« 真夏の日の夢 | トップページ | 豚は飛んでもただの豚? »

2012.01.18

ヒカルが地球にいたころ・・・・・・③ “若紫”

 来ました若紫。小学4年生のロリ娘です。といってもこの作品の若紫は容姿端麗ではあるのですが、はねっかえりで物凄くお金に汚いのです。というか雀狩りと称してエロおやじ共をたらし込み、金品を巻き上げるという犯罪行為をも厭わないのですから困ったものです。今回のヒカルの約束はこの娘に強面の「犬」をプレゼントすること。そんな訳で今回も是光は大変な目にあうわけです。ホモ疑惑に始まり、ロリコン扱いにまで。
 しかし当然ながらこの性格に難のある娘には事情があり、その事情を知った是光も毎度の如く体を張って救おうとするのです。正直読み始めた時のムカつき度はこれまでの中でも群を抜いているのですが、解決編の完成度と成果はピカイチではないでしょうか。更正した紫織子かわゆす。
 このシリーズが始まった時はどの程度楽しめるのだろうかと思案したものですが、実際こうして読み進めていくにつれてなかなかどうして、面白く読めているので今後も楽しみにしたい作品です。

|

« 真夏の日の夢 | トップページ | 豚は飛んでもただの豚? »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/53797644

この記事へのトラックバック一覧です: ヒカルが地球にいたころ・・・・・・③ “若紫”:

« 真夏の日の夢 | トップページ | 豚は飛んでもただの豚? »