« ソラの星 | トップページ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 »

2012.02.13

レンタルマギカ 死線の魔法使いたち

 アディリシアさんがぁーーーー!!!大変な事になってしまってます。とはいえこの安心感。これが積み重ねてきた巻数の成せる業なのでしょう。意外と安心して読んでいられました。しかし!しかしですよ。それ以上の事態に前半のアディリシアさんの自体がすっかり霞んでしまいました。何だこの展開。そして何だこの引きは!?ここで終わるのか!次でとうとう最終回だそうです。種も色々と明かされてきましたが、結局1巻目の基点の話が背骨となってそこにしっかりと着地するのですね。付き合っているシリーズの中ではそこそこ長い上に、珍しくアニメから入って読み始めたというシリーズなので(これをやったのは過去「マリ見て」のみです。)、色々と感慨深くもあります。魔法好きが講じて読み始めた作品ではありますが、ホント魔法に関しての考え方を一変させてくれた作品でもあります。魔術的な意味でも始まりと終わりは特別だとあとがきで語っていた三田さんですが、どのような終わり方を見せてくれるのか楽しみです。

|

« ソラの星 | トップページ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/53944898

この記事へのトラックバック一覧です: レンタルマギカ 死線の魔法使いたち:

« ソラの星 | トップページ | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 »