« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012.04.28

乙女企画クロジ☆ 第10回記念公演 「異説 金瓶梅」

 久しぶりの観劇です。場所は新宿のシアターサンモール。実はこのお芝居は昨年の今頃に行われる予定だったのですが、震災の影響で1年公演を延ばしたのです。その分脚本にも変更を加え、より完成度を高めたという触れ込みでした。この劇団は、友人が第九回の演目である「縁側のクラゲ」というお芝居の評判を聞いて是非見てみたいと思ったのがきっかけです。

 入って着席するや否や目に飛び込んできたのは豪華な造りのセット。このセットを見ただけで今回の気合の入れようが伝わってきます。それと同時に感じたのが、決して広くはない舞台にぎっしりとセットが詰まっているという印象。そして完全に固定化されたセットで、どの様な場面転換を見せるのかという好奇心です。セットは中央に大きな六角柱の部屋的な空間を想定した建物と、その周りに同じく中央のモノより一回り小さい六角柱のセットが4つ配置されています。舞台全体が奥に向かって階段状高くなっていく形状になっており、舞台一番手前と中腹と最奥に踊り場がある感じです。二つの六角柱が手前の両舞台袖に、もう二つが最奥の両端に設置されているという具合です。

 「金瓶梅」私は知らなかったのですが、中国の水滸伝の中のお話だそうで、基本的には六人の妻が織成す愛憎劇というものだそうです。今回はその金瓶梅に「異説」という冠を掲げて乙女企画クロジ☆として表現したと言ったところでしょうか。

 まず興味津々だった舞台転換は六角柱(建物(部屋))に対して簾を下げる事(あとライト)によって見せる部分を集中させるという演出によって、異なる場所であるとという見せ方が見事に表現されていました。固定のセットではよくある手法ではありますが、基本的に大きく転換するシーンが1回しかなかった事も有り、全く違和感は感じられませんでした。

 最も驚かされたのが芝居のクオリティの高さです。今まで真田アサミさんが客演ということで幾つもの劇団の芝居を見るという機会に恵まれましたが、役者の演技の自然さはこれまでのどの芝居よりもすっと入ってきました。また、話上六人の女性をとっかえひっかえする話なので、所々でラブシーンが入るのですが、その激しい事。えっ!そこまでやるの?と最初の一回は驚かされたものの、その演技がメインに出てくることは無く、常に裏で行なわれているのですが、不思議とそこへ目が行かないというか、自然と表の役者へ意識が集中するのです。あとはもうただ面白くて気がついたらのめり込んで見ていたという感じです。

 そうなる時になるのが震災ので延期になる前にやるはずだった内容はどのようなものだったのか?という事です。芝居が終わった物販には何と、今回の台本ではなく2011年版の台本が売られており、購入しました。最後の方だけ見てみましたが、大筋は変わっていないのが分かります。が、主人公の台詞が異なる事で終焉を迎える時点での気持ちが異なる事が想像できました。この2011年版をもし見れたとしたら全く異なる印象を受けたと思います。

 今回の「乙女企画クロジ☆」の公演をみて、客演に関係なく観たいと思えました。これは「Smokers」さんに次いでの快挙です。今回のきっかけとなった「縁側のくらげ」もいつか見る機会があればいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.24

アクセル・ワールド11 ―超硬の狼―

 やっとクロウに取り付いた災禍の鎧の判定というか裁判が、冒頭に開催されます。勿論無罪放免となる訳ですが、今度はテイムされたメタトロンの討伐の為にクロウに鏡面アビリティを覚えろというのです。そこから語られるアーダーメイデンの過去。そして突如として現るLV1の天才ニュービー。タングステンの名を持つ物理無効のアビリティーにクロウはリベンジを果たせるのか?そして鏡面アビリティーの行方は?
 といった内容なのですが、ページ数はあるのにあっという間というか、またしても話がほとんど進んでない。要するに情報量が多いのですな。もしかしてこれが加速!?wまぁ次巻待ちなのですが、幸い定期的に出し続けてくれているので安心して待てるのですが。

 それはさておき、TVシリーズですが、黒雪姫が伊藤静でないのが残念!この子も普通の台詞は悪くないのだが、感情を強く表現するシーンは迫力に欠ける。というかハートに響かないのは残念。チユは個人的には斉藤千和だったのだが、まぁいい。アッシュローラー鈴村さん最高!wニコは真田アサミさんがいいなwそして四埜宮謡の田村ゆかりは死守したい所だw(どうにもできないがw)

 既に原作を読んで知っている為に、TVで表現されても原作で初めて読んだ時のさわさわ感が感じられない。これは果たして本当に原作を読んで知ってしまっている所為なのか?そこがつかめずに観ている感じ。本当に良い作品は何度見ても感動するという事を知っている。が、故に心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.22

たまゆら~hitotose~上映イベント ~ななつめ~

 7ヶ月連続イベントの最終回です。結局逃したのは12月に行われた寿美奈子さんがゲストの回のみということに。あの日は仕事が重なっていた為に止むを得ないのですが、悔やまれます。
 今回の上映は前回の~むっつめ~で11,12と最終話まで上映を終えているので、今回は新作の5.5話の上映となります。こればかりは発売を待って観てもらうしかないのですが、良いお話でした。季節は夏。花火大会での浴衣にまつわる父との思い出が語られる内容となっています。結局この回も感涙。泣かなかった話は1つもなかったという結果に終わりました。(ももねこ様話も泣いたw)
 と、いう訳で今回のゆう子の部屋は上映が1話分だけなのでロングバージョンで開催です。ゲストは緒方恵さん。と、その前のいい話ですが、今回は儀武さんとそのお母さんとの本当のいい話w落ちは何処かと聞いていたらそんな感じでスタートです。
 緒方さんは久しぶりに拝見しましたが、変わらず豪快な方ですねw「萎えた」だとか「起つ」だとか「ランパブ」だとか、たまゆらとは縁もゆかりもないキーワードが続々と飛び出し、あの儀武さんがたじたじというか、本気で焦っているのがこちらにも伝わってきました。スタッフも騒然!?w
 そんな中でたまゆら的な話といえば楓のお母さん役について、多分やっと事の無い役だそうです。なので相当悩んだそうですが、聴いている方からすると流石緒方さん。といった風格を感じていたのですが、裏ではどう演じていいのか?と相当悩んだようです。アフレコ現場の話としてはとにかくマイクの低い現場であった事w女性でも結構背の高い方に入るであろう緒方さん的には足をめいいっぱい開いて入ったりと色々と苦労もあったようです。恒例の竹原には行った事がありますか?という質問には自分のライブで広島には行くが、竹原は無いとのこと。その際に「せとか」?凄く皮の薄い柑橘系。が凄く美味しいと絶賛。今度行った時はせとか探してみよう。
 そして何と新コーナー。といっても最初で最後ですが。青春時代を蔵馬に憧れて過ごしたという儀武さんが緒方さんのカッコイイ声を聞きたいという理由だけでつくったという脚本による朗読コーナー。これが意外とあたりで驚きました。意外なほどにまともな脚本が織成す過去あったであろう過去の大崎下島を描くたまゆらの世界。そして超絶上手い儀武ゆう子のソプラノリコーダー(音を外すシーンは何度かあったもののあの安定度は大したもの)をBGM。2期目ではキャラコメの脚本を密かに狙っていると宣言するだけあってかなり良いものでした。ただ綺麗すぎる。あとひとさじ、何かが加わればかなりいいものになるなと感じました。
 さて、コーナーも大詰め。あのコーナーです。クイズたまオネア。最初から全問正解したらコースター2つ付けるだとか、儀武さん自身が手渡しするだとか、今回は全く取らせる気の無い儀武さん。毎回3問だったのに対し5問になった上、お助けはいつもの「テレフォン」「フィフティーフィスティー」「オーディエンス」の実質2つのみw実際、3問目までは優しい問題だったのですが、4問目。冒頭の楓が電話をしていた時のガヤの子供のキャストは誰か?ただでさえ半年前にアフレコを終えたきりと言っている緒方さんには厳しすぎる問題です。「フィフティーフィスティー」を使うも遭えなく不正解に。ちなみに最後に残った5問目が酷い。○○のシーンは何カット目か?こっちが「フィフティーフィスティー」ならもしくは?と思わなくもない展開でしたね。いや残念。結果的に全七回のうち、クイズに失敗したのは第一回目の宮本佳那子と緒方恵さんの二人だけという結果になってしまいました。
 全七回本当にお疲れ様でした。二期は何時からなのか?そのまえに「わんおふ」は何時からなのか?~hitotose~としてのイベントは恐らくこれが最後となりますが、楽しみはまだまだ尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA

 前回咲良田から能力が消え去ったところで物語が終わってしまい、今回の7巻が出るまで実にもやもやとしていたのですが、なんと今回で最終巻となります。なので今回はあらすじについては語りません。

 見せ場は何と言っても相麻菫と春埼美空のケイを巡っての一騎打ちでしょう(笑)この物語は「この台詞が良かった」ではなく、「会話が美しい」のです。一言一言は何でもない台詞だったりするのですが、それが幾度か織成すだけでぞくぞくした感覚を受けるのです。特に後半はそうですね。

 能力を組み合わせて物事を解決していくという基本要素で構成されていた物語で、続ける気ならいくらでも続けられると感じていた作品だっただけに、今回で完結というのが少々意外でしたが、読み終えてそれもスッキリとした気分になりました。作者が描きたかったのはここかと。こういう作品が好きだから、私の読む作品はアニメ化になり難いんですよねwなっても困るのですがw

 実はこの7巻と同じ日に外伝が発売されています。本編は終わりましたが、語りきれなかった何かがあるからこそ形になったのだと思います。しかも完結編と同一日にしているという事柄を噛みしめながら近いうちに読みたいと思います。その時はまた感想など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.11

ももへの手紙試写会感想

 試写会が当選したので観てきました。この作品、たまゆら巡礼者の大崎下島からのレポートを読んでいるときに当作品のポスターが貼られていたというのを見たのがこの作品を知ったきっかけです。当初はもっとこじんまりした、それこそマイマイ新子の様に知られず埋もれかねない作品と思っていた程ですが、公開日が近づくにつれ大々的な試写会や、TVCMも打ち始め、公開前から各映画賞の数々を受賞するなど話題も上々。

 そして当選したのは4/11分の文京シビックホールでの回です。平日であることと、開場が18:30と早いことからどれだけ人が集まるものかな?と思っていたのですが、18時には列が地下1階にまで延び、更に10分後には地下1階をぐるっと一周し、更に地下2階にまで延びるという盛況ぶりです。私達が入場する為に地上1階にまで辿り着いたときには地下2階を埋め尽くす程の人となっておりました。ここで残念なことが一つ。人員整理の人数が足りておらず、区切り区切りの地点に係りの人が立っておらず、横入りが横行していたこと。中でも一番酷かったのが入場口で、列が延びているにも関わらず、関係なく入り口から入っていく人々が多数。中には係りの人が立ってないのが悪いとつぶやきながら自分の行動を正当化する人も。実に嘆かわしい出来事でした。先着で座席指定券を配ればそんなこともなかったろうに、もう少し運営側の気配りが欲しいところです。
 さて、ここ文京シビックの大ホールは収納人数1800人と映画を鑑賞するにはいささか広すぎる箱なのですが、そこがなんと埋まりました(驚)勿論空いている席は所々に見受けられるのですが、そんな状態で均等にぎっりしと。本日この回だけでもこれだけの注目度というのは正直驚きました。

 私は作品を観る際には余り予備知識を入れずに観たままを受け止めようと努めています。なのでこの作品は瀬戸内の島々が舞台であること、妖怪が出てくるらしいこと、手紙がキーポイントになっていること。(キーワードを並べただけで私ドストライクじゃないですかw)それしかしりません。絵の雰囲気や、知ったときのイメージから「マイマイ新子」の様な作品で、同じ瀬戸内である尾道を舞台に八百万の神々を描いた「かみちゅ!」を足したような作品なのかと勝手に想像してこの日に挑みました。

 未だ公開前であることから内容については詳しく触れませんが、軽く説明をするならば、喧嘩したまま死別してしまった父。遺品の中にあった「ももへ」とだけ書かれた書きかけの手紙。都会育ちのももは、母と共に瀬戸内海の汐島へ移住する事になります。これから女手一つで娘を育てていかなければという母親としての気負いと、父を亡くし知らない地で暮らしていかなければならないももの寂しさ。この二つの思いが空回りします。一方、島に着いてから妖怪が見えるようになったももですが、人間のルールなんかクソ食らえの妖怪たちの行動に一時期寂しさも忘れるももでしたが、ある日その妖怪のしでかした事が引き金のなり結果大きな事件へと発展します。その結末とは?そして妖怪の使命とは?といった内容です。

 まずディテールの細かさに舌を巻きます。お年寄りの仕草、若者の仕草。島の景観とその空気感。それらが自然すぎるが故に何を見ればいいのか分からない方も多くいたのではないでしょうか?特に前半はいびきが聞こえてくる程だったので、退屈していた人も居たのでしょう。物語が動き出すのは妖怪たちが現れてからでしょうか。ちなみに私は島の景観だけで釘付けですwどう見ても大長の港に御手洗の景色。汐島とは言っているけれど大崎下島ではないかと思うまでに然程時間は掛かりませんでした。"汐島"と"下島"音だけを似せて物語上架空の島を作り上げたのですね。それが私の中で確定したのがももが島を走り回るシーンで登場した時計屋の看板です。世界中から修理依頼の時計が集まってくるという時計屋ですね。そしてレモン羊羹!これ食べたい!(いつか食べに行くと心に誓うのでした。)みかん畑のシーンに出てきた山間をの乗り降りするケーブルカーの様なものは、お隣の豊島へ行った時に実際に見てきたものと同じでしたし、その時に出てきたイノシシをみて、蒲刈の白雪楼でお婆ちゃんに聞いた話を思い出したり、嵐の中をカブで大橋を渡るシーンでもやはり白雪楼のお婆ちゃんがしてくれた安芸灘大橋をスクーターで渡ると風で飛ばされそうになってほんとうに怖いといった話などなど、様々な思いを乗せて見ていました。

 物語については先に言ったように詳しくは語りませんが、妖怪達の真の目的が明らかになるにつれ物語にのめり込んで行きます。特に心に響いたシーンは天のお父さんに向かってお母さんを助けてと叫ぶシーん。私の最も好きな作品にココロ図書館をいう作品があるのですが、その9話「奇蹟」のシーンと気持ちが瞬時に重なりました。途中、あれ?ももからの手紙じゃね?なんて思う場面もありましたが、最後は本当に綺麗に締め括ったなと。飛び込みの話も含めてしっかりと終わってくれたのは気持ちが良かったです。まるで瀬戸内の空のような清々しい締めくくりでした。

 これでまた一つ大崎下島へ行く理由が出来てしまいました。願わくば『ももへの手紙』絆つながるWキャンペーン!で往復新幹線で行く「ももへの手紙」ご当地ツアーを当てたいものですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.10

龍ヶ城七々々の埋蔵金

 今回は冒険部で温泉旅館込みで遺跡に挑戦する話なのですが、実際にはそれは単なるおまけでしかなく、どちらかと言えば新たな勢力の紹介と、その立場いう部分が大半を占めていたように思います。後は重護と「祭」、いや、ここではもっと個人的に重護と雪姫姉さんの関係といった方が正しいですかね。また、「ゆん」なる少女の立ち位置も気になります。これはエピローグで名探偵が語っていた事からすると3巻目の冒頭には再び登場といった具合になることでしょう。そこに鉄くんも加わり盤上のコマもかなり充実してきた感じです。今後も期待して良さそうな作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.07

ストライクウィッチーズ劇場版

 正直、観るつもりがなかったこの映画ですが、ゲーマーズ店頭で見たPVに興味が湧き出掛けたついでもあったので観てきました。

 今回の作品はTVシリーズから数ヶ月の時間が経過しているらしく、TV同様に宮藤芳佳を中心に描いています。最後の大魔法で魔力を使い果たし、魔法が使えなくなった芳佳。ガリアを救った功績により少尉に昇進してはいるが、軍には所属しておらず、実家の診療所にて医師の勉強に励んでいた。そこに留学の話が舞い込む。最新の医療技術を学べるとあって二つ返事で了承する芳佳に軍から護衛として同行することになった同年代のウィッチ服部静夏。彼女はガリアを救った英雄である芳佳に只ならぬ憧れを抱いていたが、一緒に同行するに連れ、少尉らしからぬ態度、軍規は無視、しまいには艦長の命令を無視して人助けのために自身をも顧みない行いに怒りを顕にする。その後次々と伝説の元501飛行小隊との出会いを経て服部静夏自身、どう芳佳と接すれば良いのか分からなくなっていく。
 時を同じくして殲滅されたはずのネウロイの新型が各地に出没。元501の面々もそれらに遭遇する。そして芳佳が留学先へ向かう途中でネウロイの大部隊と遭遇することになる。どうなる芳佳!?どうする501!!といった感じなのですが。

 これが面白い!これぞ娯楽映画!という作りになっており、魔法が使えなくなった芳佳の身を案じている501の面々が次々と登場するシーンではその度に胸が熱くなります。そして芳佳は魔法が使えようと使えまいと芳佳であり、その信念はただ「人を助けたい」ということにあり、その行為の障害となるものが軍規であれ、ネウロイであれお構いなしに突き進むその姿に、よし!芳佳健在!と手を握り締めるのです!wそして最後に魅せる爽快感的大団円はこれぞ娯楽映画と賞賛せずには居られないのです。
 TVシリーズでは一話一話がいい観点を突いていながらも全体を通してみるとただのキャラ紹介に従事してしまい、ストーリーが1期と比べてもすかすかな感があり、残念に思っていたのですが(だからこそ映画を見に行く気にはなれなかった)これなら満足!もっと語りたいシーンはあるのですが、未だ観ていない方も居ると思いのでここでは語りませんが、ストライクウィッチーズが好きな方、好きだった方、TVシリーズに納得出来なかった方は是非観に行くことをお勧めします。損はさせないと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.02

僕はまだ恋に落ちていない2

 今回のお話は友人の後輩という知り合いレベルの人から詠羅ちゃんの紹介を頼まれて請け負ってしまうというお話です。まぁ公の性格上公であるが故の行動ともとれるし、作品のタイトルが訴えている内容とも思える出来事なのですが、右往左往した結果、公自身が自分の気持ちに正直になり、より親密度が深まったという話。

 雨降って地固まるをそのまま物語にしたような今回のお話ですが、その他にも同級生の空河が公争奪戦に参戦するなど、混沌を極めてきましたw。それすらも公自身が知らずに招いた事なのでまぁ自業自得というべきか、それすらも公の魅力と言うべきなのでしょう。しばらくは楽しめそうな作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.01

がる☆ぱvol.5 とりおdeなでしこ

 再びとりおまてぃっくが帰ってきました!そうです。昨年開催されてからほぼ一年、水野愛日さんの「がる☆ぱ」に再び菊地由美さんと、真田アサミさんがゲストとして参加することになったのです!その名も「とりおdeなでしこ」!場所は前回同様渋谷TAKE OFF 7。18:00という遅めの開催です。

 開演と同時に登場したのはなんと着物姿の三人!まさか4/1という季節に着物を拝めるとは思ってもおらず、一人であがるテンション。気付けの師範の資格持つという菊地由美さんは着物のチョイスも白地のとても大人っぽいもので、立ち姿は流石と思えるほどに美しく、高級料亭の若女将の様な気品が漂っていました。そして赤い着物で登場したのはアサミさん。観客からの七五三という声にいじられまくります。結局こけしに落ち着くわけですが、アサミさんはこの三人の中では何年経ってもいじられ役みたいですwでも赤い着物も菊池由美さんの「美しい」という表現に対して「可愛い」がぴったりくるような、だからこその七五三や、こけしの様なキーワードが出てくるのでしょうね。良いもの見せてもらいました。そして主催の水野愛日さんですが、今回はもともと着付けが出来る菊地さん、アサミさんというお二人に対して、「私も!」というところから始まり、無事着付けが出来るようになった記念で「着物でイベントやりたい!」の一言で今回の衣装が決まったそうですwそんな水野さんの着物は空色を基調とした着物で、イメージはスナックのママでしたw
 そんな着物でのイベントで何をするかと言えば演歌ですw登場時の「まほろdeまんぼ」が無かったかの様な進行ですwもう殆どカラオケ大会みたいなものでしたが、アサミさんのプロフィールの中に声優の仕事をする以前から歌が大好きで、よく演歌を歌っていた。というものがあるのですが、その演歌を実際に聴く機会に出会えるとは夢にも思わず、イベントの内容が面白いとか面白くないとかは置いておいて、私にとってはめちゃくちゃ貴重な体験でした。ちなみにファンである贔屓目無しでもアサミさんが一番演歌は上手かったです。しかも1番目を常月まといで歌い、2番目を真田アサミで歌うという妙技も披露してくれました。
 後は前回もやったお題に対して英語、外来語を使わずに1分喋るというコーナーや、事前にWEBで募集していたアンケート等を披露するコーナーがありました。ちなみにアサミさん以外の主催では余り投稿しないし、よって読まれもしない私ですが、このとりおまてぃっくにおいては格別な思いがあるらしく、久しぶりにしっかりと投稿、当日も読んで頂きました(嬉)。
 そして最後にやっととりおの歌です。私がとりおの曲で好きなトップ2があるのですが、そのうちのNo.2であるこの曲「アフタースクール」。そして最も好きな「声をそろえて」の二曲をラストと、アンコールで歌ってくれたのは凄く嬉しかったですね。
 イベントの終わりには毎度おなじみのポートレート販売です。今回は勿論着物姿!演歌歌手のポスター調のちゃめっけのある一枚もwそれにそれぞれサインを頂いてイベントは終了となりました。またこうしてとりおが揃うイベントが開催される事を願って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »