« たまゆら~hitotose~紀行 | トップページ | アクセル・ワールド9-七千年の祈り- »

2011.10.09

「たまゆら~hitotose~」上映イベント ~旅立ちの場所で~&トークショー in ヴェルニー公園

 行って来ました汐入へ!勿論本日行われる「たまゆら~hitotose~」の「上映イベント ~旅立ちの場所で~」と「トークショー in ヴェルニー公園」の為です。この日はたまゆら的なイベントも盛り沢山で、この他にもたまゆら記念きっぷの発売や、継続しているグルメスタンプラリー&写真展等々。更に一話放送後という事もあり各所でロケーションの巡礼なども行われていたようです。

 まず切符ですが、こちらは午前中に出来た列だけでおよそ1700枚程が出たようです。私は友人に購入を頼んでいたのですが、朝の8時前には既に500人を超える列が出来ていたようです。結局この日一日で販売された数はおよそ2500枚ほどだそうで、作品の注目度の高さが伺えました。
 そして改札入って直ぐのところには駅員の格好をした鉄むす楓ちゃんの等身大ポップが!鉄むす好きの私としてはたまりませんw
 また、本日限定で先日一日駅長を務めた竹達彩奈さんのアナウンスが不定期で構内に流れるそうで、ホームは録音機材を持ったファンが沢山待機していました。

上映イベント ~旅立ちの場所で~
 こちらは駅前のHUMAXシネマで行われたOVA4話と、hitotoseの1話上映会&儀武ゆう子さんと佐藤順一監督のトークショーという内容でした。入場の際にこの為にと言っても過言ではない今日初出しである麻音のコースターをゲット。上映会の方はそれこそさんざん観た映像ではありますが、大スクリーン&高音響で観るのはやはり違いますね。最前列センターという映画ではちょっと有り得ない席ではありましたが、その分迫力は満点w今更ながら気がついた点もチラホラとあったりwそして何回見ても良い作品は良いもので涙をダダ漏らしながらの鑑賞とあいなりましたw。
 トークも大変面白かったです。途中監督のマイクが入らなくなるというアクシデントにも儀武ゆう子がインタビュー形式に切り替えたり、お知らせを先行するなどのフォローを見せます。この辺は流石、司会業としても様になっています。ここで儀武さんから私も記念きっぷ買って来ました的な発言があり、整理番号は1700番台。しっかりと列に並んで買ってきたそうですが誰も気が付かなかったそうですwあとは発音の話などもされていましたね。「汐入」の本当の発音は「塩入り」と同じ発音なのだそうで、アニメなどの作品ではよくあるそうで、あえてファンタジー感をだす為だったり、音で聞いた時に誤解を招かないように変えることがあるそうです。(そういうことにしましょう。とも言っていましたがw)なので作品中は現在放送されているイントネーションで統一することになっているそうです。そんなたまゆら話が30分(13:00終了)。とても有意義な時間でした。

 そしてヴェルニー公園へ。13:00から整列という事で早くも50人程の列が出来ており、このまま約2時間並び続けるか思案して、定員はあるのかと最寄りのスタッフに伺ったところ、整列の責任者らしき人が、イベントは自由参加で、現在並んで頂いていますが並んで頂かなくてはならない訳ではないとの事。(明言出来ず苦笑い気味に教えてくれましたw)なので時間まで食事&散策へ繰り出すことにします。この時の散策記録は「たまゆら~hitotose~汐入紀行(放送後)」へどうぞ。
 まず向かったのはあと1種類でタイアップメニューがコンプリートとなる津波さんへ行くも大行列です。仕方ないのでコンビニでおにぎりをひとつだけ収め、昨日回収出来なかったロケーションの散策へ出かけることにします。まず目指したのは通学路のシーンで、昨日は車が駐車していた為に撮り直そうとしたのですが、本日も寸分違わず駐車継続中。3連休中はお出かけはしないようです。残念。次に目指すは子之神社。昨日は様子が異なるためにここではないと判断した場所ではあるのですが、3本垂れている綱は初詣仕様と考えれば位置的にもビジュアル的にもここしか無いのですよね。お次は馬頭観音を経由して坂本公園へ。昨日見つからなかったオープニングのちひろちゃんが青いマンホールらしきものをポンポンと跳んでいるシーンです。そのシーンでも描かれている手前の掲示板にゴミを捨てないで等の案内を貼っているところでした。時間はイベント30分前という事でヴェルニー公園へ向かいます。

トークショー in ヴェルニー公園
 開場へ着くと仮設ステージと柵が作られており、その脇で関連商品の物販が展開されていました。商品はたまゆらカレーと、CD、OVAのDVD&BD、そして~hitotose~の1巻予約を受け付けており、カレーは朝駅でも売っていましたが、今回購入するとグルメスタンプラリーのスィーツ&バーガーで貰えるシールが全てコンプリートできるという何ともな特典がw私的には折角なので全てのメニューを食したいという気持ちと、残り1つでコンプという事もあり今回は見送りましたwそして~hitotose~の1巻予約の特典は何とボスター!しかも汐入と竹原の2種!OVAの時そのチャンスがありながらもその機会を不意にした為に未だに入手できないでいるという経験を持つっています。しかもポスターはその場で貰えるというのですからこのチャンスは逃せません。一巻二枚お買い上げ・・・。
 そんなこんなで始まりましたトークショー。二人揃うと降水確率100%の謳い文句を持つこの二人wそれでいて野外イベントを企画するこの無謀さw残念?wながらイベント中の雨は回避!しかし早朝に降っているのですよね。そんな熟れた二人の軽快なトークでイベントは始まります。実は9時には現地入りしていたという儀武さん。何をしていたかというとロケーションを一人で周っていたのだとかwしかも汐入のメインビジュアルの場所をわざわざカートを持参して一人なりきりをしていたという笑撃のネタを披露w監督も「その為にカート持ってたの!?」と驚きの表情ですwまた、青いマンホールを跳ぶちひろちゃんのシーンで儀武さんがコメント。以前手前の掲示板の下がゴミ収集の場所だったらしく、10月7日(一昨日ですね)に場所が変わったらしいのです。そこで脳内回想・・・あ、さっき貼っていた張り紙はそれか!その後もゴミが置かれ続けるようならシーンの中で何かすると仰ってましたw本当か?wその後も監督が汐入にロケハンに来た時の話なども披露して下さいました。監督曰く、本当はその地に1週間ほど泊まって、生活したいそうしないとその地の生活感を気が付つくことができない」といった事を話していて、私がその話を聞いた時に尾道に行った時のことを不意に過ぎりました。かみちゅ!という作品で取っ手の付いた木の箱が描かれているシーンがあるのですが、当然それが何なのかさっぱり分からない訳です。しかし、その地で早朝の散歩に出かけてみると例の木の箱を路肩に広げ、魚を捌いて切り売りしているではないですか。魚の収納を兼ねた移動まな板だったんですね。市場から仕入れてお店が開く前から新鮮な魚を朝一番で売るというこの地ならではの習慣です。佐藤監督は例えば毎日同じ時間に見かけるトラックがあったとして、実は近くのお店に配送している為に同じ時間に見かける。そこで既に一つのドラマが出来上がる。と言っていました。先ほどの木の箱で言うと、もう使わなくなって久しいその箱が置いてある家の人は昔魚の行商をしていたのだなという風に想像が膨らんだりします。内容こそ少し違いますが、実際に見て感じるという意味では非常によく解る話でした。また、大体は適当に写真に収めて後で照らし合わせるというのがほとんどらしいのですが、中には見た瞬間にあのシーンはここを使おう!とピンと来る場所もあるそうで、例えば讀書公園のすべり台は丁度夕日の時間帯に監督自身が訪れたらしく、ちひろちゃんが楓にょんにカメラケースを渡すシーンはここにしようとその時ピンときたそうです。
 そしてこのままそんなトークを繰り広げるのかと思いきや、唐突にコーナーを始めます。汐入どっちが詳しいかクイズ的なもので、最初に儀武さんがBOXから引き出した問題は歴史チックなとても真面目な問題w○☓クイズだったのですが、その○☓を答えた上に「では何?」の儀武さんのアドリブにも即回答する佐藤順一監督の博識ぶりには会場も拍手喝采です。今度は後攻の佐藤監督が引いた問題は運良くたまゆら問題だったのですが、見事なひっかけ問題にまんまとハマる儀武さん。あえなく撃沈ですw
 その後も降水確率100%ユニット雨降リスプの3人目の公開オーディションを開催w入場の際に配られた番号が栄えある生贄選出番号となり、番号が呼ばれる度に各所で「危ねぇ!」という心からの安堵の声があがりますwちなみに私も1番違いでかすり安堵した一人ですw選ばれた8人の生贄の第一選考はメンバーの事を知らなければならないという事で監督の事クイズ。今朝の朝食や、上京当時の家賃など全員落とすのが狙いかと思われるクイズばかりwでしたが儀武さんの裁量で残される3人w。そして第二次選考で三人が登場する際の決め文句による自己紹介。「お色気担当の〇〇です」がバッチリ決まる人的な生贄をイジり倒したコーナーでした。(本当に当たらなくてよかったw)その参加賞は初出しとなるももねこ様コースターでした。麻音は今日の映画で出たのであと残るはのりえちゃんと、かおたんですね。今度の竹原のイベントでは配られるとして、他で配られる機会があるのかは気になるところです。
 そんなこんなで16:15分頃?大幅に時間をオーバーと言っていたので恐らく1時間位の予定だったのでしょうね。時間の長さなど感じないとても楽しいイベントでした。

 そして先ほどのリベンジを果たすべく津波さんへ。列は数人でしばらくするとすんなり入ることが出来ました。そして最後のメニュー「ちひろの思いやりバーガー」をCALL。バンズが香ばしく焼けておりバターの香りが食欲をそそるとても美味しいバーガーでした。そして長きに渡るたまゆらグルメスタンプラリーの食べ歩きも全メニュー制覇と相成りました。

 その後、再び散策へ。本日の上映会の際に隣の方に頂いた情報を元に楓ちゃんが作中に撮った写真に写っている謎の尖塔や、住宅地の上方に見えるマンション(馬頭観音隣の花の彫り物のある壁ではないカット)を探します。尖塔は建物ではなく、どぶ板通りに不定期に配置されているオブジェクトで、どぶ板通りを往復してやっと発見。見つけたのは2種で計4本。(他にもあるのでしょうか?)背景と、特徴的なべろんと垂れた何だかわからないものが目印です。あと、マンションの方は場所は見つけたのですがすっかり暗くなっており撮影は断念しました。場所は坂本の交差点から見上げたのがマンションの角度としては正解。しかしこれだと下の住宅の屋根が合いません。しかしその付近の路地を少し入るとローケーションは見つかるはずです。しかし、住宅の屋根を合わせるとマンションの角度が合わない罠w二個一で見栄え良く作り替えたのでしょうね。
 そして日も暮れたので三笠公園の道程の船のオブジェクトへ。そしてまさかのライトアップw見栄え良く夜にしたのか、もしくはロケハンが4月頃だったと言っていることから節電か計画停電でライトアップされていなかったのか。その先濃厚ですwそこで出会ったたまゆらファンと暫く歓談し本日はお開きに。(この時の散策記録は「たまゆら~hitotose~汐入紀行(放送後)」へどうぞ。)

 帰りがけ駅に着く直前に雨が降り出し、ホームに着くなり土砂降りにwあのお二人は未だこの辺で打ち上げでもしているんだろうなと思ったら案の定twitterで打ち上げしていたら土砂降りとのつぶやきがwww雨降リスプ健在ですw

|

« たまゆら~hitotose~紀行 | トップページ | アクセル・ワールド9-七千年の祈り- »

たまゆら」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/52959099

この記事へのトラックバック一覧です: 「たまゆら~hitotose~」上映イベント ~旅立ちの場所で~&トークショー in ヴェルニー公園:

« たまゆら~hitotose~紀行 | トップページ | アクセル・ワールド9-七千年の祈り- »