« アイマスな一日 in 池袋 | トップページ | ヴァンダル画廊街の奇跡2 »

2011.10.23

ゆりてつ

 松山せいじ先生の女子高生はんなり日常系鉄道ライフ。ツボりましたw久々にコミックの感想です。あとがきで絵を変えたと書いてありましたが、「鉄娘な3姉妹」の絵を見てびっくりしました。こんなに変えられるものなんですねw「鉄娘な3姉妹」も実は気になっていた作品だったのですが、ひょんなことから同じ作者の作品を手に取ることになりました。

 茨城県の勝田から3時間以上かけて立川の隣にある私立百合ヶ咲女子高に通う日野はつね。入学のその日に三人の少女に出会います。一人は一眼レフを持った少女。一人はたい焼きを咥えた少女。一人はタブレットPCを持った少女。それぞれ出会っては一言二言言葉を交わした彼女達に数時間後、都内の電車に不慣れなはつねは迷った挙句に上野で再開を果たします。そして一枚切符が余っているからと誘われて電車に乗ってしまうのです。寝台特急「北斗星」に(笑)そんなガールミーツガールです。

 この物語の素敵なところは鉄道の知識が余り無くても楽しめることです。勿論知識があればより楽しめるのでしょうが、主人公であるはつねが鉄道初心者ということもあり、共に学ぶことが出来る他、その地の観光であったり、美味しいものや、お店の紹介であったり、その土地の豆知識であったり、歴史的なことであったりと、旅行気分も味わえます。また、乗り鉄の鶴見はくつるは聖地巡礼マニアでもあり、そういった視点からも楽しめ、色々な楽しみ方が出来る作品なのです。私はというと鉄道むすめから得た知識しか無いのですが鉄道むすめネタがあったり、外川つくしちゃんでお馴染みの銚子電鉄のいい話があったりと大満足。何より可愛い女の子4人が和気あいあいと旅行する姿が本当に楽しそうで、その気持ちが紙面から溢れ出してくる様です。百合の看板に偽りなしですw

<脳内キャスト>
日野はつね:竹達彩奈
能登まみこ:中原麻衣
石塚まろん:井口裕香
鶴見はくつる:桑谷夏子

|

« アイマスな一日 in 池袋 | トップページ | ヴァンダル画廊街の奇跡2 »

コミック」カテゴリの記事

百合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/53069578

この記事へのトラックバック一覧です: ゆりてつ:

« アイマスな一日 in 池袋 | トップページ | ヴァンダル画廊街の奇跡2 »