« サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA | トップページ | アクセル・ワールド11 ―超硬の狼― »

2012.04.22

たまゆら~hitotose~上映イベント ~ななつめ~

 7ヶ月連続イベントの最終回です。結局逃したのは12月に行われた寿美奈子さんがゲストの回のみということに。あの日は仕事が重なっていた為に止むを得ないのですが、悔やまれます。
 今回の上映は前回の~むっつめ~で11,12と最終話まで上映を終えているので、今回は新作の5.5話の上映となります。こればかりは発売を待って観てもらうしかないのですが、良いお話でした。季節は夏。花火大会での浴衣にまつわる父との思い出が語られる内容となっています。結局この回も感涙。泣かなかった話は1つもなかったという結果に終わりました。(ももねこ様話も泣いたw)
 と、いう訳で今回のゆう子の部屋は上映が1話分だけなのでロングバージョンで開催です。ゲストは緒方恵さん。と、その前のいい話ですが、今回は儀武さんとそのお母さんとの本当のいい話w落ちは何処かと聞いていたらそんな感じでスタートです。
 緒方さんは久しぶりに拝見しましたが、変わらず豪快な方ですねw「萎えた」だとか「起つ」だとか「ランパブ」だとか、たまゆらとは縁もゆかりもないキーワードが続々と飛び出し、あの儀武さんがたじたじというか、本気で焦っているのがこちらにも伝わってきました。スタッフも騒然!?w
 そんな中でたまゆら的な話といえば楓のお母さん役について、多分やっと事の無い役だそうです。なので相当悩んだそうですが、聴いている方からすると流石緒方さん。といった風格を感じていたのですが、裏ではどう演じていいのか?と相当悩んだようです。アフレコ現場の話としてはとにかくマイクの低い現場であった事w女性でも結構背の高い方に入るであろう緒方さん的には足をめいいっぱい開いて入ったりと色々と苦労もあったようです。恒例の竹原には行った事がありますか?という質問には自分のライブで広島には行くが、竹原は無いとのこと。その際に「せとか」?凄く皮の薄い柑橘系。が凄く美味しいと絶賛。今度行った時はせとか探してみよう。
 そして何と新コーナー。といっても最初で最後ですが。青春時代を蔵馬に憧れて過ごしたという儀武さんが緒方さんのカッコイイ声を聞きたいという理由だけでつくったという脚本による朗読コーナー。これが意外とあたりで驚きました。意外なほどにまともな脚本が織成す過去あったであろう過去の大崎下島を描くたまゆらの世界。そして超絶上手い儀武ゆう子のソプラノリコーダー(音を外すシーンは何度かあったもののあの安定度は大したもの)をBGM。2期目ではキャラコメの脚本を密かに狙っていると宣言するだけあってかなり良いものでした。ただ綺麗すぎる。あとひとさじ、何かが加わればかなりいいものになるなと感じました。
 さて、コーナーも大詰め。あのコーナーです。クイズたまオネア。最初から全問正解したらコースター2つ付けるだとか、儀武さん自身が手渡しするだとか、今回は全く取らせる気の無い儀武さん。毎回3問だったのに対し5問になった上、お助けはいつもの「テレフォン」「フィフティーフィスティー」「オーディエンス」の実質2つのみw実際、3問目までは優しい問題だったのですが、4問目。冒頭の楓が電話をしていた時のガヤの子供のキャストは誰か?ただでさえ半年前にアフレコを終えたきりと言っている緒方さんには厳しすぎる問題です。「フィフティーフィスティー」を使うも遭えなく不正解に。ちなみに最後に残った5問目が酷い。○○のシーンは何カット目か?こっちが「フィフティーフィスティー」ならもしくは?と思わなくもない展開でしたね。いや残念。結果的に全七回のうち、クイズに失敗したのは第一回目の宮本佳那子と緒方恵さんの二人だけという結果になってしまいました。
 全七回本当にお疲れ様でした。二期は何時からなのか?そのまえに「わんおふ」は何時からなのか?~hitotose~としてのイベントは恐らくこれが最後となりますが、楽しみはまだまだ尽きません。

|

« サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA | トップページ | アクセル・ワールド11 ―超硬の狼― »

たまゆら」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/54556419

この記事へのトラックバック一覧です: たまゆら~hitotose~上映イベント ~ななつめ~:

« サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA | トップページ | アクセル・ワールド11 ―超硬の狼― »