« “葵” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・① | トップページ | 六百六十円の事情 »

2011.06.04

第6回 ルピシア ダージリン・フェスティバル2011 ~世界の新茶まつり~

 場所はサンシャインシティのインポートマート4F。今年は9:00から9:30まで子連れを優先とした枠が設けられており、9:30からの申し込みをしていた私達ですが、時間より早く9:00位に到着。思いの外空いていた事もありスタッフの方も気をきかせてくれて9:00に入場する事が出来ました。おかげでゆったりとまわることが出来、早々に38種全てのダージリンファーストフラッシュを試飲完了した他、チャイの実演や、その他ブースもゆっくりと、流石に10:00過ぎたくらいで混み始めましたが昨年と比べるととても良い試飲会でした。

 今年は昨年同様にライト、ボディー、フルーティー、フラワリーを十字の軸にA、B、C、Dの枠が設けられ、似た物が同じ枠にある為にとても比較しやすくなっていました。以前は産地別に分けられていた事もあり、ルピシアとしても試行錯誤しているのが分かります。

 そんなこんなで今年選んだのはまずは順当にマーガレッツホープ。いい値段ではありますがまぁ年に一度なのでこれくらいは。そしてリーズナブル部門ではラングリーラングリオット。といった所でしょうか。他にも購入はしませんでしたがアリヤ、スノビューなんかも好みでした。一口にダージリン、ファーストフラッシュといっても一つ一つ味が異なるわけで、更に同じ農園でも年によって味が異なり、(毎年同じものが好みになったことがない)こういう形で試飲会を開催してくれるというのは本当に助かります。

 今回面白かったのはチャイの実演です。ターバンを巻いたお兄さんが要点を説明しながら実際に作っていくのですが、書物で読むのと実際に観るのとではやっぱり違い、勘違いしていた部分も多々あり、とても勉強になりました。特に、背後の鏡が上から斜めに設置されており、鍋の状態が見えるのがとても良いアイディアでした。出来上がったチャイも美味しくいただきました。
 今度は意外と知らない日本茶のいれ方何かもちょっとみてみたいですね。

|

« “葵” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・① | トップページ | 六百六十円の事情 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/51877129

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 ルピシア ダージリン・フェスティバル2011 ~世界の新茶まつり~:

« “葵” ヒカルが地球にいたころ・・・・・・① | トップページ | 六百六十円の事情 »