« 水野愛日 がる☆ぱVol.4 とりおDEおかえり!One Day Dream | トップページ | ほうかご百物語あんこーる »

2011.05.07

星を追う子ども

 新海誠監督の最新作です。早速観てきました。場所は新宿バルト9。運良く舞台挨拶に当選したのでそれも合わせて参加してきました。舞台挨拶で印象に残ったのは、今回の作品が今までと雰囲気が違うことについての質問に対して、今までは日本の日常を丁寧に描いていたが、海外に持っていったときにとても居心地が悪かったので、今回は見て分かるものを作りたかったと。何処へ持って行っても分かる物ってことでしょうね。作る段階で既に海外に目を向けていますか。後印象に残ったのは最後の締めの一言でしょうか。アニメーションはあくまでも娯楽であり、衣食住に代えられるものではないが、娯楽には娯楽の出来ることがある。感動したり笑ったりすることで心の傷を少し早く癒すことが出来る絆創膏のような物。そんな様なことを言っていました。私も要所要所でお気に入りの作品を見て心を満たすという行為を日頃から行っているのでこの言葉はすんなり受け入れられました。

 さて、作品についてですが、一言で言ってしまえば少年(シュン)と少女(アスナ)が出逢い、それがきっかけで地下世界アガルタを旅することになるお話です。ボーイミーツガールでありながらこの少年は早々に亡くなってしまい、成り行きで後々弟(シン)が兄の代わりを務めることになります。アスナの他にもアスナと共に旅をすることになる男性の森崎に至っては亡き妻を蘇らせる為にアガルタを求めます。今紹介したのはほんの一部分だけですがこのように初めから終わりまで物語の根幹に"生"と"死"が密接に関わってきます。作品の主題と言っても過言ではないでしょう。細かい内容についてはここでは何も書きませんが、とにかく物語を締めくくるシンとアスナの台詞が印象的でした。それまでこの作品が何を伝えたいのかを思案していたのですが、この最後の台詞を聞いた瞬間にこれまでの約二時間におよんで蓄積してきた情報が全て繋がった思いでした。「なるほど」と思わず心のなかでつぶやいてしまった程の納得というか理解というか。そして分かった瞬間に涙も溢れてきました。最後の一言にはそれくらいのパワーはあったかとwまぁ何と言うか最後まで全く主題がブレてなかったということなんですがw個人的な評価としては地味に良い作品。ってところでしょうか。間違いなく「秒速5センチメートル」よりは好きな作品です。それは間違い無く今回が納得のいく終わり方をしていたからでしょうね。その反面、新海誠の作家性という意味ではあの煮え切らない終わり方も含めて魅力であったとは思うのですが、今回より大衆に向けたことで薄くなったのかなぁ・・・と。悪い言い方をすると新海誠でなくても作りそうな作品?勿論美術面やディティール、それを伴った世界観においては新海誠独特のものではあるのですが。
 と、まぁ色々言いつつも私個人としては楽しめたので十分に満足なのですが。未だ観てない。新海誠は気にしているなんて方はとりあえず自分の眼と耳で体感してみては如何でしょうか?

|

« 水野愛日 がる☆ぱVol.4 とりおDEおかえり!One Day Dream | トップページ | ほうかご百物語あんこーる »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/51630181

この記事へのトラックバック一覧です: 星を追う子ども:

« 水野愛日 がる☆ぱVol.4 とりおDEおかえり!One Day Dream | トップページ | ほうかご百物語あんこーる »