« 不思議絵師 蓮十 江戸異聞譚 | トップページ | 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's »

2012.07.10

ココロコネクト ステップタイプ

 お気に入りの作品がTVアニメ化するのは嬉しい反面凄く怖い部分がある。嫌なのは、アニメ化された映像だけを観てつまらないと評価される事だ。なんだか原作並びに原作ファンの感性まで貶されているような気持になるからだ。

 嬉しい事は放送に合わせて新刊をリリースしてくれることが多い事。今回のコレもそれに当たるのだが、今回の巻は「ココロコネクト」シリーズを知らない人でもこの巻から読んで十分に楽しめるのではないかと思える程に今回の短編は良かった。(ただ、やはり知っていた方が面白いのでこれからこのシリーズを読んでみようという方にはやはり1巻から読むことを勧めたい。)特に文研部設立直後の5人それぞれの視点から書かれた1編目は原作をリアルタイムで追ってきた人達にとっても新鮮かつ復習的な意味も込めてよかったと思う。ましてやTVアニメが始まるに当たってこの話は重要に思える(ココロコネクトのファンにも、初見者にとっても)。

 今回読んで強く思ったことは、アニメにするには脚本以上に表情で語ることの出来る製作スタジオでないと原作ファンをうならせる事は出来ないだろうなということ。とにかく心理描写が多いこの作品。折角ビジュアルで表現できるメディアとなったからには全ての心理描写をモノローグで語るのは無粋である。ここらへんの演出はアニメに期待したいところだ。
 そして役者にとっても端的にいってとにかく難しいと思う。が、その分とても遣り甲斐のある作品ではないかということ。先程も言ったが、とにかく心理描写が多い作品である。ある意味、一石を投じてどの様に反応し、壊れていくかを神様視点・・・否、石ころ帽子をかぶって常に渦中で眺めているような作品である。とにかく特異な体験が次々と襲い掛かって来るので、自分のキャラだけでなく他のキャラをも理解し、自分のものにしておかないと違和感のあるものになり兼ねない。そして一番難しいと思われる人格入れ替わりの芝居が初っ端に来る事が役者にとっての試練であろう。観ている方もキャラが固まっていないこの時期に果たしてどれだけの完成度で表現されているのかは気になるところでもあるし、非常に怖いところでもある。

 っと、話が随分アニメへ脱線してしまったが、それだけの期待をアニメに出来るほどに良い短編だったと言うことだ。特に2編目の稲葉と伊織の器用過ぎる二人の不器用な友情秘話はキャストの方々がキャラを自分のものにした頃に是非ともアニメで見たい話である。3編目のトリプルデート話はそれぞれの個性を知っているとより楽しめる話なので、これは少なくとも修学旅行話を読んでから読むべきだとは思うが、これはこれで面白かったし、後半の青木の評価の伸び率は凄いものがある。それを改めて感じさせる話でもあった。そして問題の4編目。リア充とは何かを千尋と紫乃と藤島で探求するという物語なのだが、コレがまた非常に嫌な終わり方をする。物語は非常に爽快な終わり方をするのだが、ココロコネクトシリーズの最終章に向けた種蒔きがされるこの話。胸がザワザワする終わり方は何ともココロコネクトらしいのだが、気分的に良くない。コレまで以上の試練が待ち構えていると思うと今回の短編(短編では現象は起きない平和なエピソードが語られる)はお気楽でいられるのもここまでだと言われている気がしてどうにも落ち着かない。そういう意味では最終章の前に短編を挟んだのは私としても嬉しいし、何となくキャラへのご褒美のような気もしてくる。あとは読者としてはただ待つのみである。

|

« 不思議絵師 蓮十 江戸異聞譚 | トップページ | 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55213006

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト ステップタイプ:

« 不思議絵師 蓮十 江戸異聞譚 | トップページ | 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's »