« 魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 | トップページ | 真田アサミ ◯の陣 ~大きな○を作りましょうの巻~ »

2011.09.11

真田アサミ ◯の陣 ~まったり、大爆笑???の巻~

 とうとうこの日がやって来ました。場所は初台のLIVE-BAR The DOORS。行ってみて以前、高橋美佳子さんの10周年の「Live Princess」を行った会場であることに気が付きました。ということはステージが見えるメインフロアは百二、三十人ってところですかね。
 そしてアサミさんからの早く集まりすぎないでください。という事前のアナウンス通りに開場の15分位前からですかねポツポツと人が集まりだしたのは。ちなみに私は近くの飲食店で20分前まで食事してました。ただし、通行人の邪魔にならないように端に寄ってくださいというアナウンスは余り守られていなかったように見えますが、これは案内の人の声が通らず、後ろの方まで聞こえないんですね。なので動きがあると皆寄ってきてしまうという。当然自主的にそれらの行動ができるべきなのでしょうが、案内の方も入口付近だけで呼びかけるだけでなく、通行を阻害している箇所まで行ってアナウンスしても良かったのではないかなと思います。
 入場は10番位づつ呼びながら番号順に入場。こちらはスムーズに行われたようです。物販は入場してからでリストは次の通りです。
Tシャツ:2,500
生写真A、Bセット:各1,000
ラバーリストバンド(青、緑):各500(全額義援金)
物販としては安いと思います。勿論全セット購入です。

 昼の部は座席が用意されていて、その数60席。それ以外は立ち見となるのですが、全部で7、80人ってところですかね。しばらくするとお馴染みのイベント諸注意の場内アナウンス。昼の部は姫バージョンでした。^^音がやけにクリアだなと思っていたら途中でマイクが入るというアクシデントが、あれ生声だったんだwよく通るものですね。

 そうこうしているうちにイベントが始まります。始めはビデオ上映。映像ゲストは小林ゆうさんです。どこぞのカラオケボックスをスタジオ代わりに収録された映像は手作り感満載ですw。徹子の部屋風に迎えるアサミさんに、ゲストの小林ゆうさん的なシチュエーションなのですが、まぁゆうさんをご存知の人であれば分かると思いますが、まぁめためたですwこれが実に30分あまり。いやぁ正直疲れました(精神的にも肉体的にもw)彼女のバイタリティーは底なしか?と思われる程。このあと生出演かと思ったら、ビデオだけのゲストだったのですね。残念なようなほっとしたような(^^;

 そして登場したアサミさんは今回のブルーのTシャツと、思いきや、襟元の大きく開いた女性用のTシャツに今回のロゴをプリントしたもの。特注品ですね。を着ての登場です。そして丁度10年前の今日、アメリカで起きた同時多発テロと、丁度半年前に起きた震災に対して黙祷を捧げての開始となりました。
 昼の部のテーマは「まったり」です。そしてまったり感たっぷりな一曲目は

歌:絶望レストラン/真田アサミ
 この曲を聞くと、新宿でこのCDを探していた時のソフマップの店員との会話を思い出すのですがw棚に見つからないので店員に「さよなら絶望先生という作品の絶望レストランというCDありますか?」と聞いたところ、「只今、林檎もぎれビームと共に品切れとなっております」と即座に答えられたのを思い出します。秋葉原ならいざしらず、まさか新宿にこのような店員がいようとはw
 次に始まったのは紙芝居。この日の為に倉田雅世さんこと紙芝居師倉嶋らむねさんから借りてきたそうです。
紙芝居:モーリーとキッキー
 始まる前に飴ちゃんを全員に配って、はじまりはじまり~。今回は紙を引くのも読むのも一人での体験。この話は倉田さんのイベントへ行った時に何度か見た事のあるものでしたが、全て一人といのは始めてだったのでそれはそれで新鮮でした。やっぱり一人というのは大変なようで、特に今回マイクを片手にしていたので紙が引けなかったりと色々大変そうでした。そんな紙芝居も反省点を残しつつ無事に終了。

続いては事前に受け付けていたメールのご紹介です。
・あなたは何で(作品、キャラクター、媒体など)真田アサミを知りましたか?
・ 歌ってみて欲しい曲は?
・「さ な だ あ さ み」であいうえお作文を作ってください。
・最近、「自分を褒めてあげたい」と思ったことは?
今回はホント難産で、特にあいうえお作文は苦手だなというのを感じました。メールは数も大分読んでいたので、半分とは行かないまでも結構な方のメールを読んだのではないかと思います。ちなみに私も読んで頂きました。最後の最後トリの一言を。前回の○の陣は出し忘れたのでw仕方ないですが、こうして◯の陣という舞台で読んでいただけるのは嬉しいものですね。
 そしてびっくりのアコースティックコーナー。登場したのはギター奏者の春さん。プロではないのでとひたすら恐縮しまくりの腰の低い方でしたが、ギターは聞かせてくれました。しかも楽曲が
PARTY NIGHT 真田アサミVer/真田アサミ・春(アコースティック)
 意外過ぎる選曲に全身がさわさわします。これいいです。しかもアサミさんまた歌上手くなってる!アコースティックなので尚更それが分かります。綺麗な美声でした。そしてなんとお次はこの曲。

まほうよりもっと/真田アサミ・春(アコースティック)
 マジ泣きしました。これはヤヴァイです。ななか7/16の中のまじかるどみこという劇中劇ののエンディングテーマなのですが、魔法を使うどみこが皆の笑顔は魔法だって敵わないと唄う内容で、アサミさん自身がファンへのメッセージソングとして歌ってくれると思うととてもココロに響くのです。桜井監督に是非聞いてもらいたかった一曲ですね。
君に胸キュン/真田アサミ
 そして最後にこの曲。一人で唄うのは大変そうでしたwこんな感じで実にまったりと終了。

 出口ではアサミさん自身がサンクスカードを手渡ししてくれました。10周年の◯の陣ではURLでの投稿フォームでしたが今回はメールアドレスが書かれていて、期間限定でイベントの感想を受け付けるそうです。色んなイベントに参加してアンケート用紙に感想をとあるのですが、時間の制約であったり、考えがまとめきれなかったりとなかなか思ったことが書けないのが実情なのですが、こういう形で感想を後日受け付けるというのも新しい試みでなかなか良いなと思いました。さて、次は夜の部だ!

|

« 魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 | トップページ | 真田アサミ ◯の陣 ~大きな○を作りましょうの巻~ »

イベント」カテゴリの記事

真田アサミさん」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/52712216

この記事へのトラックバック一覧です: 真田アサミ ◯の陣 ~まったり、大爆笑???の巻~:

« 魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 | トップページ | 真田アサミ ◯の陣 ~大きな○を作りましょうの巻~ »