« 真田まつり(ゆきたん)&別所線(北条まどか) | トップページ | R&R »

2012.08.05

わんおふ -one off- 先行上映会

 行ってきました「わんおふ」先行上映。場所は丸の内ピカデリー3。ロビーには今回のメインキャラクターの5人の等身大ポップと、ジョルノが置かれておりました。
 開場はロビーに人が溢れていた所為か時間より早めでした。入場者プレゼントのステッカーも頂きました。
 今回もアニメイトさんがDVDとBDの先行予約を行っており、1、2巻セットで予約した方にポスターを2種類のうちどちらかをプレゼント(内金1本1千円なので計2千円)ってのを行っていました。


 ではさらっとあらすじを兼ねた感想など。山の中でペンション?を営んでいる家庭の娘で、人一倍山奥から登校している事が冒頭から分かります。冒頭なので、どんな娘なのかな?と思いながら見ている訳ですが、登校中に野菜を貰ったり、卵を届けたりと村人たちとの日常的な交流が描かれたり、待ち合わせしている同級生と合流したり、自転車の後輩を追い抜いたりとここまではなかなか好感触です。次いで学校でのアンケートのシーンで、村を飛び出したいけど自分であきらめてしまっているのが分かり、コレが今回のキーポイントだと理解するのですが、この後、頑なに自分の限界を決めてしまっている感の描写が続くのはちょっとやりすぎな気もしました。

 わんおふのPVでみた見晴らしのいい場所での一人お茶会が、一人になりたい逃避の場所だったのは予想外というかもう少し爽やかなものを想像していただけにちょっと残念でした。

 今回、周りの友達はみんな前向きで、主人公の春乃だけが飛び出せないでいる感じが歯がゆいですね。多分普段はここまでじゃないんでしょうけど、シンシアが来た事によって温度差が生まれ、より頑なに殻にこもろうとしているといったところでしょうか。

 好感触だったのは今回のキーアイテムであるスクーターがただ欲しいとか、好きとか、趣味でとかではなく、日常に必要不可欠である事ですね。そして、免許が取得可能な16歳を境に乗れる者と乗れない者が居るという高校生を題材にしたのもいいです。

 夜のツーリングに出かけるシーンは好きです。出かけることになる経緯の唐突さも好きですが(今夜と言われて驚く芝居はここまで感じていた春乃というキャラを壊す様で大好きw)、暗闇を照らすシーンは春乃の気持ちを表している様でいいですね。厳しい勾配でジョルノの限界を感じつつゆっくりでもいいんだと納得するようにつぶやくシーンもいいです。
 しかし、スクーターで海まで行けたという達成感を感じ、シンシアへの感謝の気持ちを述べながらも、一人では何もできないという事が分かったと、聴き様によってはプラスにもマイナスにもとれる言葉なのですが、この場面ではこの期に及んでマイナス面の台詞に受け取ってしまうのは残念です。それに対し、シンシアが知らない沢山の人達の協力があってこうしていられるというプラスの方へ引き上げて終わる訳ですが、個人的には春乃自身でプラスにもっていって終わって欲しかったかなと。

 全体的にマイナスな感情を受けるシーンが多い印象で、2話のラストで春乃が気が付いた何かを3、4巻で見せてくれたらいいなと思いました。


 先行上映が終わった後はトークコーナーです。司会の儀武ゆう子さんと、佐藤順一監督、主役の後藤沙緒里さんの3人でのトークとなりました。まず感じたのは「後藤沙緒里大人っぽくなったなぁ・・・」でしたwある意味一番本人を見てた時代というのはまさにデビューの瞬間であるブロッコリーのG.G.Fのオーディションだったり、その後のGAだったりする訳で、その後はクレジットで名前を見る度にがんばってるなと思っていたくらいなので、そりゃあ思う訳ですw
 「one off」直訳すると1人[1回, 現品]限りの(もの)という意味ですが、「今の私にしかできない事」的なコンセプトの作品らしいです。そういう意味では「たまゆら」とコンセプト的には同じなのかなと感じました。ただ、既に父の思い出を乗り越え、カメラを持ってスタートするたまゆらに対し、自分では何もできないと殻を作っている所から上がっていく「わんおふ」といった感じでしょうか?
 キャラを演じるうえで監督からの指示は殆どなかったらしく、卑屈にならないように気お付けてという助言があったくらいだったそうです。あとは佐藤監督作品では後藤沙緒里は初らしく、今回もオーディションだったそうです。
 キャラの名前についてシンシア・B・ロジャースはバイクのCBRから付けたというエピソードが飛び出したのですが、春乃たちの名前の由来にまで発展せず、これもバイクなの?と考えても「?」が並ぶばかりです。苗字は地名かな?という気はするのですが。
 後藤沙緒里の原付に乗る!発言に儀武ゆう子が猛反対というシーンもwとにかく都内は止めておけと。それは私も賛成ですw。私も車の免許に付いて入るけど、乗れる自信はありませんね。儀武さんは原付免許を持っているらしく、芝居的に原付の事で分からない言葉あれば聴いてと猛アピールしてました。
 途中小林ゆうのビデオレターがありましたが、あいかわらず意味不明ですw

 などなど色々な話を聞けましたが、とりあえず今の私的には1、2話を見た直後ではありますが、期待は既に3、4話へ。楽しみに待つしかなさそうです。

|

« 真田まつり(ゆきたん)&別所線(北条まどか) | トップページ | R&R »

アニメ」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521178/55370236

この記事へのトラックバック一覧です: わんおふ -one off- 先行上映会:

« 真田まつり(ゆきたん)&別所線(北条まどか) | トップページ | R&R »