« 神様のメモ帳8 | トップページ | たまゆら グルメスタンプラリーコンプリート!restaurant »

2011.09.24

愛百合学院へようこそheart

 今ではすっかり立派なBL文庫となっているティアラ文庫の創刊に発売された百合ものです。以前この文庫では玄鉄絢さんのイラストに引かれ「384,403km あなたを月にさらったら」を読んだので二冊目になりますね。ちなみに今回のイラストはCHI-RANさんです。

 簡単にあらすじを説明しますと、今回のヒロインとなる女の子の苺は事故で両親と死別しており、叔母さんと義叔父さんにそれは実の娘のように愛されて育てられた少女です。そんな義理の両親の仕事の関係で海外暮らしが長い苺ですが、大好きな両親の手を煩わせたくないという思いで一人、日本の全寮制の女子高へと入学を果たすのです。
 そんな苺ですが、入学式で母親が作ってくれたとっておきのドレスで出席した為に教師にも生徒会にも目を付けられる事に。実はこの学校は私服がOKという理由で母親が選んでくれた学校なのですが、参考にしたパンフレットが5年前の古いもので、現在では膝上ミニの可愛らしい制服に変わっていたのです。しかし苺は制服の着用を断固拒否。帰国子女である苺は日本の皆同じ制服を着るというのが納得できないのです。そして母親が作ってくれた可愛い服を着たいという理由を前半口にするのですが、実は制服のスカート丈そのものに問題があり、両親を亡くした事故で受けた足にかけての大きな傷を隠す為の洋服だったのです。
 そんな事とは知らない生徒会の意地悪双子は執拗に苺に意地悪を仕掛けてくるのです。そんなある日、いつもの双子の意地悪から逃げ回っている内に学園一の美人とうたわれる生徒会長との運命の出会いを果たします。クールビューティーを絵に描いたような生徒会長ですがその実可愛いものが大好きなドSな面を持っており、自分の理想の女の子である苺を一目見て自分のものにしようとします。初対面でキスをされ、どんどんエスカレートしていく行為を拒み続けてきた苺ですが、とうとう隠していた傷を見られてしまい激しく拒絶します。それをきっかけにしばらく双方距離を置く事になるのですが、その時間がお互いの気持ちを整理する時間となり、とある事件をきっかけにお互いの気持ちを告白し合い、愛を深めるのです。といった内容。

 ストーリーとしてはありがちではありますが、愛羅(生徒会長)が最初こそ着せ替え人形としてしか見ていなかった苺の深い傷(心も体も)を知り、気持ちがより真剣に変わっていくさまと、その間同じ様に愛羅と距離を置く事で、今迄拒んできた愛羅への本当の気持ちに気が付いてしまうシーンは百合好きにはなかなかのシチュエーションではないかと。あとはエッチシーンが大目で、エッチな挿絵もおおいので電車等で読む際には注意ですw

|

« 神様のメモ帳8 | トップページ | たまゆら グルメスタンプラリーコンプリート!restaurant »

小説」カテゴリの記事

百合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/52839233

この記事へのトラックバック一覧です: 愛百合学院へようこそheart:

« 神様のメモ帳8 | トップページ | たまゆら グルメスタンプラリーコンプリート!restaurant »