« 残念だったけど嬉しかった出来事 | トップページ | 2012夏の新番組チェック »

2012.06.27

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~

 出ました三巻。久しぶりにあっという間に読み終えてしまいました。大輔と栞子さんの歯痒い関係のムズムズさ加減が見どころのこの作品ですが(えっ?そうだったの?w)今回もムズムズ全快ですwこれはもう大輔の頑張り期待するしかありません。
 さて、の冒頭は王様の耳はロバの耳です。栞子さんの妹の独白なのですが、今回はなかり優しいアプローチでした。ただ、PCに向かって書いているというのが、一瞬ブログか?とも捉えてしまい、おぃおぃ大輔の気持とかワールドワイドに公開しちゃダメだろうってw思ったりも下のですが、そこは最後にしっかりと明かされる事となりました。
 今回も無駄の無いストーリー運びで、楽しませてくれました。同業者からの母の情報提供。更にわだかまりのある母と娘の和解。そして昔のお得意様からの「仕事」の依頼。まさか1巻の蔵書印の話が繋がってくるとは驚きで、そこから栞子さんの母親の肖像画にまで繋がるという急展開を見せます。
 そろそろ出てきますかね智恵子さん。四巻は冬頃ということなので楽しみな一冊です。

|

« 残念だったけど嬉しかった出来事 | トップページ | 2012夏の新番組チェック »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55085449

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~:

« 残念だったけど嬉しかった出来事 | トップページ | 2012夏の新番組チェック »