« トワノクオン 第四章 紅蓮の焦心 | トップページ | CEATEC JAPAN2011 »

2011.10.05

尾道 いちじくワイン その4

 私が最も愛する尾道のいちじくワインが生産中止になった事で、その代わりとなるいちじくワインを探そうというこの企画。(昨年の記録はこちら)今回2本入手したので前回を含めて比較しなおして見ました。

商品名 いちじくワイン
製造元 株式会社アロマキシムワイン
産地 広島県尾道市
いちじくの香り ★★★★★
いちじくの風味 ★★★★★
甘み ★★★☆☆
デザイン ★★☆☆☆
透き通る様な美しい水色。香り風味共にいちじく好きなら文句無しの逸品。今回比較した中では他の追随を許さない。尾道の風景を描いたパッケージですが、何の商品か分からないのが残念。とにかくこのワインが製造されなくなったのは日本の宝が失われたのと同義。
商品名 いちじくワイン
製造元 立花ワイン株式会社
産地 福岡県八女郡立花市
いちじくの香り ★★☆☆☆
いちじくの風味 ★★☆☆☆
甘み ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
水色は今回比較した三本の中では一番濃い。香り、風味共にいちじくを感じさせる。パッケージは商品名も大きくわかりやすい。
商品名 川西の朝露
製造元 マンズワイン株式会社
産地 兵庫県川西市
いちじくの香り ★☆☆☆☆
いちじくの風味 ★☆☆☆☆
甘み ★☆☆☆☆
デザイン ★★★★☆
香りはいちじくの嫌な匂いを引き立たせ、いちじくの良い香りが全くしない。風味は最もワインらしいが、味に少々苦味がある。唯一商品名共にパッケージの拘りを感じる。
商品名 夢みるいちじくワイン
製造元 鶴見酒造株式会社
産地 愛知県尾張旭市
いちじくの香り ★★★☆☆
いちじくの風味 ★★☆☆☆
甘み ★★★★★★
デザイン ★★★★☆
商品名 愛知県特産いちじくワイン
製造元 鶴見酒造株式会社
産地 愛知県尾張旭市
いちじくの香り  
いちじくの風味  
甘み  
デザイン ★★★★☆
実はこの二本は同じものです。頼んだ後気がついたのですが、酒造メーカーが同じです。上が尾張旭市観光協会企画のもの。下が鶴見酒造が販売しているものです。味はとにかく甘い。いちじくのワイン煮という甘露がありますが、例えるならあれ。甘いのが苦手な人にはある意味飲むのが一番辛い品かもしれい。
商品名 田布施いちじくわいん
製造元 マンズワイン株式会社
産地 山口県田布施町
いちじくの香り ★★☆☆☆
いちじくの風味 ★★★★☆
甘み ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
今回の企画で一番期待していた品。2010年の時は既に品切れで取り寄せ出来なかったが、今年2011年で念願叶って入手。香りは同じマンズワインの為か川西のものと似ているが、口に含んだ時の風味はなかなか良い。ある意味最もいちじくがワインらしく仕上がっている品と言える。素直に美味しいと言える逸品。あとは好みの問題となるのだが、個人的にはやはり尾道のいちじくワインの香り、風味、味わいには及ばない。しかし、尾道のいちじくワインが製造されていない現在、飲み比べた中では最も美味しいいちじくワインである。

 二年にわたり比較してきたこの企画ですが、今回の一番の収穫は「田布施いちじくわいん」でしょうか。普通に飲んで美味しいと思えるいちじくワインがこんなにも世の中に無いのかと愕然としていましたが、ようやく普通に飲めるいちじくワインに出会うことが出来ました。しかしながらこれでも尾道のいちじくワインには及ばず、より一層製造中止の事実が悔やまれる結果となってしまいました。

|

« トワノクオン 第四章 紅蓮の焦心 | トップページ | CEATEC JAPAN2011 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

尾道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/52917744

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道 いちじくワイン その4:

« トワノクオン 第四章 紅蓮の焦心 | トップページ | CEATEC JAPAN2011 »