« コクリコ坂から | トップページ | 犬とハサミは使いよう »

2011.07.19

神様のメモ帳7

 3月に新刊が出たばかりなのにもう新刊?まぁアニメ化に合わせて頑張ったのでしょうね。なので今回は短編だとばかり思っていたのですが、なんとまるまる一本書き上げたようで、しかもいつもと感じが違う!

 さて、今回は売り出し中のアイドル歌手ユイさんの依頼で、倒産しかけた会社を放り出して失踪した父親を探して欲しい。というもの。近くの公演でホームレスとして見かけたというのが事の起こりだったのですが、その父親と思われる人物ギンジはあっさりと見つかります。というかニート仲間で既知の人物だったのです。しかし相手は見つかっても進展しないどころか当のギンジが殺され混沌を極めます。ギンジの死の真相とは?残されたユイの思いと、全てを抱え逝ったギンジの思いの果てに何が見えるのか?喪服の少女は死者の言葉を暴く。

 今回は苦しい話でした。話が一向に進展しないのもそうですが、特に今回は鳴海の頑張りでしょうか。まぁいつもどおり空回りまくっていただけなのですが。そして少佐の孤立。ユイさんは今回辛い結末を迎えましたが、エピローグではそれを糧にして一回りも二回りも成長した姿が描かれているのが印象的でした。是非ともアリスのぬいぐるみ友達としてまた登場してもらいたいものです。

|

« コクリコ坂から | トップページ | 犬とハサミは使いよう »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/52279198

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のメモ帳7:

« コクリコ坂から | トップページ | 犬とハサミは使いよう »