« 山がわたしを呼んでいる! | トップページ | 魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 »

2011.09.07

マルドゥック・スクランブル 燃焼

 場所はMOVEXさいたまの9番スクリーン。大き目のスクリーンなのですが、客は10人前後。シアターに入った時などは誰もいなくて、初めて無人のシアターを見ることに。この分だと最終からは確実に小さいシアターへ変更ですね。

 正直なところ”意外と早かった”というのが感想です。早くて来年だと思っていたので。エヴァの所為で感覚がおかしくなっているようです(苦笑)
 そんなこんなで始まった「燃焼」ですが、いきなり銃撃戦の最中から始まるのですが、”忘れてます”(爆)銃が血を吐いたりするのですが、ん?この銃ってウフコックだっけ?ってなもんです。そんでもって命からがら楽園へ逃げ込み、ウフコックの治療と、調べ物をするのですが、なんか色々と置いていかれてます。これは短いスパンで一気に見る方が面白いかもしれません。しかし、決してつまらない訳ではなく、寧ろ面白いと感じる自分がいます。カジノの高額チップに隠されたデータを合法的に回収すべくカジノへ潜入するバロットの可愛い事。そこで出会うベテランディーラーとの邂逅と、交し合う言葉の一言一言にたまらない愛おしさを感じてしまうのです。”感覚”で見る作品。これが今回の燃焼に一番合う言葉かもしれません。何だか分からないけど好きだと感じている。これでいいのだと。wさて、次の公開は何時でしょう?

|

« 山がわたしを呼んでいる! | トップページ | 魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/52680532

この記事へのトラックバック一覧です: マルドゥック・スクランブル 燃焼:

« 山がわたしを呼んでいる! | トップページ | 魔法の材料ございます7 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚 »