« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 白衣性恋愛症候群 小説短編集 Summary »

2012.07.23

魔法少女リリカルなのは 2nd A's & おおかみこどもの雨と雪 2回目

 ふと時間が空いたので2回目観てきました。楽しみだったのは「なのは」の方だったのですが、結果的には「おおかみこども」の方が2回目は楽しめました。というか引き付ける力が強かったと言った方がいいでしょうか。

 「なのは」については1回目でかなり満足してしまった所為か、観た感想は1回目、2回目共にあまり変わりませんでした。それだけ直球で絵描かれていたという事でしょう。

 「おおかみこども」の方は1回目は地味な作品だったという印象だったのですが、1回目よりも2回目、2回目よりもこうして感想を書いている今の方が好き度が上がっているというか、じわじわ来てます。とにかく目が離せない映像となっており、「なのは」よりも集中して観ていた気がします。というか引き付けられたのでしょうね。
 現在、映画を観終わるまではと封印していた押田監督自ら執筆した小説を読み始めているのですが、これがまた面白いのです。どう面白いかと言うと話は全く同じですが、設計図をそのまま文章に書き出したというか、むしろ脚本よりはコンテを読んでいるかのような感覚に襲われます。なので無声で流れてしまったシーン等はこの小説によってより深い理解を得られます。また、情景描写は小説的というよりは情景をまんま書き出した印象が強く、映画を見た後だからこそ鮮明に脳裏に再生されますが、映画よりも先に読んだ場合、映画の絵に驚くことになるのではないかと予想されます。どちらが先が面白いのかについては個人的には映画の後の方をお薦めしたいですね。この小説の感想については読み終わった後に改めて書きたいと思います。

|

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 白衣性恋愛症候群 小説短編集 Summary »

アニメ」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55277434

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのは 2nd A's & おおかみこどもの雨と雪 2回目:

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 白衣性恋愛症候群 小説短編集 Summary »