« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.27

ごめんねツーちゃん 1/14569

 第22回ファンタジア大賞「銀賞」受賞作品。メモリーシンドロームによって精神が14569に分裂してしまったツバサと、本人や家族さえ気づいていないその現象を知ってしまった青年の物語。ツバサは普段は高校生としては無邪気という言葉ではちょっと表現しきれないほど幼い精神を持った子。そしてツバサを常に守ろうとする人格イブ。そして全ての人格を乗っ取り、青年を愛そうとする人格ワダツミトーコ。意外とハードで物悲しい青春を描いた作品で、最近のドタバタラブコメが主流のライトノベルとしては異色な作品です。
 14569と言いながら出てくる人格は片手で数えられる程なのはちょっとなぁと思わなくもないのですが、これ以上出てきてもややこしくなるだけなのは分かるのでまぁ納得。14569という数字に意味を持たせてあるのかといえば作者的には思うところはあるのかもしてないですが作品中では何も語られないのでやはりこの14569という数字がすっきりしないてんに関しては残ったままなのです。
 ただ、物語のこのなんとも言えない感覚の話は嫌いではなく、同じ体でありながら一方的に好意を寄せてくるワダツミに対して徹底的に拒絶して見せ、逆に猫のように気まぐれなイブに対しては好意を寄せるという、徹底した対応は非常に残酷であり、その対応の結果ワダツミに統一された人格が14569の人格に戻ってしまったことは良かったのか悪かったのか・・・。また、最終的に自殺してしまった先輩は果たして自殺する意味があったのか?等思うところは色々残りますが、最近一辺倒になりがちなライトノベルの作品の中で、この手の作品が賞を受賞した意味は大いにあるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.25

夢見る彼女の奇妙な愛情

 あらすじを説明しづらい物語なのですが、自称神様と、その自称神に芥と称される男性達と、やはり自称神に傀儡と称される女性と自称幽霊の女性の物語なのですが、芥と傀儡はお互い引きあう性質があり、傀儡は名前のとおり神の操り人形として動かすことが出来る。神は自分が降りた世界が自分に優しくないことを嘆き、世界をねじ曲げる存在として芥を排除しようとする。そして芥は世界に何の変革を起こせないような何でもない力が少し使える存在で傀儡に引かれる存在。そして世界の断りから外れた幽霊。って、ここ迄書いて説明を諦めましたw

 最初に思ったのは読んでいて誰の台詞かわからなくなることが多々あります。男性と女性の会話ならまぁおおよそ合うのですが(分からなくなることもある)男性同士であったり、気心のしれた者通しの会話は本当にわからない。会話でここ迄読みにくいと感じたのは久しぶり。物語がそこそこ興味深いだけにもったいない。特にロケット少年の持つ世界観は興味深く、唯一普通のの少年として登場するのこ少年の空想が実は世界の確信を射ぬいているのでは?と思わせ、それを幽霊の少女の思考で見せる点がなかなか面白いのですが、前述の会話で前半のとっかかりが薄かったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.24

のぼムカッ!2

 いってきました。場所は新宿シアターモリエール。はりけ~んずの前田さんと、天津向さんのオタクコントライブです。はりけ~んずのライブといえば昔高橋美佳子さんがアシスタントをしていた頃になんどか行った覚えがありますが、その頃は美佳子さん服のセンスがないと散々言われていましたが先日のぱよぱよでも感じたとおりすっかりお洒落にってしまって、とまぁ前田さん絡みだとどうしても思い出してしまう一コマです。

 肝心のライブですが、久しぶりに沢山笑ったといった感じでしょうか。震災以来初のお笑い系のイベント(本当は登風SPがあったのですが、延期になってしまったので)という事もあり十分に楽しませてもらいました。コントとコントの準備には前田さんと天津向さんの今季のアニメ作品を語る対談VTRが流れるのですが、個人的には「日常」の独り勝ち的なコメントは気に食わなかった訳ですが(面白いのは認める)、花咲くいろはの話題すら出てこなかったのは残念でした。
 コントの中に勝手に声優アワード的なコーナがあり、天津向さんの選んだ主演女優賞:花澤香菜は同意!w

 アサミさんの登場は前田さんと天津向さんが女性に扮して友人をまつというシチュエーションで登場しました。お二人の女装が汚いwこともあったのでしょうが、それを抜きにしても出てきた瞬間「うは!凄く綺麗になった」と感じました。震災後勢力的に取り組んでいるのは知っていますが、それが何か気持ちの面で良い効果を出しているのでしょうか?それとも私の感じ方が変わったのか?wとにかくドキッとする程の綺麗さにトキメイたのは確かです。
 出てきた流れで世間話をし、そのまま三人の息がぴったりなことの証明としてミニゲームがはじまるのですが、一つ目はお題に対して連想する事を一人づつフリップに書いて全員一致すればクリアというものですが、これは散々な結果にw続けてけん玉で、一人づつ大、中、小の皿に挑戦し、連続でできたらクリアというもので、途中失敗したら最初から。真田さんが大を担当し、前だんさんが中、天津向さんが小を担当します。最初、大中までいって小で失敗、次に中で失敗して、順番を逆にすることに。小中と成功して、時間も押し迫る中最後のアサミさんに運命が委ねられますが、いままで大でありながら低い成功率を出していたアサミさんですが、流石というか本番に、否本番だからこそ強い!ところを魅せつけるかのように見事成功!魅せます。そしてその勢いを利用して先程のフリップをもう一度ということになり、こちらも見事一発で成功!何だか不思議な一体感でイベントが終了wとても楽しませてもらいました。次は延期になった登風SPですね。こちらも期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.19

ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ

 アスナ本キター!今回はいつものキリトではなくアスナの物語です。まず読み始めて直ぐに思ったことは最近読んだ野崎まどの「小説家の作り方」でいっていた「キャラが良い」とはこういう事か。ということです。既にここに到るまでに6冊に及ぶ冒険を共にしてきているというのもありますが、冒頭のアスナの行動や言動、仕草に到るまで些細な描写に思わず「クスッ」っとしてしまう程に読み手である私の中でアスナというキャラが息づいていた事です。特に復活したアインクラッド22層のログハウス購入の件等はアスナのドキドキが伝わってくるというか、その必至な姿が目に浮かぶようでしたw。それは勿論キリトや他の魅力的なキャラ達にも及ぶのですがやはりSword Art Onlineからのキャラの方が思い入れの比率は高いようです。
 今回、いつものキリトに変わりアスナが語り部ということで、中休み的な外伝なのかと思いきや、現実世界において今後アスナがどのように歩んでいくかという今後のソードアートオンラインの方向性を模索するようなリアルに重く重要な話でした。特にナーヴギアの発展である医療用のメディキュボードの存在や、キリト達が開発しているヴァーチャル世界からリアル世界を覗けるカメラの開発、(このあたりはどうしてもアクセルワールドへの繋がりを想像してしまいます。)そして今回の主題である絶剣ことユウキの存在とこれらがもたらしたアスナの成長。最近では囚われ人だったり、キリトが他ゲームへ行ってしまい出番が無かったりと、SAO時代の活躍を懐かしく思うほどの落ち着き振り、むしろやんちゃなキリトを母性で見守る如くといった風も感じられた程ですが、今回の話で年相応に(否、体験してきた事柄から考えるとそれ以上に)悩み苦しむただの一人の少女を描いており、今回一歩進み出した事でキリトへの依存ではなく支え合うのに見合う存在へより近づいたと感じられました。
 次の8巻は11月だそうで、6月にアクセルワールドが出るとしても、そこから約半年は流石に長いです。しかし毎回長いなと感じつつも気がつくと出ているのですよね。今度はALOでエクスカリバー入手の話などの短編となるそうです。待つしかないので待ちますが、早く次を読みたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.14

特急便ガール!

 大企業の秘書課に勤めていた陶子が部長を殴ったという事で自主退職するところから物語は始まります。退職の餞別にと同期から身内のベンチャー企業の面接を紹介される陶子ですが、面接に行くなり実戦的な配達のテストを行う事に。めちゃくちゃなやり取りに呆れ、入社を拒んでいた陶子だが、持ち前の負けん気を見透かされ社長の口車に乗って配達を行う事になるのだが、その配達で信じられない現象が発生した。新幹線に乗り込む為にくぐったドアの先は配達先の家の中であった!といった内容。

 宅配系の話は結構好きで、何故ならば物と一緒にそこに込められた思いを運ぶという話になることが多く、そういったシチュエーションは好みなのです。今回のこの物語も例に漏れずその流れを汲んでくれたのはそれを期待して購入した私としては願ったりだった訳ですが、流石に何処でもドア的な展開は面食らいましたw負けん気が強い上に学生時代の中距離走者の意地みたいなところを強くアピールした直後の出来事で、しゃかりきに走る内容なのかなと方向性を志向したところだったというのもあります。結果的にこの跳躍現象はこの物語の効果的なエッセンスとなりました。特に二回目の跳躍が目的地とは遠く離れた地へ飛んでしまった事で浮上する「荷物が本当に届くべき場所へ」という仮定が物語の方向性を示すからです。
 想像以上に面白かった。というのが正直な感想です。個人的には陶子が悠さんのライダースーツを着ていったところも生かして欲しかったというのはありますが、ラストの展開は物凄く私の好みであったのは間違いありません。温かいものを望んでいる方にオススメの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.09

『魔法の天使クリィミーマミ』~公式トリビュートアルバム~ 発売記念大感謝祭!!


 恐らく、ものごころついてから一番初めに好きだと認識した作品がこのクリィミーマミではないかと思います。数年前からマミ関連のイベントがぽつぽつと開催されていたのは知っていましたが、機会が合わず参加できないという事が続いていました。それこそ記憶にあるのは14,5年前?に渋谷で行われた魔法少女復活記念で行われたファンシーララの高田明美さんのサイン会に参加したくらいでしょうか。なので今回純粋にマミのイベントとして参加するのは初となります。オンエアー当時からすると28年?既に終わったコンテンツに対して今この時代に幼少の頃好きだった作品のイベントに参加できる感慨というのは特別で、数々のイベントに参加してきた経歴を持ちつつも、このイベントは何処か未知な感覚があるのです。それこそ当時のイベントそのものを覗き見するような。

 イベントで久しぶりに物販に並んでみました。お目当ては限定のライトです。物販の列には色々な人が並んでおり、当時の物であろうグッズ類を身につけた筋金入りのマミファンと思われる方々や、いかにも当時からの太田貴子さんのファンと思われるグループも。(彼らがスタッフヨロシク自主的に整列を始める一幕も(^^;)しかしファン層は想像以上に広く、リアルタイム世代と、そのJrなら納得の範囲なのですが、明らかにその間を埋める世代も多く、特にそういった世代は女性率が高かったのが印象的でした。純粋に作品の魅力として広い世代に指示を受けているのは凄いなと素直に感嘆します。
 当日はキャストによる直筆サイン入りポスター(チャリティー)などもあり、若干一名遅刻したキャストがいた為、物販の開始が遅れる等のトラブルがありました。会場準備の為、私の少し手前で物販の列が切られたのは悔やまれるところで、あの遅延さえなければと思わなくもありませんが、会場後にスタッフが機転を利かせてライトだけ売りに来たことで事なきを得たので個人的な不満は解消されました。(ライトを売りに来た優のコスプレした娘さんが凄く似合ってて可愛かったので尚良し!(爆)フードのポジとネガがポイント高し!)

 さて、会場は渋谷のBOXX。キャパは280位?チケットが完売しているだけあってとにかく満員状態です。立ってるのも辛い位で、会場最後尾に位置するSEやら何やらを調整するスタッフブースエリアが割りと広めにとってあり、これじゃ全員は入れないよ・・・なんて思っていたらそのスタッフのエリアを極限まで縮小し、客に開放してくれました。この機転と行動力はは小イベントならではですね。個人的にはこの空いたスペースに入り込めたのでこれまた不満は解消。

 そして開演。オープニングは太田貴子さん&篠原ともえさんで「MA・WA・LE・MI・GI」!あれ?島津さんじゃないんだ?と思いつつも確か篠原ともえさんバージョンも収録されていたなと思い出し納得。会場のテンションを一気に引き上げます。とにかくテンションの高いお二人でしたが、一回ハケて太田さんと一緒に司会進行を務める木所マネージャー役でお馴染みの亀山助清さんが登場します。
このあとは、このトリビュートアルバムに参加した方々を一人づつ呼んでトークやら歌やらを行っていくという流れになるのですが、まず登場した喜多村英梨さんについては微妙なトーク(マミが好きなのかも疑わしい)をして歌わずに退場します。あれ?歌わないの?なんて思っていたら、次に登場した中村千絵さんはトークが短めでしたが(緊張はしていましたがマミが好きなのは十分に伝わってきました)「あなたに一番効く薬」を披露してくれました。なるほど、ゲストによってステージの内容が違うようです。その後は福井裕佳梨さん「BIN・KANルージュ」、遠藤綾さん(映像付きで何かやったような?)、笠原弘子さん「囁いてジュテーム-Je t'aime-」などなどを披露してくれました。特に笠原さんはスイートミントのテーマで入場し、呪文まで披露してくれる一幕もあり、マミに憧れ自ら魔法少女役を獲得した時の気持ちなども語ってくれました。この後再び篠原ともえさんが再登場し、「渚のメモリー」を披露(助清さんがくまのプーさんであることにしきりに感動していましたww)。皆さんマミへの熱い思い出と共にステージを盛り上げてくれました。
 そしてそして綾瀬めぐみ役の島津冴子さんが登場!ようやく本物の登場とあって会場も盛り上がります。昔話に花を咲かせた後、歌は「ラストキッスでGood Luck!」と「MA・WA・LE・MI・GI」!本物キター!!しかも当時と全く変わらない!凛とした歌声を披露してくれます。
 会場を盛り上げた後惜しまれながらも退場し、次に現れたのは大伴俊夫役の水島裕さんがオタスケマンのテーマで登場!!しかも今さっき退場したばかりの島津冴子さんと共に颯爽と現れ2人でオタスケマンの口上を決めて一人退場w良いもの見ましたw裕さん登場の前からかなり自由に司会をしていた助清さんですがw、裕さんの登場で更に制御が利かない状態にw進行そっちのけでかなり自由にステージを作っているように見えましたw印象的だったのは太田貴子さんとの距離感。28年という歳月が経過しても太田貴子さんを可愛がり、可愛がられる図という関係に全く変わりが無いんだなと思わせるそんな距離感を感じました。やっとのことで進行を戻して歌うは「Zutto Kitto Motto(優と俊夫のデュエットver.)」を披露。イベント初披露的なサプライズがここでも飛び出します。
 と、ここで今までのゲストを喜多村さん以外呼び込んで行うは生アフレコのコーナー。オンエアーした本物の映像で今回のゲストも含めての真面目な生アフレコを披露してくれました。ここで何故ゲストが声優寄りな方ばかりなのだろうという疑問が氷解。なるほどこういうことでしたか。おふざけが入るアフレコはここ最近いくつか見聞きしていましたがここまで素で真剣なアフレコはある意味新鮮ですw更に若手の(といっても数々の役をこなしてきているであろう)中村千絵さんや、遠藤綾さんと大御所との競演。緊張しているのが伝わってきますwまたもや良いものを見せてもらった感じです。
 そしてイベントパートのエンディング。ここに来て更にスペシャルゲストの登場!立花慎吾役の井上和彦さん登場です。これでパルテノンプロ全員揃いました!凄い顔ぶれです。更にキャラクターデザインの高田明美さんに、スタジオぴえろの布川社長まで登場!を!社長登場って事はもしかしてマミの新コンテンツや、ララに続く魔法少女の新コンテンツの発表か!??なんて期待したのですが、何故か終始高田明美さんのお姉さんの歯医者の話でイベントコーナーの幕を下ろしました(^^;

 そして太田貴子さんのライブコーナーです。司会の役を降り、ここで初めて素の「太田貴子」のステージを体験することになるのですが、結構S気質?というか思ったことを飾らずそのまま言葉にするタイプ?結構素のマミに近いかもwセットリストは次の通り。

「LOVEさりげなく」
「ハートのSEASON」
「デリケートに好きして」
「キスが行方不明」
「I CAN'T SAY "BYE-BYE"」

「LOVEさりげなく」と「デリケートに好きして」は往年の定番曲ですね。
「ハートのSEASON」はマミの曲の中では好きな曲で、本物を生で聴けたのは素直に嬉しいと思える一曲でした。喜多村英梨さんがカバーしていたのもこの曲で、歌わなかったのはこれが理由なのかな?と想像。
「キスが行方不明」は今回の新曲なのですが、これが意外と好き!まさか今更新曲にはまるとはw
「I CAN'T SAY "BYE-BYE"」はラスト曲としてはなかなかの選曲。溜めもたっぷりとムーディーに歌い上げました。
そして鳴り止まないアンコール。しかしスクリーンはイベントタイトルが映し出され、会場は無常にもライトを照らし、アンコールが無い事をアピールしますがそれでもアンコールは鳴り止まず、スタッフがアンコールが無い事を告げてようやく何とか収拾したという一幕も。

 終演後、直ぐに出れるようにと出口付近を陣取っていた事もあり割とスムーズに出られた方ですが、出るには一列に並ばなければならず、その訳はというと出口に太田さん、亀山さん、冴子さんが、義援金の為の募金箱を持って一人一人と握手を交わしていたからでした。突然の事に相変わらずのアドリブの弱さで気の利いた言葉もかけられずでしたが、太田貴子さん自身のファンだったこともあり握手したという事実が後でじわじわと沸きあがってきて最高の〆となりました。ちなみに出口付近であのペースだったので、箱の奥の方の人達は理由も分からず随分と待たされたのではなきかと思います。

 個人的には「美衝撃(ビューティフル・ショック)」と「BIN・KANルージュ」の本物が聴けなかったのは残念なところではありますが、時を飛び越えて現代に蘇ったこの夢のようなステージをみれたことは非常に感慨深いです。
 更に時折流れたPVがとても魅力的で、52話全てを見直す決意をした事は言うまでもありません。この感想についてはまた別の機会に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.07

シロクロネクロ

 第17回電撃小説大賞の「大賞」受賞作品。主人公の男の子。目が覚めたらゾンビになっていた!復活の為の未練が女の子とのエッチだった為、エッチな想像で無限に再生する。但し、本懐を遂げると成仏してしまう為エッチな事はおさわりも含めて禁止!という何ともな設定。ネクロノミコンをめぐるシロネクロマンサーとクロネクロマンサーの対立を描いた内容です。一言で言ってしまうと最近流行のエッチ系ドタバタラブコメ的な作品です。

 ライトノベルでの新人賞なので流行を意識した王道となるのは仕方ないので本作品の方向性に対してどうこう言うのは筋違いなのですが、寧ろドタバタラブコメが王道になっている現状を嘆きたい。第1回電撃ゲーム小説大賞で金賞を受賞したタイムリープを読んで以来続けてきた新人賞受賞作品をとりあえず読んでみるという行為ですが、結構限界を感じています。

 なんて言ってしまうと本作品を全否定しているみたいで嫌な感じですね。(汗)読み物としては悪くありません読みやすいし。ただ、内容が私に合わなかっただけというか、そこは個人の好みなので仕方が無い部分だと割り切るしかないと言ったところでしょう。ドタバタ系が好きなら読んでみては如何かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.04

ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~

 北鎌倉にあるとある古本屋。そこに集まる本達の物語を紐解いていくお話です。といっても本の内容のことではなく本そのもの、その本がどういう人生(本生?w)を辿ってきたか、関わった人々の物語を本から読み解くといものです。読み解くのはビブリオ古書堂のオーナーである女性店主(栞子さん)。普段は人と話す事が苦手で緊張で何も言えなくなってしまう様な人なのですが、本の事となるとスイッチが入ったかのように人が変わり、すらすらと語り始める生粋のビブリオマニアなのです。

 物語は幼少の頃のとある事がきっかけで、本を読むと拒絶反応が出てしまい、本を読みたくても読む事が出来なくなってしまった青年が、祖母の死後処分する事になった形見の本に書かれたサインを鑑定してもらう為にビブリア古書店へ本を持ち込むところから話は始まります。その事でまさかの本人の出生にまつわる話にまで発展することになるのですが・・・。
 その事がきっかけでビブリア古書堂で働く事となった青年。その都度持ち込まれる本の内容と絡めつつ、本自体と人とのかかわりを描く内容になっています。

 てっきり短編読み切りタイプのお話が何本か収録されている形式なのかと思っていたのですが、最終章に来て今までの話しに出てきたパーツのそれぞれが意味を成す様になっていて、それどころか一話で出てきた主人公の出生の話に帰結するというつくりは流石本を題材にしている作品のことはあるなと思わせます。
 個人的にこの作品を気に入った最大の理由はラストでしょうか。私の大好物な展開が見え隠れしているなと思いつつ読んではいたのですが、予想通りの展開に成ってくれ、これはこれで在り来たりではなく王道と表現したいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

4月の新番組チェック

すっかり忘れてました。
気がついたのが4月2日。色々ありましたからねぇ・・・。未だ終わってない作品もありますし。
とりあえず気になる作品をピックアップしてみました。

4月2日DOG DAYSテレ玉25:35
4月3日日常テレ玉25:05
4月3日花咲くいろはテレ玉25:35キッズステーション : 04/07 23:27~
4月4日俺たちに翼はないAT-X08:30テレ玉 : 04/06 26:05~
4月5日STEINS;GATEテレ玉26:05AT-X : 05/06 22:30~
4月7日まりあ†ほりっく あらいぶTV東京26:15AT-X : 04/14 09:30~
4月8日AチャンネルTBS25:55アニマックス : 04/18 22:00~
4月8日Dororonえん魔くん メ~ラめらTBS26:25AT-X : 04/13 11:00~
4月8日そふてにっAT-X23:30テレ玉 : 04/08 26:05~
4月8日変ゼミAT-X23:15
4月9日プリティーリズム オーロラドリームTV東京10:00AT-X : 04/17 07:30~
4月11日アスタロッテのおもちゃ!テレ玉25:05AT-X : 04/25 11:30~
4月11日星空へ架かる橋AT-X09:00テレ玉 : 04/14 25:05~
4月13日30歳の保健体育AT-X10:15
4月14日[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROLフジテレビ24:45
4月14日あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。フジテレビ25:15
4月14日緋弾のアリアTBS25:25
4月14日電波女と青春男TBS25:55
4月17日青の祓魔師TBS17:00
4月18日デッドマン・ワンダーランドテレ玉26:05
4月25日もしドラNHK総合22:55レギュラー放送◇04/29 24:15~


うはぁ・・・
とりあえず気になる作品をピックアップしてみたが、これは・・・。
減らさないと・・・


□DOG DAYS
 悪くはないけど、この量だしなぁ・・・
◯日常
 CMが想像以上にインテリジェンスでビックリ
◎花咲くいろは
 本命
△俺たちに翼はない
 アイドルものなので観たいけど・・・。
◯STEINS;GATE
 ゲームをする時間がないので見れるならこれ幸い
△30歳の保健体育
 アニメ化!???とりあえず一話・・。
◯Aチャンネル
 たんに絵が好みなので。
△Dororonえん魔くん メ~ラめら
 能登さんの雪ちゃんが気になるw
?まりあ†ほりっく あらいぶ
 これは見なければいけないので。
□そふてにっ
 脚本に黒田洋介が。
◯変ゼミ
 絵と花澤香菜(*´ω`*)
△プリティーリズム オーロラドリーム
 アイドルものっぽいが・・・。
□アスタロッテのおもちゃ!
 メインビジュアルだけで釘宮さんの声が聞こえてきそうな作品。ちょっとなぁと思うが新房昭之、okamaが気になる。
-星空へ架かる橋
 何でここにピックアップしているのか?謎w
◯[ C ] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL
 ノイタミナなので
◯あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
 ノイタミナなので
△緋弾のアリア
 読んでいないラノベ原作なのでとりあえず。食わず嫌いはいけないので。
△電波女と青春男
 読んでいないラノベ原作なのでとりあえず。食わず嫌いはいけないので。
△デッドマン・ワンダーランド
 何だかわからないが制作がmanglobeなので気になる。
△青の祓魔師
 メインビジュアルで目についた杜山しみえがあまりにも花澤香菜だったのでw
◯もしドラ
 未だ読めてないので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »