« 星を追う子ども | トップページ | 半熟作家と“文学少女”な編集者 »

2011.05.10

ほうかご百物語あんこーる

 先日メインストーリーが最終巻を迎えたこのシリーズ。今回は雑誌等に掲載された短編を元にこれから行くお祭りの前の空き時間を利用して過去を振り返るという挿話集的な作りになっています。なので短編の間にそれを繋ぐショートショートが挟まってお話を進行していきます。そして最後に物語の最後を飾る為の描きおろしという構成になっており、シリーズを気持ちの良い形で締めくくってくれました。

 チョット変わったエピローグとなっており、皆のその後が語られる訳ですが、その見せ方や内容については実際に読んでみて体験して欲しいところです。wそんな訳でお疲れさまでした。次回作はどの様なジャンルとなるのか?再び手にとるようなことがあれば宜しくお願いします。ということで。

|

« 星を追う子ども | トップページ | 半熟作家と“文学少女”な編集者 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/51672938

この記事へのトラックバック一覧です: ほうかご百物語あんこーる:

« 星を追う子ども | トップページ | 半熟作家と“文学少女”な編集者 »