« ココロコネクト ステップタイプ | トップページ | ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング »

2012.07.14

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

 本当に良い作品を紹介する時、気負ってしまい作品の良さが伝えられているのか不安になる時があります。今回の作品は正にそれで、書き出しを迷った挙句結局このような書き出しになってしまったわけですが、まず始めに「良い映画であった」事だけを冒頭に宣言しておきます。

 なのはというシリーズは個人的には無印が一番好きで、それはTVシリーズだけで十分に私の好きな要素がしっかりと終わり迄ぶれることなく詰まっていたからです。それが映画になり思いは失われること無く寧ろ凝縮されて素晴らしい作品となりました。なのはという作品を進めるときに映画を進められるほどにです。(TVシリーズは何だかんだ言ってやはり長いですから薦める法も相当の覚悟が必要になるのです。)
 なので正直A'sの映画は楽しみにしながらもそれ程期待していた訳ではありませんでした。それは上記の理由であり、更に無印で好きと感じている成分がA'sの方が薄いと感じていたからです。勿論好きな部類の話ではあるのですが、それが何か冗長さや、無理に複雑化している事で薄まってしまっている気がしていたからです。

 上記の様な前置きをしつつも運良く舞台挨拶の回が取れた事で初日の鑑賞が叶ったのはとても嬉しく、少し忘れかけている部分も手伝って新鮮に見ることができたのはある意味幸運だったのかもしれません。

 今回の映画は必要な所は手を加え、不要なところは思いっきり切り捨て、所々変更はあるものの、本筋は変わらず、寧ろ作品が本来伝えたい部分だけを残し、それにより物語が分かりやすくスッキリと描かれていたという印象がします。
 それにより先程冒頭で語ったA'sの印象が映画で一変しました。「無印より薄い」と感じていた部分は同等に。冗長に、そして複雑に感じていた部分はスッキリと。結果TVシリーズよりも好きな作品に化けた事に感動し、寧ろ私の観たかった映像はコレだ!という勢いで終演までの約2時間半、涙が乾くことなく常に流れていました。これまで観たTVシリーズを再構成するというパターンの映画の中では少なくとも私の中では一番であると感じました。

 舞台挨拶では自宅からの距離だけで選んだ劇場だったのですが、そこは成るべくして成ったというべきか、ヴォルケンチームの舞台挨拶で、印象としてはとにかく柚木さんが暴走しまくっていたという感じでしょうかwそして事あるごとに一条さんにたしなめられていましたwあとはヴォルケンの総意として(ヴィータ除くw)「ヴィータはズルイ!!」というのが圧倒的意見でしたw私もやたらと美味しいなぁと思い観ていましたがw
 そして一番印象に残ったのは最後の挨拶でトリの植田佳奈さんが不意に感極まり大泣きしてしまったことです。私の中では劇中のなのはとフェイトに囲まれ、今はヴォルケンの皆は居ないから泣いていいんだよと言われ、すがり付く様に泣いていたはやてと重なりました。しかも作中では成し得なかった家族であるヴォルケンの前で見せた涙だからこそ何故かこちらも嬉しく、将である清水さんにすがり付くも止める事のできないできない涙に、全てを計り知れるわけでは有りませんがこの作品に込めた想いが垣間見えたように思いました。

 久しぶりに機会があれば2回以上見に行きたい!と心から思える映画でした。そしてこのスタッフなら私が最も残念だと思っているストライカーズも「なのは」として難得できる作品に化けるのではないか?という期待をしてしまいます。

|

« ココロコネクト ステップタイプ | トップページ | ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55220455

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's:

« ココロコネクト ステップタイプ | トップページ | ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング »