« ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング | トップページ | 魔法少女リリカルなのは 2nd A's & おおかみこどもの雨と雪 2回目 »

2012.07.21

おおかみこどもの雨と雪

 今年最も楽しみだったこの作品。やっと公開と相成ったので早速見てきました。場所は新宿バルト9。運良く舞台挨拶の回を普通にオンライン予約から取れたこともあり、ワクワクしながら劇場へ向かいました。

 ここから先はネタバレ必至ですのでご注意下さい。

 「時をかける少女」「サマーウォーズ」と重ねてよりファミリー層へ向けた作品が来た!と思って観た作品は想像を超えたものでした。まず主人公が母親であること。一言で言ってしまえば彼(おおかみおとこ)にであってからの13年間を描いた作品で、おおかみおとことの間に生まれた子供を人間の環境の中でどう育てるかというものでした。例えば出産の時、産婦人科には行けず、病気になった時も然り、また、定期検診も受けられず、受けてないことによる児童所からの自宅訪問等など。人間界で育てていくことの難しさがリアルに語られている作品でした。
 途中、人として、又は狼として、どちらでも好きな生き方を選べるようにと田舎(と言ってもほぼ山の中)へ引越すことになり、大自然の中を駆けまわるという作品中ほぼ唯一といえるエンターテイメント的な描写があったりもするのですが、全体を通してとても地味な作品であるといわざろうえない内容でした。
 誤解のないように言っておきますが、地味なのと好き嫌いは別の話で、私的には見どころ満載でとても好きな作品でした。なのですが、誰に薦めるか?と問われた時になかなか難しいものがあり、強いていうなら「お母さん」「お父さん」と言われている人なのかなと(子供が見れるのかは疑問)。そうすると結局子連れになってしまうので思うような形にならないのですよね。特に台詞の少ないこの作品、子育てのシーン等ではほぼ無声でスピーディーに日々が過ぎていく描写が多く、子供に気を足られて集中できないと楽しめませんし、かといって内容が内容ですから子供をほおっておく訳にも行きませんしw。
 時をかける少女や、サマーウォーズの様に口コミで広がる様な作品ではないなと予想できるのですが、ただ期待作ではあるので初週の人数はそこそこ行くと思うのですがさて、どうなることでしょう?

 今回この作品でとても印象的だったのが主人公である「花」の笑顔です。名前の由来にもなっており、どんなに辛い時でもとりあえず笑っていればどうにかなるという父の言葉を守り続けている行為で、この笑顔が作品中たくさん出てきます。嬉しい時の笑顔はいいのですが、辛いことがあった時の笑顔は笑顔なのに心がえぐられるような思いで泣き顔よりよっぽど辛いのです。それも宮崎あおいさんの演技の魅力とでも言いましょうか。「うん。」の一言にとても多くの情報を込められる役者さんだというのは舞台挨拶の時の細田監督の言葉ですが、実にナチュラルで本業の声優さんとは違った魅力を感じる演技でした。彼女の演技があってこそ「花」という主人公が成り立っていると言っても過言ではないでしょう。
 あとは冒頭の草原での植物のディティールの細かさには度肝を抜かされました。更にこの草原の夢のシーンは数度あるのですが、その度に植物が変わっており、植物の種類で季節を表しているのが分かります。
 雪と雨の進む道の描き方も印象的でした。特に学校のシーン。学年毎の教室をスライドさせるだけの演出なのですが、それだけで3年間の雪と雨の成長を見事に描いたあの演出はとてもおもしろく感じました。また、個人的には雪と草平の出会いですかね。草平が良い奴でほんと良かった!
 先ほども話題に出しましたが、この作品はとにかく台詞が少ないです。おおかみおとこが無口であることから始まり、子育てのシーンでは無声で日々が流れていくという描き方をしています。しかも日常会話だけで、ドラマティックな台詞回しなど一切ありません。だからなのですかね、例え言葉を尽くさなくても、花や、雪や、雨の行動やしぐさそのものに心打たれます。

 舞台挨拶は細田守監督とのティーチイン形式というキャスト主体の舞台挨拶ではなかなか無い舞台挨拶でした。細田監督は一言の質問に対してかなりの情報量の回答を返す方で、一人に対して短くても5,6分くらいは話していたように思います。どれも興味深い質問に対して真剣に回答を返す監督が印象的した。オーディオコメンタリーとかもそうなのですが、好きな作品のコメンタリーはスタッフ側の話が聞きたかったりするのですよね。そういう意味では公開初日から監督の生の言葉が聞けた今回の舞台挨拶は非常に貴重なものでした。

|

« ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング | トップページ | 魔法少女リリカルなのは 2nd A's & おおかみこどもの雨と雪 2回目 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55266368

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみこどもの雨と雪:

« ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング | トップページ | 魔法少女リリカルなのは 2nd A's & おおかみこどもの雨と雪 2回目 »