« 美佳子はぱよぱよ500回公開録音 | トップページ | 神様のいない日曜日Ⅳ »

2011.03.01

アクセル・ワールド7 -災禍の鎧-

 前回、侵入不可能とされる帝城へ不慮の事故とも言える出来事で侵入を果たしてつづきとなり、今回はその帝城の中から始まりです。書き出しでもう知ってるよと言わんばかりにシルバークロウの容姿の説明をされ、でもあれ?なんかおかしい?なんだこの違和感は?そう思いながらも読み進めて行くとその人物がシルバークロウではないことが分かってくるのです。でも、え!?当然今回は帝城内に侵入したハルユキと謳の話から始まると思いきや、その実ハルユキが見ている何者かの記憶で、二人のバーストリンカーの思い出と災禍の鎧クロムディザスターの誕生の物語だったのです。この書き出しは上手い。これまで罪悪の象徴でしかなかった災禍の鎧が一転して救いたい対象に変化してしまったこの物語はこのタイミングで語られる以外には無いというくらいのタイミングで語られ、一気に世界の深みを増しました。
 しかしこの物語が挿入された為、本編の進展は殆ど無いといっても良いでしょう。更に作者自身も驚いているタクムの行動w物語の進展こそ微々たる物でしたが今回も大変楽しませてもらいました。
 この作品のシリーズは巻末に必ず次回予告風の見開きがあり、次の発売日を記述しているのですが、いつもこんなに待つのか・・・。と思いながらも気が付くと出ていて、あれ?もう出てるなんて事が度々。こうやって時は過ぎていくのですね。

脳内キャスト:
黒雪姫:伊藤静
チユ:斎藤千和
謡:田村ゆかり

|

« 美佳子はぱよぱよ500回公開録音 | トップページ | 神様のいない日曜日Ⅳ »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/51060532

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド7 -災禍の鎧-:

« 美佳子はぱよぱよ500回公開録音 | トップページ | 神様のいない日曜日Ⅳ »