですが、座席は満員どころか、映画館自体が凄い人でした。日常へ生活をシフトしようという思いが伝わってきます。

 イツワリノウタヒメでも出だしのムービーに度肝を抜かれましたが、サヨナラノツバサでも更にパワーアップして帰ってきました。正に音楽と映像の調和!マクロスの名に恥じないシンクロ感にザワザワしまくりです。それがオープニングだけではなく全編通してなのですから圧倒されまくりです。
 ストーリーの方でもTVシリーズ→イツワリノウタヒメで、え!?と思わせる変更点を上手く終結に持っていった点もあればそうでもない点もあるのかな?私個人的には映画での悪役の置き方はTVシリーズより好きです。というか死んでしまう人、生き残る人、シェリルの立ち位置はちょっとアレですが、、ランカの立ち位置等含めて概ね劇場版の方が好きですね。また、TVでは一切ビジュアルとして出ることのなかったアルトの子供の頃の女形のシーンに、更に!今のアルトのあんな姿までw見られるのは大変な見所ではないかと思います。
 あとは決着を付けると言っていたアルトとシェリルとランカの三角関係の行方ですね。しっかりと決着を付けてはくれましたが、一番の功労者である三人の誰も幸せになってないのは何ともなぁと言う気がしつつも決して嫌な感じはせず、寧ろ清々しくあるのが不思議なほどです。
 全く正反対のことではあるのですが、新天地を見つけ、これから発展しようとする姿と、今回の災害でこれから復興しようとする姿が少し重なり、今回のような災害がなければもっと気持ちよく見れたのだろうなと思ってしまいました。しかし、素晴らしい映像に活力を貰ったのは確かです。ココロが満たされ、溢れ出したのが涙なら、私のココロは満充電完了ってところでしょうかw

|

« デュアン・サークⅡ15 永遠の約束、それぞれの旅立ち<下> | トップページ | 映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/51182831

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 マクロスF<フロンティア>恋離飛翼~サヨナラノツバサ~:

« デュアン・サークⅡ15 永遠の約束、それぞれの旅立ち<下> | トップページ | 映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花 »